ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

Tom Petty And The Heartbreakers - The Waiting(1981年の洋楽 Part17)

2017-07-06 20:51:48 | '81年洋楽
1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart17はTom Petty And The Heartbreakersの"The Waiting"。邦題は「孤独な世代」。
最高位は6月13日と20日の19位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

Tom Petty & The Heartbreakers、アメリカフロリダ出身のギタリストでシンガーソングライターのトム・ペティを中心に結成されたアメリカンロックグループです。
この1981年時点ではこの曲でまだ4曲目のヒットで大ヒットはありませんでしたが、その後長くヒットアルバムを出し続け、アメリカンロックを代表する偉大なグループとなります。
"The Waiting"ですが、彼ら4枚目のアルバム「ハード・プロミス」の冒頭の曲で、トム・ペティのギターが前面に出たロック色の強い曲になっています。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1981年6月27日付 ビルボード ... | トップ | 1981年7月4日付 ビルボード ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
前作の (ぴょんた)
2017-07-07 07:44:08
「ダム ザ トーピドーズ」もおすすめです。自分はそのアルバムから入りました。
The Waiting (hannah)
2017-07-07 22:28:35
Album"Hard Promises"は発売価格を巡ってレコード会社ともめたようですね。そのせいかジャケットにはTom Pettyが望んだ価格が表示されています。この曲、間奏がカッコイイ!
星船さんへ (ミュウ)
2017-07-08 01:34:44
なつかしいですね。
アメリカのロックスターでしたが、メロディ的には日本人向けではなかったような気がします。洋楽ファンにしかわからない独特の節回しだったと分析します。
ダム・ザ・トーピードウズ (星船)
2017-07-08 20:06:08
ぴょんたさんこんばんは。
「ダム・ザ・トーピードウズ」邦題は「破壊」でしたか。このアルバム良かったです、名盤でした、私もこのアルバムはよく聞きました。
A面1曲目の"Refugee"なんか最高な曲でした。
1ドル上乗せ (星船)
2017-07-08 20:18:01
hannahさんこんばんは。
ジャケットの価格表示のエピソード知りませんでした。なるほどスーパースターアルバム価格として1ドル上乗せなんてことがあったのですね。面白い情報ありがとうございました。
ギターかっこいいですよね。Tom Pettyは声に特徴があるって有名ですがギタリストとしても素晴らしい才能の持ち主だと思います。
特徴あるロックスター (星船)
2017-07-08 20:23:44
ミュウさんこんばんは。
トム・ペティですが、そういえばちょっと気だるい曲は日本でヒットするような感じではないかもしれませんね。独特なボーカルにギターも良いし、私は大好きです。
発売延期 (hannah)
2017-07-10 22:56:04
星船さん、こんばんわ。
このAlbum♪Hard Promises♪はレコード会社との価格をめぐるもめ事で、次作82年12月発表の♪Long After Dark♪は録音後の出来栄えが気に入らず、こぶしをたたきつけたケガにより発売まで時間がかかったようです。
独特のギターはStevie Nicksと共演の♪Stop Draggin' My Heart Around♪でも健在でしたね。(何回か後で紹介されるかもですが)
発売トラブル (星船)
2017-07-11 22:45:31
hannahさんこんばんは。
トムペティのアルバム発売に当たってのエピソードこちらも知りませんでした。ありがとうございます!
発売まで時間がかかったアルバム「Long After Dark」、"Change Of Heart"というシンプルなロックが好きでした。
Stevie Nicksと共演したシングル"Stop Draggin' My Heart Around"、もちろん時が来たら紹介させていただきます^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL