* Moty'l(モティール)の素 *

モティールとはチェコ語で“蝶”の意味です。チェコアニメが好きなのでこの名前を付けました。
 

記憶、喪失

2016年10月13日 | 日記
母に来年の手帳をクリスマスプレゼントにあげるというのが毎年恒例になっていて、今年は無印のスケジュールノートをちょっとカスタマイズした。会心の出来とは言いがたいが、後戻りはできない
まあ、あれこれやり直しても汚くなるだけなので、これはこれでOK
マスキングテープの活躍により、素早く作業終了

75歳にして作家デビューという快挙を成し遂げた黒田夏子さんの『abさんご』を図書館で借りて来た。
貸出し期間2週間、他の本を読んでいたら読み始めることすら出来ず、さらに延長して借りたので早速読んでみた。…が、何だか幻想的過ぎて…一文が長く、ひらがなが多いので私にはもう何だかよくわからない

とは言え「いくつになっても夢は叶えられる」という夢と希望を与えてくれた作品だと思います

なので「abさんご」はちょっとやめてスタンダールの「赤と黒」というのを読むことにした。読んだ内容をちゃんと覚えておけば、時代背景とか文化とかそこそこ歴史に強くなれそうだけど、私は異国・異時代の雰囲気を堪能するだけで「何だかドラマチックだったな…」という感想以外何も残らず

「カラマーゾフの兄弟」もわりと近年読んだけど、何だか暗くて退廃的な感じ…というイメージしか残ってないし
でも人生は無駄の積み重ねだと思います
忘れても、本を読むことに意義がある

でもほんとに忘れてくから歳も重ねて来たし、ボケそうで心配

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲しい物を買う! | トップ | ボブ・ディランがノーベル賞... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。