ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

1981年4月25日付 ビルボード 全米 Top40 ブロンディ Blondie - Rapture

2017-04-23 20:02:55 | 1981年ビルボードTop40
1981年4月25日付ビルボード All American Top40、3週目の1位の大ヒット、Hall & Oatesの"Kiss on My List"。Hall & Oates、1977年の大ヒット"Rich Girl"以来2曲目のNo.1です。

2位は3位からアップ、Sheena Eastonの"Morning Train (Nine to Five)"。Sheena Easton初めての全米Top3ヒットです。デビュー曲は"Modern Girl"でイギリスでは"Modern Girl"の方が先にヒットして全英No.1を記録していますが、アメリカではこの曲の方が先にヒットしました。
3位は8位からジャンプアップ、Smokey Robinsonの"Being With You"。Smokey Robinson、1979年に4位を記録した久しぶりの大ヒット曲"Crusin'"以来のTop5ヒットです。
4位は前週と変わらず、Grover Washington jr/Bill Withersの"Just the two of us"。Grover Washington jrはジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者ですが、レギュラーチャートでは初めてのTop40ヒット。ゲストボーカルのBill Withersは1972年に1位を記録した"Lean on Me"、2位を記録した"Use Me"以来のTop5ヒットです。
5位は6位からアップ、Juice Newtonの"Angel Of The Morning"。Juice Newton、デビューはだいぶ前ですが、この曲で初めてのTop40ヒットです。

この週2位からダウンして6位はBlondieの"Rapture"。3月28日と4月4日の2週間の1位を記録、年間チャートは15位の大ヒット、同じ1981年の年間17位が"The Tide Is High"、1980年の年間1位がもちろん"Call Me"と2年間で3曲の説く大ヒットを出し、人気の絶頂期です。

"Rapture"、この曲を聞いた時には驚きました。「この曲は何だ!」。さすが時代の先を行くブロンディです。
"Call Me"や"The Tide Is Highを出したグループと同じアーチストとは思えない、ラップ+ロックの全く新しい分野で1位を獲得、そしてこの曲、カッコいいの一言です。


今週 先週 song / artist
1 1 KISS ON MY LIST / DARYL HALL & JOHN OATES
2 3 MORNING TRAIN (NINE TO FIVE) / SHEENA EASTON
3 8 BEING WITH YOU / SMOKEY ROBINSON
4 4 JUST THE TWO OF US / Grover Washington jr/BILL WITHERS
5 6 ANGEL OF THE MORNING / JUICE NEWTON
6 2 RAPTURE / BLONDIE
7 7 WHILE YOU SEE A CHANCE / STEVE WINWOOD
8 5 WOMAN / JOHN LENNON
9 9 THE BEST OF TIMES / STYX
10 10 DON'T STAND SO CLOSE TO ME / POLICE
11 11 I CAN'T STAND IT / ERIC CLAPTON
12 13 HER TOWN TOO / J.D. SOUTHER & JAMES TAYLOR
13 16 SOMEBODY'S KNOCKIN' / TERRI GIBBS
14 12 KEEP ON LOVING YOU / REO SPEEDWAGON
15 14 CRYING / DON MCLEAN
16 18 LIVING INSIDE MYSELF / GINO VANNELLI
17 20 TAKE IT ON THE RUN / REO SPEEDWAGON
18 27 BETTE DAVIS EYES / KIM CARNES
19 24 TOO MUCH TIME ON MY HANDS / STYX
20 21 AIN'T EVEN DONE WITH THE NIGHT / JOHN COUGAR
21 22 JUST BETWEEN YOU AND ME / APRIL WINE
22 23 TIME OUT OF MIND / STEELY DAN
23 25 SWEETHEART / FRANKE & THE KNOCKOUTS
24 26 YOU BETTER YOU BET / WHO
25 33 WATCHING THE WHEELS / JOHN LENNON
26 29 HOW 'BOUT US / CHAMPAIGN
27 30 I LOVE YOU / CLIMAX BLUES BAND
28 28 IT'S A LOVE THING / WHISPERS
29 31 I MISSED AGAIN / PHIL COLLINS
30 32 SUKIYAKI / A TASTE OF HONEY
31 19 DON'T STOP THE MUSIC / YARBROUGH & PEOPLES
32 40 LOVE YOU LIKE I NEVER LOVED BEFORE / JOHN O'BANION
33 37 HOLD ON LOOSELY / 38 SPECIAL
34 35 THE PARTY'S OVER / JOURNEY
35 36 TURN ME LOOSE / LOVERBOY
36 42 WHAT ARE WE DOIN' IN LOVE / DOTTIE WEST
37 38 MISTER SANDMAN / EMMYLOU HARRIS
38 41 A WOMAN NEEDS LOVE / RAY PARKER JR. & RAYDIO
39 39 WASN'T THAT A PARTY / THE ROVERS
40 46 SAY YOU'LL BE MINE / CHRISTOPHER CROSS
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エミルー・ハリス Emmylou Ha... | トップ | 全米最新 Billboard Hot100 2... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
星船さんへ (ミュウ)
2017-04-23 20:27:19
ブロンディって変幻自在だったですよねー。
曲によって雰囲気を変えるというのは、作戦だったのでしょうけど、彼女の魅力があるからこそですね。
マドンナより色っぽい雰囲気ありますよね。
ブロンディ (星船)
2017-04-24 22:06:56
ミュウさんこんばんは。
いろんな新しい音楽性を吸収して新しい音楽を生み出すブロンディは素晴らしいロックグループでした。
デボラ・ハリーさん、ホント色っぽいですね。この"Rapture"の中でも、「イロッポ~イ」って歌っているように聞こえます??
Unknown (めった)
2017-04-25 06:56:29
全米で初めて一位になったrapの曲、ということのようですね。“rap”と“Rapture(歓喜)”をかけている斗のこと。この妖しさも時代の音でしたね。
ラップ (星船)
2017-04-25 20:47:01
ラップという音楽はこの曲で初めて存在を知ったんだと思います。
この曲の後、沢山のラップがヒットチャートを上がってくるようになりましたが、数あるラップの中でも初めに聞いたこの"Rapture"が一番好きかもしれないです。
スバル (ノッチmrng)
2017-04-30 11:49:56
火星から来た男が食べた車にスバルが含まれているんですよね(笑)キャデラック、リンカーン、マーキュリーの次に。日本のメーカーが歌詞に出てくる№1ヒットって何曲かあるんでしょうか?
ラプチャー (星船)
2017-05-02 21:11:43
ノッチmrngさんこんばんは。
この曲に「すばる」が出ているとは知りませんでした(-_-;)
「Mercurys and Subarus」、ラップだけあって歌詞はなかなか難しいですね。
日本のメーカーが歌詞に出てくる曲でNo.1ヒットってほかにあるのでしょうか?どなたか知っている人いませんかね?

コメントを投稿

1981年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL