* Moty'l(モティール)の素 *

モティールとはチェコ語で“蝶”の意味です。チェコアニメが好きなのでこの名前を付けました。
 

『その女アレックス』を読んだ。

2016年11月08日 | 日記
フランス発のベストセラー小説、ピエール・ルメートルの『その女アレックス』を読み終えたこれから読む人もいると思うので多くは語れないが、ざっくり言うと負の連鎖が止まらない不幸な話

グロいとこはあんまり想像力を働かせずにサラッと読まないと気持ち悪くなっちゃう

事件の軸がどんどん変わって行くというなかなか凝ったストーリー展開で面白かったけど、やっぱり殺人描写とかがグロテスクなのは苦手だなぁ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「母衣への回帰 志村ふくみ」展 | トップ | ささやかな発見したこと、もの。 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-11-09 16:58:53
こんにちは。

自分も『その女アレックス』読みましたよ。
スピーディな展開と意外な結末に驚きました。
面白いと思いましたがグロテスクでしたよね。
この作品は好き嫌いがわかれると思いますよ。
Re:Unknown (motyl0924-1977)
2016-11-19 09:15:25
ですよね。あたしは…どうかなぁ。
東野圭吾みたいなマイルド系が安心派なんですけど、これだけミステリー小説がたくさん書かれてきているのに3段階で軸を変えていく手法はすごいですよね(^-^)!
Unknown (神崎和幸)
2016-11-20 21:23:18
確かに東野さんみたいなマイルド系は安心派ですよね。
おっしゃるとおり3段階で軸を変えていく手法はすごいと思いますよ。(笑)

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。