熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

久しぶりにクッキング

2017-06-18 01:40:10 | 海外自転車旅
今回の自転車旅では、簡単な調理をしようとフライパンを持参していますが、スーパーで売られている肉・魚類は最低350~400グラム。
一度で食べきれる量ではなく、最近フライパンの出番がなかったのですが、今のキャンプ場には冷蔵庫があって食材の保管が可能。
ということで、今日は近くのスーパーでポーク(ワンパック400g)とミックスベジタブル(こちらは300g)を購入。

夕食は、ポークステーキと野菜炒めに手製サンドイッチ。


炒めるだけとはいえ、自分で作った食事は美味しいものです。

ところで今日はプラハ滞在4日目。
出発を明後日に控え、未だ訪れていない観光スポットへ。

まずは、プラハ城近くの「ロレッタ教会」約400年前に創建された古いカトリック教会


中庭にある聖母マリアの家「サンタ・カーサ」
聖なる家という意味らしいですが、中には銀の祭壇などが収められています。




財宝室で一番の見物は、6,222個のダイヤモンドをちりばめた「聖体顕示台」という、宗教儀式用具。


続いて「ストラホフ修道院」へ。
図書室の天井画など見所があるようですが、建物を外から眺めるだけに。そろそろ見学も疲れてきました。


修道院に付属しているビアホール。
修道院にビールとは意外ですが、昔は水より安全ということでビール醸造が行われていたそうで、提供されるビールは修道院オリジナル。


この後はアールヌーヴォ―の代表画家ムハの美術館で作品鑑賞。
余りに展示作品が少なくがっかり。入館料が円換算750円と安いのもうなづけます。


先日イベント会場の撤去作業中で広場全体を見渡せなかった旧市街広場へ。
ところが、今日も音楽イベントが開催されていました。
素晴らしい光景を一目見ようとやって来た観光客にとっては迷惑ですが、広場は市民のもの、致し方ありません。


イベント会場周辺では、マシンガンを構えた警察官の姿。
チェコでテロは無縁のように思っていましたが、EUのメンバー国ということで警戒は怠れないのでしょう。


マリオネットを売る土産物店


ということで、プラハの主要観光スポットはほぼ周り終え、明日は出発準備です。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アライテント・エアライズ1... | トップ | プラハ出発を1日早めターボルへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。