Mt. Rainer's Cafe

我が家の食卓と日々の出来事を綴ります♪

我が家にカルガモの親子が(@_@;)

2017-06-19 19:21:30 | 徒然日記
朝九時ごろのお話ですっ

妹とお茶を飲んでおりました

何だか外が騒がしいねぇと言ってたのですが

お隣の奥さんが木の枝を切っていたのでその音かと思っておりました

妹が見に行って「あんたどうしたの!」と大声で言っているので

何かと思い私も外へ。。。。

なんとカルガモの親が玄関の外でこっちに向かって泣き叫んでいるのです!

そしてお隣の奥様がそこに子供がいるのよと

指さす方向には子供が九羽おりました

そのうち何人か奥さんたちが集まって来て

何とかしなければとあれやこれや持ち出し捕獲しようとしたんですが

なかなか捕まらず

兎に角警察か市役所に相談しようということになりました

そのうちカルガモの親子が親を先頭に一列になって歩き始めたんですが

何処へ行くのか車の激しい国道を歩き始めました

これは危ない大変だと思っていた時マンションの僅かな草むらに逃げ込みました

わたしは役所に助けを求めて電話をしましたが環境課とかに回されて

野鳥は保護できないと断られました。

その旨他の奥さんたちに知らせると仕方がないと助けるのを辞めました

そのうち親が飛び立ってしまいました。

子供たちはどうなったか電話をかけている間にみえなくなってしまいましたが

草むらにまだいるということでしたが姿がみえませんでした

しばらくたって国道を一羽の子供が渡っていくのが見えましたが水辺なんてない方向です

一体何処からやってきたのでしょうか。。。。

しばらくたって警察に一応電話をしてみたら

事故ですかなんて言われて。。。

いえカルガモのことなんですがというとカルガモ?と聞き返されました

でも事情を話すと助けてくれるということでした。

今度現れたら知らせて下さいと言ってくれました

最初に市役所でなく警察に電話をすればよかったです

市役所の人の対応は少々杜撰です

それにしても

世の中いつどんなことが起こるか解りませんね

全く予期せぬ可笑しな出来事でした

こんな水辺のない市街地にカルガモの親子が訪ねて来るとは。。。



平成19年の薬師池です





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の香りも懐かしく。。。 | トップ | 七月(文月)です。。。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む