ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。

1980年10月11日付 ビルボード 全米 Top40 エアー・サプライ Air Supply - All Out Of Love

2016-10-15 22:41:28 | 1980年ビルボードTop40チャート
1980年10月11日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はQueenの"Another One Bites The Dust"。Queen、"Crazy Little Thing Called Love"に続く2曲目のNo.1です。

2位は7位からジャンプアップ、Barbra Streisandの"Woman in Love"。Barbra Streisand、1位となったDonna Summerとのコラボ曲"No More Tears"以来のTop3ヒットとなりました。
前週と変わらずの3位はDiana Rossの"Upside Down"。4週間1位の大ヒットです。Diana Ross、1976年の"Love Hangover"以来のNo.1です。
4位は4週間の2位からダウン、Air Supplyの"All Out Of Love"。Air Supply、3位を記録したデビューシングル"Lost In Love"に続くTop3ヒットです。
5位は前週と変わらず、Eddie Rabbittの"Drivin' My Life Away"。Eddie Rabbitt、カントリーでは大ヒットをたくさん持っていますが、レギュラーチャートでは初めてのTop5ヒットです。

この週4週間連続した2位からダウンしてしまいましたAir Supplyの"All Out Of Love"。
この時期のヒットは年間チャートの算定で年度途中になってしまいこの曲も55位にとどまってしまいましたが、Hot100には27週、Top40にも17週エントリーするロングセラーで算定で不利にならなかったらたぶん年間Top5級の大ヒットでした。

Air Supplyですが、珍しくオーストラリア出身のバンド、ボーカルのラッセル・ヒッチコックのハイトーンボーカルに爽やかなバラード、AORの代表的なグループです。
この"All Out Of Love"は3位を記録した初めてのヒット"Lost In Love"に続き大ヒットを記録、一発屋で終わるのではないかと思っていた人も多かったかもしれませんが、同じ路線でまたもや大ヒットとなりました。それだけAir Supplyの歌のレベルが当時ブームだったAORの中でも群を抜いて素晴らしかった、ホントに良い曲でした。私もこの曲よく聞きました。


今週 先週 song / artist
1 1 ANOTHER ONE BITES THE DUST / QUEEN
2 7 WOMAN IN LOVE / BARBRA STREISAND
3 3 UPSIDE DOWN / DIANA ROSS
4 2 ALL OUT OF LOVE / AIR SUPPLY
5 5 DRIVIN' MY LIFE AWAY / EDDIE RABBITT
6 6 LATE IN THE EVENING / PAUL SIMON
7 8 I'M ALRIGHT / KENNY LOGGINS
8 10 XANADU / OLIVIA NEWTON-JOHN
9 11 REAL LOVE / DOOBIE BROTHERS
10 4 GIVE ME THE NIGHT / GEORGE BENSON
11 9 LOOKIN' FOR LOVE / JOHNNY LEE
12 15 HE'S SO SHY / POINTER SISTERS
13 13 ALL OVER THE WORLD / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
14 17 NEVER KNEW LOVE LIKE THIS BEFORE / STEPHANIE MILLS
15 16 HOT ROD HEARTS / ROBBIE DUPREE
16 18 JESSE / CARLY SIMON
17 20 LOOK WHAT YOU'VE DONE TO ME / BOZ SCAGGS
18 21 THE WANDERER / DONNA SUMMER
19 12 FAME / IRENE CARA
20 39 LADY / KENNY ROGERS
21 34 I'M COMING OUT / DIANA ROSS
22 24 HOW DO I SURVIVE / AMY HOLLAND
23 23 NO NIGHT SO LONG LONG / DIONNE WARWICK
24 26 DREAMING / CLIFF RICHARD
25 27 MIDNIGHT ROCKS / AL STEWART
26 33 DREAMER / SUPERTRAMP
27 32 MASTER BLASTER / STEVIE WONDER
28 30 ON THE ROAD AGAIN / WILLIE NELSON
29 31 WHO'LL BE THE FOOL TONIGHT / LARSEN FEITEN BAND
30 14 YOU'LL ACCOMP'NY ME / BOB SEGER
31 37 WHIP IT / DEVO
32 35 THE LEGEND OF WOOLEY SWAMP / CHARLIE DANIELS BAND
33 36 OUT HERE ON MY OWN / IRENE CARA
34 41 YOU'VE LOST THAT LOVIN' FEELING / DARYL HALL & JOHN OATES
35 19 DON'T ASK ME WHY / BILLY JOEL
36 38 I'M ALMOST READY / PURE PRAIRIE LEAGUE
37 40 LET ME BE YOUR ANGEL / STACY LATTISAW
38 45 LOVELY / JACKSONS
39 43 TOUCH AND GO / CARS
40 42 WALK AWAY / DONNA SUMMER
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全米最新 Billboard Hot100 2... | トップ | 全米最新 Billboard Hot100 2... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二人のボーカル (めった)
2016-10-17 18:20:20
エアサプライは左利きの背の高いグラハムラッセル、ハイトーンボイスのラッセルヒッチコックの二人のボーカルが絡み合う曲が好きです。人気が出てからはシングルになるのはラッセルヒッチコックオンリーの曲ばかりとなってちょっと残念。この曲は彼らの曲の中でも最高の出来だと思います。all out of loveって言葉もすごくさみしくてセツナい。ボーカリストの息が長く続く歌としてもその筋に有名ですね(^o^)
グラハムラッセル (星船)
2016-10-17 20:55:19
エアサプライはラッセル・ヒッチコックのハイトーンボーカルで有名ですが、グラハムラッセルのちょっと鼻にかかった声がアクセントになって、人気が長続きしたのでしょう。2人のコーラスがほかのグループにはない素晴らしい魅力だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL