のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

カエルが鳴きザリガニ・タニシが、鴨が遊びに来る田んぼは生き生きとして…

2017-06-28 20:25:21 | 日記
季節のことば

田んぼの生き物6月末




🐨 遅いところでも6月には上旬には
   田植えが終わりました。
😺 田植えの時期はところにより
  ずいぶん違いますね。
🐨 品種が違うんでしょう。
  埼玉県川島町の田んぼは用水路も含めて
  きれいなところが多いです。
  川越市の田んぼはいろいろです。
  入間川から水を引いているところでは、
  用水路の水があふれそうに流れています。
  そこから引いた小さな用水路には
  ザリガニの子どもがうじゃうじゃというほどいます。






😺 秋から冬は水が無いのに。
🐨 不思議でしょ。
   調べてみると、カエルだけじゃなく、
   ザリガニやタニシも泥の中にもぐって
   冬眠しているんだってことです。
   田んぼの泥の中は水分が抜けないらしいですね。
😺 みんな泥の中に隠れているんですね。
🐨 去年はカエルを捕まえている
   薄い茶色のヘビを見ましたが、
   蛇の土にもぐって冬眠しているのかもしれません。
😺 用水路では子どもがザリガニ取りをしていますね。
🐨 網ですくったり、
   スルメを糸に着けて釣ったりしています
   田んぼの中におおきなザリガニを見つけました。
   冬眠していたんでしょう。
   そういうのが卵を産んでそれがかえっていま、
   うじゃうじゃいるんですね。
😺 カエルの鳴き声がしますが、
   オタマジャクシはあまり見ませんけど。




🐨 大きなオタマジャクシを見つけました。
   近づくと泥煙を立てて逃げちゃうので、
   見つけるのは難しいです。
😺 タニシももぐっているんですかね。
   秋冬春は死んでいるようですけど。




🐨 タニシはどうなんでしょう。
   今は元気に動いています。
   アマガエルが用水路の脇にいました。
   近づいても逃げません。




😺 アマガエルのようでアマガエルではなかったりして。
🐨 似ているのがいるから。
   関東ダルマガエルの子どもが用水路に
   姿を現すのも間近です。
😺 カエルを見つけるのも結構大変なんですよ。
🐨 カモも田んぼに遊びに来ています。





😺 北へ帰らなかった残留組ですね。
🐨 田んぼで雑草を食べているんでしょうか。
😺 カルガモ農法というのがありますから。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不審者を見つけたら、どんな... | トップ | 紙はなぜ糸へんなのだろう、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。