熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

自転車旅~フロントの積載スペースを拡張

2017-05-16 10:34:03 | 海外自転車旅
フロントのサイドバッグ2個を使わないとなると後輪に70%以上の加重が掛り、ぺダリングにも影響しそうなバランスの悪さ。
かといってハンドルバーに取り付けているモンベルのツーリングバッグは元々積載重量が2キロしかないうえに、カメラやガイドブック、帽子など頻繁に出し入れする物のためのスペース。

こうなると、フロントキャリアに積載する荷物を増やす以外方法はありませんが、今のスペース(面積)では狭くて限界。


そこで、キャリアの上にアルミプレートを置いてスペースを拡張することに。
使わなくなったツーリング用の組立てテーブルの天板2枚をカットして使用。雨具程度しか積めなかったTIOGRA製フロントキャリアの面積は約2倍に拡大。コメントを頂き、安全上4隅をカット。


バッテリーや工具類など嵩は小さくとも重い物を中心に10リッターのドライバッグに詰め、フロントキャリアに固定。


ツーリングバッグを支える効果もアップして2キロ以上積めそうです。


タイヤ荷重の測定結果は、前輪11キロ、後輪19キロ。以前は前輪8キロ、後輪22キロだったので3キロほど前に移動、目標としていた4キロには及ばないものの、バランスは大分改善されました。


ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自転車旅~荷物を積んでバラ... | トップ | ヨーロッパ旅行に持参したい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (DIY)
2017-05-17 08:46:25
こんにちわ

結構改善しましたね
その方法しかないとは思いますが、輪行する時はそのままでできるのでしょうか?
プレートを外すのでしょうか?
プレートの4隅は丸くカットした方が良さそうですね。
ご指摘ありがとうございます (mountriver01)
2017-05-17 09:25:57
輪行の際、リアの荷物だけ外せば何とか積み込める重さなので、フロントの荷物は積んだままを想定しています。ただ、車両によっては、壁のフックに前輪リムを引っ掛ける場合があり、その際はフロントも外さないと持ち上がらないかも知れません。
プレートの4隅確かに丸くしておいた方が良いですね。ご指摘ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。