熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

海外自転車旅の携行品~自転車メンテ・補修関連

2017-04-23 14:51:26 | 海外自転車旅
ヨーロッパ自転車旅出発を1ヶ月後に控え、そろそろ持ち物の準備を開始。
まずは、一昨年の経験を踏まえ、自転車のメンテナンス・補修関連で持っていくべき物をピックアップ。



右から、チェーンオイル、空気入れ、予備チューブ(1本)、パンク修理キット、ワイヤーキャップ、ブレーキシュー(2セット)、ドライバー(+-)、チェーンカッター、チェーン予備リンク(3個)、コネクティングピン(6個)、ペンチ、六角レンチセット、ペダル用レンチ、粘着テープ、針金、作業手袋、チェーンロック、ワイヤーロック、
写真には写っていませんが、他にブレーキワイヤとシフトワイヤをそれぞれ1組ずつ。

総重量約1.6キロ、一つ一つ軽くてもまとまると結構な重さになってしまいます。
チェーンカッターや予備のシフトケーブルなど前回使わなかった物も大分含まれますが、保険だと思って今回も持参します。

因みに、前回は後輪が2回パンクしたことから、前後ともタイヤを700x32Cから700x35Cに交換、チューブはパンクに強いと宣伝しているパナレーサー・肉厚スーパーチューブ700x35~40Cに交換したことでもあり、前回は予備チューブを2本携行しましたが、今回はチューブが重くなったことでもあり1本だけ。

今回訪れる国は、ドイツ、チェコ、オーストリアなど先進国のみ。ある程度の規模の町に行けば、サイクルショップやホームセンターがあって部品も手に入れ易いので、これだけ準備しておけば、まず大丈夫でしょう。
現に前回は旅の途中、フランスでチューブを購入しました。


ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目の定期検査で視野欠損が見... | トップ | 海外自転車旅の携行品~キャ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (DIY)
2017-04-26 07:30:39
こんにちわ
以前一度コメさせてもらったDIYと言います。
写真にないだけで、別の生活緊急補修用に持たれているかもしれませんが、タイラップの長さ違いを2-3種持っていると結構使えますね。私は登山用の緊急用にも持参しています。
Unknown (mountriver01)
2017-04-26 16:32:23
確かにタイラップは、丈夫で使い勝手がいいですね。
前回は持参しましたが出番が無かったこともあり、今回は針金だけにしましたが、ご指摘をいただき、持参することにしました。
かさばる物でもありませんし、あの便利さは他に代え難いものがありますしね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。