ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

James Taylor and J.D. Souther - Her Town Too(1981年の洋楽 Part11)

2017-05-15 22:43:36 | '81年洋楽
1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart11はJames Taylor and J.D. Southerの"Her Town Too"。邦題は「憶い出の町」。
最高位は5月2日と9日の11位。最高位は11位ですが、すぐに下がってしまい年間チャートは圏外でした。

この曲はJames Taylorのアルバム「Dad Loves His Works」に収録されていた曲で、James TaylorとJ.D. Southerの共作になります。
プロデューサーはもちろんピーター・アッシャー、歌手としてピーター&ゴードンとしても有名ですが、James Taylor、リンダ・ロンシュタッドなどウエストコースト歌手を中心とした名プロデューサーとしてもっと有名ですね。

James TaylorとJ.D. Souther、二人はもちろん声質は違いますが、穏やかで優しい声をしていて、この曲、優しい歌の中に切なさが感じれられる名曲です。
James Taylorはこの曲のヒットの翌年に奥様のカーリー・サイモンと別れていますが、切なく感じるのはそのせいでしょうか。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1981年5月9日付 ビルボード ... | トップ | 1981年5月16日付 ビルボード ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (めった)
2017-05-16 23:10:37
このビッグアーティストのデュエットヒッツがトップ10に入らないなんて!当時のトップ10を見ても、この曲が入らないなんて!ぼやくばかりですね(^_^;)
Top10入りならず (星船)
2017-05-17 23:14:30
めったさんこんばんは。
そうなんですよねぇ~素晴らしい曲なのにTop10入りを逃してしまいました。残念でした。しかも、最高位11位を記録しながら年間チャートの100位以内も逃しています。記事にも書きましたが、ちょっと切ないところがビックアーチストなのに一般受けしなかった理由でしょうか。良い曲だったのですけどもわからないものです。
星船さんへ (ミュウ)
2017-05-20 04:52:09
豪華なデュエットですね。そういえば、カーリーサイモンと別れちゃったんでしたね。芸能人の結婚生活って続かないものです。

確かにちょっと、せつないかも。
豪華デュエット (星船)
2017-05-21 22:28:58
ミュウさんこんばんは。
ウエストコーストの大物2人の豪華デュエットですね。
豪華デュエットで曲も良いと思いますが、イマイチヒットしなかったのはちょっと曲調が暗かったからなのでしょうか。私はこの曲大好きなのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL