ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

1981年7月18日付 ビルボード 全米 Top40 キム・カーンズ Kim Carnes - Bette Davis Eyes

2017-07-24 20:48:09 | 1981年ビルボードTop40
※ 肝心のTop40ヒットチャートを記載し忘れたので更新します2017.7.24 21:00

1981年7月18日付ビルボード All American Top40、5週間の1位から一旦ダウン、2位から再び上がってついに通算9週目の1位、年度を代表する大ヒット、Kim Carnesの"Bette Davis Eyes"。10位を記録した"More Love"以来のTop10ヒットでもちろん初めてのNo.1です。

2位は前週と変わらずこれで3週連続の2位、George Harrisonの"All Those Years Ago"。George Harrison、ずいぶん久しぶり、遡ること1973年6月30日に1位を記録した"Give Me Love"以来の2位まで上がりました。
この週は前週に引き続き上位が強く6位までが前週と変わりませんでした。
3位はAir Supplyの"The One That You Love"。Air Supplyですが、これでシングル4曲連続のTop5ヒット、Top3入りも3曲目です。
4位はRick Springfieldの"Jessie's Girl"。Rick Springfield、1972年に14位まで上がった"Speak to the Sky"という曲がこれまでの唯一のTop40ヒットで久しぶりのヒット、もちろん初めてのTop5ヒットです。
5位はHall & Oatesの"You Make My Dreams"。1位を記録した"Kiss On My List "に続くTop5ヒットです。

この週1位、通算9週間の1位、Kim Carnesの"Bette Davis Eyes"。邦題は「ベティ・デイビスの瞳」。
もちろん1981年の年間チャートNo.1。1955年から2010年までの55年間の歴代チャートでは14位の歴史に残る大ヒットとなりました。

Kim Carnes、1970年代前半から歌手として活動していますが、ソロでは1980年に10位を記録した"More Love"が初めてのヒット、でも彼女、ケニー・ロジャースとの2曲連続のデュエットヒットで有名になりました。特に「荒野に消えた愛 (Don't Fall In Love With A Dreamer)」は最高4位、年間33位の大ヒットでした。

ベティ・デイビスさん、私は映画に詳しくないのでこの曲がヒットするまで知りませんでしたが、1929年にデビューした伝説の名女優さんです。この曲がヒットした1981年ももちろん現役の女優さん、60年近く映画やテレビで活躍し、1989年に満81歳で亡くなりました。歌になるくらい凄い女優さんだったのですね。


この「ベティ・デイビスの瞳」ですが、キム・カーンズのオリジナルではなくて、シンガー・ソングライターのジャッキー・デシャノンさんの1975年に発表したアルバム収録曲です。キム・カーンズバージョンはおどろおどろしい感じの曲になっていますが、それとは全く違う明るいポップスソングです。


今週 先週 song / artist
1 1 BETTE DAVIS EYES / KIM CARNES
2 2 ALL THOSE YEARS AGO / GEORGE HARRISON
3 3 THE ONE THAT YOU LOVE / AIR SUPPLY
4 4 JESSIE'S GIRL / RICK SPRINGFIELD
5 5 YOU MAKE MY DREAMS / DARYL HALL & JOHN OATES
6 6 ELVIRA / OAK RIDGE BOYS
7 8 THEME FROM "Greatest American Hero" (Believe It Or Not) / JOEY SCARBURY
8 9 I DON'T NEED YOU / KENNY ROGERS
9 10 SLOW HAND / POINTER SISTERS
10 16 BOY FROM NEW YORK CITY / MANHATTAN TRANSFER
11 13 HEARTS / MARTY BALIN
12 7 STARS ON 45 / STARS ON 45
13 15 GEMINI DREAM / MOODY BLUES
14 11 A WOMAN NEEDS LOVE / RAY PARKER JR. & RAYDIO
15 12 THIS LITTLE GIRL / GARY "U.S." BONDS
16 21 QUEEN OF HEARTS / JUICE NEWTON
17 18 WINNING / SANTANA
18 19 MODERN GIRL / SHEENA EASTON
19 20 TIME / ALAN PARSONS PROJECT
20 14 AMERICA / NEIL DIAMOND
21 17 SUKIYAKI / A TASTE OF HONEY
22 24 SEVEN YEAR ACHE / ROSANNE CASH
23 27 TOUCH ME WHEN WE'RE DANCING / CARPENTERS
24 26 SWEET BABY / STANLEY CLARKE & GEORGE DUKE
25 28 THE STROKE / BILLY SQUIER
26 32 NO GETTIN' OVER ME / RONNIE MILSAP
27 31 IT'S NOW OR NEVER / JOHN SCHNEIDER
28 29 DON'T LET HIM GO / REO SPEEDWAGON
29 35 LADY (YOU BRING ME UP) / COMMODORES
30 30 STRONGER THAN BEFORE / CAROLE BAYER SAGER
31 33 IN THE AIR TONIGHT / PHIL COLLINS
32 37 URGENT / FOREIGNER
33 39 THE BREAKUP SONG / GREG KIHN BAND
34 34 A LIFE OF ILLUSION / JOE WALSH
35 38 DOUBLE DUTCH BUS / FRANKIE SMITH
36 36 I LOVE YOU / CLIMAX BLUES BAND
37 22 IS IT YOU? / LEE RITENOUR
38 54 ENDLESS LOVE / DIANA ROSS & LIONEL RICHIE
39 42 ROCK AND ROLL DREAMS COME THROUGH / JIM STEINMAN
40 44 GIVE IT TO ME BABY / RICK JAMES
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンタナ Santana - Winning... | トップ | ジョー・ウォルシュ Joe Wals... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
星船さんへ (ミュウ)
2017-07-24 05:38:22
この曲の背景というか、内容を初めて知りました。ありがとうございます。ウンチクが増えました(笑)カバー曲というのは意外ですね。
この曲はアレンジが最高ですね。
ぼんやりとした霧の中で話が進んでいくような幻想的なイメージがかっこいいと私は思いました。
Jackie Deshannon (星船)
2017-07-24 21:02:38
ミュウさんこんばんは。
この曲を作ってオリジナルを出したJackie Deshannonですが、60年代には沢山の大ヒットを出した有名な歌手だったのだそうです。もちろん私も知りませんでした。
「ベティ・デイビスの瞳」のアレンジは私もこの曲にぴったりな素晴らしいものだと思います。改めて名曲ですね。
Mistaken Idenntity (hannah)
2017-07-24 21:32:43
星船さん、こんばんわ。
この曲を含むAlbum♪Mistaken Idenntity♪のプロデューサーはVal Garey。Waddy WachtelをはじめLA一派のバックミュージシャンも参加していました。
Val Garay (星船)
2017-07-25 21:53:38
hannahさんこんばんは。
キム・カーンズのプロデューサーのVal Gareyですけれども、あまりよく知らなかったですが、今回調べたらピーターアッシャーと一緒に活動していたようで、ランディ・マイズナーやリッチー・フューレイも手掛けたようです。その後、もっとハードな路線になって、このキムカーンズや、モーテルズのヒット曲"Only The Lonely"も彼のプロデュースのようです。

Val Garay (hannah)
2017-07-25 22:08:11
星船さん。こんばんわ。
Kin Carnesの次作♪Voyer♪も確かVal Garayでしたね。セールス的には大コケでしたが。。。
The Motelsの♪Only The Lonely♪はイイ曲でしたね。
Martha Davisのけだるいヴォーカルとサックスがよかったです。
1年度の1982年夏に8位を記録しましたね。
Voyeur (星船)
2017-07-26 21:50:32
hannahさんこんばんは。
キム・カーンズの大ヒットの次作「Voyeur」ですが、アルバムは昔聴いたかもしれませんがすみません覚えていませんです。でもシングル"Voyeur"は結構カッコよい良い曲で、今でも好きな曲です。セールスはからっきしでしたね。インパクトには欠けた作品でしたのでしょうか。
The Motelsは癖になる不思議な魅力を持ったグループでした。
№1 Single (hannah)
2017-07-27 20:58:38
星船さん、こんばんわ。
Kim Carnesの♪Bette Davis Eyes♪が9週間。
僕の記憶では、Lionel Richie & Diana Ross ♪Endless Love♪9週間、年末のOlivia ♪Physical♪9週間だったと思います。81年は№1になった曲が少なかったですね。
歴史的大ヒット (星船)
2017-07-27 23:04:54
hannahさんこんばんは。
この年は長期間1位を続ける曲がとりわけ多かったです。
記録だと"Bette Davis Eyes"と"Endless Love"は9週間の1位ですが、"Physical"はビルボードがお休みの週1982年の1月2日が前週と同順位と記録されるので、その週を入れて10週間の1位ということだそうです。
ビルボード55年間歴代Top100では、"Physical"が8位、"Bette Davis Eyes"が14位、"Endless Love"が15位ですから、とりわけ大ヒットが多い年だったということは記録上でもわかります。
こちらを参照くださいhttp://blog.goo.ne.jp/mou-at40-billboard/e/317f564f7bca2b36622f53788858b500
3曲以外 (hannah)
2017-07-28 22:28:50
星船さん、情報ありがとうございます。
Billboard55年間のTop15に3曲も入っているということは、歴史的大ヒットが多い年でしたね。
しかも何れもほぼ年の後半でした。後半でこの3曲以外のTop1は、覚えているところでは、♪The One That You Love♪1週、♪Private Eyes♪1週、♪Arthur's Theme♪3週うらいです。J.スキャベリーのグレイテストアメリカンヒーローのテーマはTopになったでしょうか?
グレイテストアメリカンヒーローのテーマ (星船)
2017-07-29 06:59:16
hannahさんおはようございます。
ジョーイ・スキャベリーのグレイテストアメリカンヒーローのテーマは残念ながら2位どまり、"Endless Love"に抜かされて1位になれませんでした。
1位になったのはもう1曲、Rick Springfieldの"Jessie's Girl"がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL