のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

ノーベル平和賞の劉暁波さんが亡くなった。私には敵はいないし、恨みもない非暴力…

2017-07-15 20:39:31 | 日記
世界のことば

私には敵はいないし、
恨みもない



🐨 中国の民主化運動の象徴的な存在で、
   服役中にノーベル平和賞を受賞した、
   劉暁波(リウシアポ―)さんが遼寧省の瀋陽にある
   中国医科大学病院で、13日亡くなりました。
   61歳でした。
😺 刑務所で末期の肝臓がんを放置して
   余命1週間くらいと読んで病院に
   移送したんでしょうか。
🐨 刑務所の中で死ぬのが中国共産党としては
   一番困るらしいですね。
   人道なんて考えがない国で変な理屈に思えますが。
   「ドイツのハンブルグでG20が行われました。
   ドイツのメルケル首相は劉暁波さんをドイツに
   移送して治療をすると習近平主席に言いました。
   当然のごとく遠いからと断られました。
😺 万が一、万万が一、万万万が一
   容態が良くなったら困るからですね。
🐨 奥さんの劉霞さんは距離的にも日本で
   治療させたいと希望していたそうです。
😺 わが国の安倍総理は習近平主席に
   日本で治療させたいって言わなかったでしょうか。
🐨 日本の新聞でもこの話題は記事になりませんでした。
   中国ウオッチャーの福島香織さんが
   TBSラジオ「デイキャッチ」で話していました。
   なぜでしょう?という問いには
   言葉を濁していましたが。
😺 言いにくいことがあるのでしょう。
🐨 一路一帯に協力するなど、
   経済界のメッセンジャーの安倍総理は
   相手が嫌がる話題は出さないでしょうね。




😺 きんぴらちゃんとお友達になりたいいんでしょう。
   伊藤敦夫さんが言ってました。
   安倍総理は「ウラジミール」「ドナルド」と
   ファーストネームで、
   いかにも親しい間柄と国内ではしゃべっていると。
   相手は「しんぞう」なんてほとんど言わないのに。
   幼児性の表れではないかと。




🐨 劉暁波さんの名言です。
  「私には敵はいないし、恨みもない。
   私を監視する人も、取り調べる警察官も、
   起訴する検察官も、判決を言い渡す裁判官も、
   皆、私の敵ではない。
   私は彼らの仕事と人格を尊重する。
   恨みは個人の知恵や良識をむしばみ、
   社会の寛容性や人間性を壊し、
   1つの国家が自由で民主的なものへと
   向かうことを阻むものだ。」
   ノーベル平和賞にふさわしいですね。
   で、安倍総理は習近平皇帝を
   「きんぴらちゃん」と呼んだらどうでしょう。
😺 赤い皇帝は怒るだろうな。
   遣隋使を思い出すね。
🐨 小国が大国に対して無礼だと。
   何しろ赤い皇帝、蕃椒皇帝。
   中国は国内では人権弾圧がひどい。
   日本人をスパイ容疑で次々に拘束して
   そのままですよ。
   国民を守ってほしい。
   国民が子なら総理は親ですよ。
   子を守らない親はいません。
   でも、国家に逆らう人は嫌いなのかも。
   人権問題には関心がないのかも。
   なにしろお友達だけだから。
😺 習近平皇帝に
   「劉暁波さんは日本で最高の医療で治療させます。
   ドイツのように遠くない。
   わずか数時間でつきますよ」
   と言えば、遠距離を理由にドイツの申し出を
   断ったのを封印できます。
🐨 G20で影の薄かった安倍総理の存在感が
   グンとまし、欧米はもちろん韓国からも
   評価されましたよ。
   習皇帝をへこませてやりたかったですよ。
😺 ウラジミールと仲良しだとアピールしても
   北方領土はまったく進展なし。
   お友達が好きな安倍総理が
   自己満足しているだけでしょうか。
🐨 まさに、森友、加計、稲田、外交みなお友達だけで、
   劉暁波さんの「私には敵はいない」
   をかみしめてほしい。
😺 劉暁波さんは中国のガンジーだ。
   暴力無き抵抗、ご冥福をお祈り申し上げます。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬と鹿ではありません!なん... | トップ | 冷房が効きすぎてハックショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。