吃飯了没有?

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

藍色夏恋

2012-06-30 21:22:49 | 音楽・映画 芸能情報
久しぶりの投稿です。今日はまたグイ・ルンメイさんが出ている映画の紹介です。


↑映画のタイトルは「藍色夏恋」。でもこの映画、台湾では「藍色大門」という名前でした。グイ・ルンメイさんとチェン・ボーリンのデビュー作となっていて、この映画もTSUTAYAで借りることが出来ました。TSUTAYAさまさまです。

思春期の3人の男女の初恋をめぐる淡く切ない恋愛模様をノスタルジックに綴った青春ラブ・ストーリーです。ある秘密を抱えた女子高生が、親友が恋した同級生に告白され、戸惑い揺れ動くさまを瑞々しく繊細に描かれています。

グイ・ルンメイさん、若いですね~!まだちょっと角が立っている感じが良いです。「ある秘密」を持った女子高生役を見事に演じています。カンヌ国際映画祭をはじめ、数々の国際映画祭で「新しい青春映画の傑作の誕生」として絶賛されたそうです。

カンヌでの舞台挨拶やインタビューなどの様子がDVDに収められていましたが、グイ・ルンメイさんはこのときにフランスに興味を持ったのかもしれませんね。大学では仏文を専攻されたようです。その後留学もされたようですし・・・。

グイ・ルンメイ、チェン・ボーリンともども、台北西門でスカウトされたそうです。そのときスカウトされた学生達が合宿で鍛え上げられて、その中から今回の映画の主役が選ばれたとか・・・。DVDで本人が話していましたが、グイ・ルンメイさんはこのときは芸能界に入ろうとは夢にも思っていなかったそうです。運命とはわからないものですね。

映画を見て、自分の古き良き学生時代のある学友への恋心を思い出してしまいました。誰もが経験する懐かしい香りのする映画ですので、是非ご覧いただければと思います。。。


映画「藍色夏恋」の紹介はこれで終了ですが・・・
そうそう、台北旅行シリーズで珈琲時光というカフェを紹介しましたが、このカフェの名前の由来となった同名の映画、7/20からTSUTAYAで貸し出しを始めるとの情報が載せられていました。期待大です。すぐ借りれるよう店員さんに根回ししておこうと思っています(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃園国際空港にて③

2012-06-24 16:41:46 | 中国華南地区以外の旅行情報
台湾旅行シリーズも今日で終わりです。4/30から始めたこのシリーズ。長い間お付き合いいただき有難うございました。毎日150人ほどの方に訪問いただいたようで感謝しています。

ここのブログは閉じずに引き続き中華圏の映画や芸能情報をアップしていきます。また冬に深セン再上陸を考えていますので、たまにここに立ち寄っていただければと思います。逆に、是非とも色々新しい情報をいただければ嬉しいです。


↑待合室で飛行機を待っていたら、日本からやってきたJAL機が到着しました!外は雨、日本に戻らなくてはいけない状況と合わさって、ちょっと感傷的になってしまいます。


↑そんな気持ちを慰めてくれたのは、やっぱり音楽です!写真はHebeこと田馥甄さんの「my love」です。この新しいアルバム、台北旅行前に存在を知っていて、台北市内のCDショップで探したのですが何故か見つからず、空港内にあった本&CDショップに置いてありました!もう既にほとんどのお金を日本円に換金してしまっていましたが、残っていた台湾元で丁度買える値段でした!

田馥甄さんのアルバム、やっぱり素敵でした!彼女はバラッド系の曲が好きなんですね。夜中や車の中でローテーションさせて聞いていますが、今の彼女の心の内を歌ったものが多く、歌の世界に引き込まれていきます。最後の曲「妳」はセリーナに送られた切ないバラッドで、歌詞・曲調が甘い切ない声にマッチしていて素敵な歌です。


↑音楽も良いけど、やっぱり食べ物!台湾で買ったドライマンゴーですが、やっぱり美味しかったです。日本でも買えますが・・・。そうそう、昨日行ったスーパーに台湾産のアップルマンゴーが1個600円くらいで売られていました!何でこんな高価になってしまのか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃園国際空港にて②

2012-06-23 20:53:24 | 中国華南地区以外の旅行情報
端午節快楽!中国では皆さん粽を食べていることでしょう。今日仕事帰りに中華料理店へ行きましたが、さすがに粽子は売ってませんでした。あの不味い粽が懐かしいです。


↑桃園空港待合室にはこんな展示も・・・。


↑何かと思って近寄ってみると、映画「賽克巴萊 Seediq Bale」の宣伝でした。この映画、あの田中千絵さんも出演されていますが、台湾の金馬奨を受賞したようですね。


↑中山の三越でこの映画も買いました!が、前編後編があって長大作なのでまだ見ていません。後で聞いて知ったのですが、この映画は、1930年に台湾の先住民族セデック族が日本の統治に抵抗した「霧社事件」を描いた作品とのこと。

ビビアンスーも出演されていて、日本人化された先住民族・高山初子(台湾名はオビン・タダオ)の役で日本側と先住民族側との間の板挟みとなる役柄だとか・・・。

あるサイトには、「前後篇2時間ずつなのですが、前篇は、先住民族が霧社(村)各地の駐在所や学校で日本人を殺戮する場面がかなりを占める。先住民族が大きなナタで日本人のナマ首を飛ばすシーンも多く出てきます」と書かれていました。見るべきか見ざるべきか・・・。

この影響なのか、最近ビアンスーのブログか何かが荒らされてしまい、閉じることになったようです。台湾をもっと知るためにはやはり見るべきなんでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃園国際空港にて①

2012-06-22 22:34:18 | 中国華南地区以外の旅行情報
楽しい台北旅行はあっという間に最終日(5/4)となり、午前便の飛行機に乗るため朝かなり早い時間に出発しなくてはいけないことになりました。前日にホテルフロントの女性スタッフにどうやって空港まで行ったら良いか相談したら、朝早いのでタクシーで行きなさいと。その言葉に従って、ホテルの送迎サービスのタクシーを予約しました。

一方、ホテルのレストランは朝7時から。朝食が食べられないことも告げると「サンドイッチを準備してあげます」と嬉しい答えが。でも朝早いので要りませんと答えて、部屋に戻ろうとエレベータの前で待っていたときに、やっぱりサンドイッチを頼もうとフロントに足早に戻ったら、笑いながら「サンドイッチですか??」と。こういう愛嬌のある対応も本当に楽しかったです。

ここのフロントスタッフは色々訓練を受けているせいか、色々な質問や要求にフレンドリーに対応してくれて楽しかったです。出発当日は朝早いこともあり、フロントスタッフは皆知らない男性だったのがちょっと残念でした。

出発当日の朝は、予約してあったタクシーが待っていて、運転手さんが外に出て私の乗車を待っていて丁寧な応対でホッとしました。でも・・・、高速代を浮かせるために途中から一般道を使っていました(笑)。でも、田舎道を通ったのでこれがかえって楽しめましたね!


↑桃園国際空港に着くとすぐチェックインを済ませました。中に入ってカフェでお茶しようと思っていたのですが、雰囲気の良いカフェがなくちょっとガッカリ。でも、出発ウィングの中には観光客用の施設や装飾が施されていて時間を潰すことが出来ました。


↑こちらは烏来だったと思いますが、先住民の暮らしを再現したエリアも・・・。


↑また別の場所には台湾の自然を紹介したスポットも・・・。勉強になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総督府の夜景

2012-06-22 00:17:34 | 中国華南地区以外の旅行情報
今日は横浜出張でさきほど戻ってきましたのでアップが遅くなりました。

台北旅行シリーズ最後の夜はもう1か所、夜景を見に足を運んだ場所がありました。


↑臨江街観光夜市の観光を終えた後、元のバス停に戻る途中、近くに家具街なる通りが・・・。その一角に小さな公園があってそこから台北101の頭が見えました。


↑元のバス停前の交差点の真ん中で1枚。台北らしい夜景を目に焼き付けていざ次の目的地へ・・・。


↑バスに乗っていたらスコールで土砂降り状態になってしまいましたが、ここは南国。しばらく走っていると雨が止んできて台大医院バス停では雨はすっかり止んでいました。そこから二二八和平公園を抜けて5分ほど歩くとこれが見えてきました。


↑そう。台湾総督府です。ライトアップされた姿は本当に綺麗でもっと近くで綺麗な写真を撮りたいと思って大通りに出たら、警官に「道路に出るなーーー」とホイッスルを鳴らされてしまいました。その後から私はずっとその警官にとって怪しい要注意人物となってしまいました。


↑こんな夜、観光客は誰もいませんからね。しかもどんどん総督府に近づいてくるとなると注意せざるを得なかったのでしょう。この写真を撮ったときには、真横に寄ってきて私のカメラをチェックしていました。おどおどするとかえって怪しまれますので、中国語で日本から来た観光客であることを伝え、これだけ撮ったらすぐ帰りますと伝えると向こうも少し安心していました。

私の台北旅行最後の晩の夜景観賞ツアーはこれにて終了となりました。明日明後日で日本へ帰る日の様子を紹介して長々紹介してきた台北旅行シリーズは終了となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨江街観光夜市②

2012-06-20 21:58:35 | 中国華南地区以外の旅行情報
日中の相互意識を探る第8回日中共同世論調査の結果が公表されましたが、お互いの感情とも悪化しているようですね。領土問題が根深くあるとは思いますが、中国とビジネスで色々と関係を持つ人が増えてきて、相手の印象をよく思えない人が増えているのでしょう。日本人と中国人の物の見方は本当に異なっていますからね。

さて、今日も臨江街観光夜市の紹介です。


↑臨江街観光夜市の通りの近くには、こんな屋台街がたくさんあります。美味しそうな食べ物が色々並んでいるのを見るだけでも楽しいです。


↑臨江街観光夜市の通りの上にはネオン線が張られていて、怪しい雰囲気になっています。こういう怪しさが好きな私です。


↑醤油で煮込んだ肉が串に刺さって売られていましたが本当に美味しそうでした!


↑スナックやら甘味やら・・・、目移りしてしまいます。


↑ここにも臭豆腐が!!良い臭いです!


↑麺やら魯肉飯やら色々ありましたが、夕食はここで十分ですね~!私は前の店で食べ過ぎてお腹一杯でしたので、結局甘味を1個買って涼みました。毎日お祭りのようなこういう場所があるのは羨ましいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨江街観光夜市①

2012-06-19 21:04:15 | 中国華南地区以外の旅行情報
台北101から信義路幹線バスに乗って向かった先は、臨江街観光夜市でした!


↑降りたバス停は信義通化路口。信義路は道路の中央2車線がバス専用ラインになっていて、バスを降りると写真のような夜景が目に入ってきます。これぞ台北!という風景で好きですね。


↑信義通化路口近くの通化街の交差点を南に入ると商店街が・・・。


↑以前来たときは、この近くにホテルを取ったので夜な夜なこの街には足を運びましたね。以前来たときと比べて街が少し綺麗になっていました。この周辺には按摩店もたくさんあって、そのうちの1つで足按摩を受けてとても痛かったのを今でも覚えています。痛いので力を緩めてとお願いしても、おばちゃんが「ダメ!身体が悪い証拠だから我慢しなさいと・・・・。」


↑裏路地にはたくさんの屋台が・・・。麺類が豊富で美味しい上、本当に安上がりです。こういう屋台街が街の至る所にあるので本当にうらやましいです。日本の場合、屋台風の店はありますが値段が非常に高いですから。


↑バス停から10分ほど歩くと着きました!臨江街観光夜市です。中の様子はまた明日!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信義新都心の夜景⑤

2012-06-18 21:51:59 | 中国華南地区以外の旅行情報

↑今日も台北101三昧。ちょっとしつこいですが、台湾旅行シリーズの写真も残りわずかですので、ご容赦を!






↑台北101前のニューヨークニューヨークは夜らしい雰囲気となって人も集まってきました!夜光虫の私も引き寄せられて・・・


↑だんだん緑のライトも綺麗に見えるようになってきました。


↑台北101真下のネオンを堪能した後、色々なドラマに出てくるように、台北人の心のランドマークとなっている台北101の夜景を離れた位置で見ようと、バスで信義路を中正紀念堂方面へ向かうことにしました。実を言うと、この夜はあと2か所足を運ぼうと考えていました。その様子はまた明日以降!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信義新都心の夜景④

2012-06-17 16:59:54 | 中国華南地区以外の旅行情報

↑夕食を食べ終えた頃には日はほとんど暮れていました。いよいよ長い夜の始まりです!


↑てっぺん付近に字幕が・・・。ルイヴィトンの宣伝ですね!


↑少し遠くから。


↑ちょっと雲行きが怪しくなってきましたが、こういう南国の夜空は台湾らしくて好きです。


↑椰子の葉もまた雰囲気を出してくれます。ところで・・・、色々なアングルから台北101を撮ってみましたが、何か曲がって見えるときがありますね。写真のマジックでしょうか?


↑台北101のネオンもだんだん鮮やかに見えるようになってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信義新都心の夜景③

2012-06-16 19:54:58 | 中国華南地区以外の旅行情報

↑さて、夕食を食べにいつもの台北101フードコートへ!!


↑台北101入り口には台北101の真似て、ルイヴィトンの旅行鞄で作った塔の写真が・・・。


↑この日向かったのは興葉阿仔煎なるお店に!(左の字ですが、本当は阿ではなく虫偏に可が正解です。)この店、前来たときも人気があって一度食べてみたい料理があったのです。


↑その料理は店の名前にもなっている台湾料理、阿仔煎です。牡蠣のオムレツなんです。それと一緒にセットとなったビーフンと魚丸!そして青菜!何と贅沢な・・・。


↑小ぶりな牡蠣とレタスが入っていて食感、味ともなかなかでした!完全に満腹となって大満足でした!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加