のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

北風が吹く11月11日に公園で蜻蛉が名残惜しいかのように日に当たって…

2017-11-12 20:03:50 | 日記
社会のことば

寒くなっても日向ぼっこを
している蜻蛉さん




🐨 11日に武蔵丘陵森林公園に行って来ました。
😺 風が強くなかったですか。
🐨 木立の中の道なので風は気になりませんでした。







😺 紅葉はどうでした。
🐨 針葉樹が多いせいか、
   紅葉している木もありますが、
   それほど印象には残りません。
   今回感激したのは、蜻蛉です。
😺 まだトンボがいるんですか。
🐨 1週間前に赤トンボを見ましたが、
   もう見かけませんね。
   公園のトンボ池の近くのベンチで
   おにぎりをほうばっていたら、
   隣のベンチに蜻蛉が止まりました。




😺 人のそばにですか。
🐨 カメラを向けても逃げません。
   近づいてみたら、
   飛び上がりましたが、
   近くにすぐとまりました。
   これを何回か繰り返し、
   ベンチのはじまでいきました。
   10分か15分止まっていましたが、
   トンボ池の方へ飛んで行きました。







😺 自分の家に帰ったんですね。
🐨 なんか、今年最後のお別れに来たような感じでした。
😺 名残の日向ぼっこですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加