のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

彼(あべ)の鼻は雲をつきやぶっている。NOSON PARA OBLAKE セルビアのことわざ…

2017-07-06 20:01:43 | 日記
  世界のことわざ

彼の鼻は雲をつきやぶって
いる。

  


🐨 世界のことわざにはおもしろいものがありますね。
😺 日本のことわざでもおもしろいのに、
   世界ならなおさらでしょう。
🐨 森友学園問題の国会答弁で、
   ピノキオ顔負けの
   木で鼻を括る答弁をして世界中に顔を売った、
   財務省の佐川宣寿理財局長が国税庁長官に
   大栄転しました。
   安倍総理が都議選惨敗の反省をしておいて、
   森友学園問題をピノキオの鼻で覆い隠した
   佐川局長に過分なご褒美を授けたわけです。
   忠勤に励めばおいしいごちそうにありつけるよ
   と公言しているようなものですね。




😺 一方の内閣府の藤原豊審議官は戦犯だから
   経産省に戻るだけ。
   その後は左遷が待ってるかも知れません。
   「総理のご意向」の張本人の一人ですから、
   政府から見れば戦犯でしょう。





🐨 安倍総理は反省の言葉の舌の根も乾かないうちの
   仕掛けです。
   菅官房長官は総理の秋葉原演説
   「こんな人たちに負けるわけにはいきません」は
   「まったく問題ありません」と例の切り口上が
   復活しました。
😺 ほんとに懲りない人達です。
   対抗する野党がないからですね。
🐨 その野党の民進党の蓮舫代表は続投を宣言しました。
😺 なんとも緊迫感がないですね。
🐨 セルビアのことわざ
  「NOSON PARA OBLAKE」
  (『誰も知らない世界のことわざ』(創元社))は
   今の安倍総理をそのまま表しています。
   「彼の鼻は雲をつきやぶっている」
   ですね。
   安倍総理は全能の権力者と勘違いしている節が
   あります。
   反省なんかちゃんちゃらおかしいのでしょう。
   経済政策に力を入れるといえば国民が騙される、
   国会閉会中審査でお茶を濁しておけば
   国民がニワトリみたいにすぐ忘れると高を括っている
   のではありませんか。
😺 まったく、安倍総理を天狗の模したのはぴったりですね。
   傲慢不遜な性格はなおりませんね。
🐨 「彼の鼻は雲をつきやぶっている」のを
   国民は胸にしっかりと刻み付けておかなければ。




😺 切り口上の菅官房長官がまさに
   安倍天狗の分身ぶりを発揮していますね。


『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画数の多い漢字はよく話題に... | トップ | ヒアリ大阪・兵庫から東京へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。