のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

何でだろう何でだろう何が何でだろう一世を風靡したテツandトモが降臨…

2017-07-12 20:16:36 | 日記
芸人のことば

コンビを組んで20年元気に
やってます テツandトモ



🐨 「なんでだろ~」は一世を風靡した流行語でした。
😺 2003年新語流行語大賞に選ばれましたよ。
  日本中で「なんでだろ~」が歌われました。
  リズムがいいんですね。
🐨 TBSラジオ「伊集院光とラジオと」に
  「テツandトモ」がお客様で出演しました。
😺 懐かしいですね。
🐨 車の給油でシェルのスタンドに入ると
  画面に出て来るので、
  忘れられた芸人という感覚はないんです。
  今はタイアの空気圧点検についてPRしています。
😺 普段どこかで見かけていると、
  今あのタレントは、
  という感覚はないですね。




🐨 コンビを組んで20周年を記念して
  CDを出すそうです。
  ショッピングセンターでのイベント、
  ホールでのショーもあるようです。
😺 お決まりのキャンペーンですね。
🐨 新しくCDを出すとレコード会社が
  営業に出すんですよ。
  マスコミ、ショッピングモールのイベントコーナー、
  レコード店店頭など、
  お決まりのコースを巡り歩くんです。
😺 テツandトモは地方営業が抜群らしいですね。
🐨 地方営業を大切にしているんですか。
😺 企業のイベント、自治体の行事などあって、
  地元の人たちに受けるように
  「なすてだべ~、なすてだべ~」と方言で歌ったり、
  企業の内輪ネタを仕入れたり工夫しているんです。
  その成果が出ているんでしょう。
🐨 「何でだろう~」のもともとは
  春日三球の地下鉄の電車はどうやって
  地下に入れるんでしょうか?
  考えてると眠れなくなっちゃうんですね。
😺 当初はホントに分からない人が多かったから、
  共感する部分もあったんでしょうか。
  そのうち地下へどうやって入れるか紹介する
  番組が出て来て、
  それが分かっても三球さんの漫才は
  おもしろかったですね。
🐨 あのとぼけた話芸の力ですね。
😺 テツandトモはギターでリズムがあり、
  パフォーマンスがあるからあきないですよ。
🐨 談志師匠とのエピソードも有名ですよね。
😺 第2回M-1グランプリ(2002年度)に決勝進出。
  審査員の故立川談志は
  「お前らはここに出てくる奴じゃないよ。
  もういいよ。俺ほめてんだぜ。分かってるよな?」
  と言って70点を入れたんです。
  そのため6位に終わった。
  楽屋に御礼に行ったら「分かったんだな」と言われ、
  怖いから「はい」と返事してしまったので、
  師匠の真意はつかめないままになってしまったんです。
🐨 でも師匠は漫才コンテストには向かないけど、
  芸を気に入っていたんでしょう。




😺 その後舞台に呼んでくれたり、
  お酒に誘われたりがあったんです。
🐨 そうですか。
😺 お酒を飲みに行ったとき、
   騒がしい客がいるので
  師匠が芸をやって来いというので、
  しぶしぶギターを弾いて何でだろう~を
  やったところ客に怒られることはなく
  ほっとして席に戻ると、
  師匠が今度は俺が行って来ると言って、
  騒いでいる客の前で小咄をやったら
  大うけで笑いの渦になったそうです。
🐨 師匠らしい話ですね。
😺 いろいろな芸人が談志師匠と関わり
  影響を受けていますが、
  テツandトモも芸を磨いたんですね。
🐨 地方創生の時代です。
  東京のテレビ局に出続けは難しいけど、
  地方で活躍することができれば
  地方創生に役立つことになります。
😺 芸人はしっかりした芸があれば
  どこででも活躍できますね。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回転寿司店の予約システムと... | トップ | よろずやの地位をめぐってド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。