人間賛歌・もっちゃん4649

教え子との追憶も結婚生活の追憶も母の介護の日々も、私には人間賛歌という喜びと感謝に通じる過程だと思えるのです

フォトチャンネル

'16年7月の癒し 大きな癒しに包まれて

妖精の笑顔が 

2016-06-28 | 自然讃歌


日曜日の梅雨晴れが今日も続きそうだと喜んでいたのですが 

朝の9時頃から 急にパラパラと降り始めました


遠くのお墓の月参りをしようと思っていたのですが 

雨の日は気分が乗らず 月末に日延べしました


予報は金曜日まで雨マークですから 

7月に入ってしまいそうですが しかたないと思っています


クウを玄関内から小屋に連れて行くときに 

ヤブカンゾウが一輪咲き始めていました


花弁が八重のカンゾウをヤブカンゾウと言い 

一重のものはノカンゾウと呼ばれています


お天気が良ければ 明るくにぎやかな雰囲気の笑顔なのですが 

一番乗りの花ですから

注目して記念写真です(^^)/


ヤブカンゾウです








シモツケは剪定後に花芽をつけて 2度目の開花を始めました


百日紅と同じく 咲き終わったらすぐに剪定をすると 

何度でも繰り返し楽しめます


シモツケです







毎朝2輪か3輪 ライトブルーのヒルガオが

ご機嫌伺いに きてくれます


朝顔と違って お昼過ぎまで花姿を楽しませてくれるので 

大のお気に入りです


夏の朝の楽しみは朝顔です

まだツルを伸ばしている最中ですが 小さな蕾が一つ見え始め

期待感が高まってきはじめました


乞う ご期待です(^_-)-☆


梅雨の真っ最中ですが たくさんの妖精にその時々の大きな癒しを

届けてもらって 幸せな日々をいただいています


あなたにも妖精の笑顔が 届きますように~(*'▽')



ヒルガオです






PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏花壇に

2016-06-27 | 自然讃歌


昨日は貴重な梅雨晴れで 玄関前のステージを

夏花壇に仕上げました


ノースポールやハナシノブ・透かしユリの鉢を片付けるところから


場所を探さないといけません


ガレージの横が比較的 融通が利きそうです


数珠玉の苗がたくさん生えていて そのままにしておくと茂りすぎて

大変ですから 思い切って間引きました


夏花壇は緑色が主役です


ギボウシの鉢を並べて 斑入りのアオキや万年青に頑張ってもらい

木立ベゴニアの赤とブルーのヒルガオや

アメリカンブルーに彩を添えてもらいます
 

カサブランカの大鉢も 5本仕立てにしているので

7月の中頃には芳香と涼味を届けてくれるはず~(^^)/


朝顔のツルも順調に伸び 行燈仕立ての階段を上り始めました


気になる剪定も 紫陽花だけですが まだ連日の雨のおかげで

6月いっぱいは見ごろです


このままにしておきましょう(*'▽')


百日紅も小さな蕾をいっぱいに付けて 出番を待っています


野草が元気でしたので 今朝も3枚お届けしますね


カラマツソウです







タイマツバナです







ギンバイソウです





PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨晴れの

2016-06-26 | 自然讃歌


梅雨晴れの一日で 洗濯日和です

 
大事に使いたいと あれもこれもと意気込んでいます


大忙しの一日になりそうです(*'▽')


ネムの花です







ホタルブクロです







駒ツナギです





PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)








コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

前庭の癒し

2016-06-25 | 自然讃歌


大雨警報が 連日続いている竹田です

地盤の弛みで土砂災害に注意を呼び掛けているのです


昨日は大雨も小康状態で 久しぶりに

園芸日和をいただきました


ホウセンカやコスモス・シュウカイドウの苗があちこちに自生しているので

拾い集めてプランターに移植してやりました


夏の終わりに 見頃になって 楽しませてくれるはず~(^^♪

この一手間が大切です


前庭の癒しをお裾分けしようと思い 連れてきました

おかげでみんな元気です(*'▽')


スカシユリです








オカトラノオです








スカシユリです








PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)







コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

善は急げ!!

2016-06-24 | 自然讃歌



薄曇りの朝で お日様が山際の少し上まで上ってきました


大雨からやっと解放されたなと感じているところに

無遠慮な野太い声の有線放送が流れてきました


「こちらは防災竹田です

現在 竹田に 大雨警報が発令されています

今までの雨で地盤が緩んでいますので 土砂災害の危険が高まっています


十分 気を付けてください」


薄日が射してきているので 信じられなくって 

思わず窓辺に立っていき 空を眺めました


東の空は明るくなっているのに 北の空は重たく真っ暗でした


やっぱり今日も自由を束縛されて閉じ込められてしまうのね~

思い通りに庭に出て 伸び放題の除草をして きれいに整理したいのに・・・


ブツブツブツ・・


今の間に自転車で 燃えるゴミを出しに行き 

お墓参りをしてこようと閃きました


善は急げ!!


行ってきます(^^♪


墨田の花火です






PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

後しばらくの

2016-06-23 | 自然讃歌


大分県竹田市の住民に戻ったのが 平成16年の11月4日でした


独居の母が認知症になって 食事も洗濯も掃除もすべて卒業してしまったので

寄り添うために実家に帰ってきたのでした


88歳の米寿のお祝いをきっかけに 介護に専念し始めたのです


その母も平成23年の4月に他界しました


実家の相続は平成3年に 次男の結婚を機に養子縁組して

お墓を守る後継者に決めていたのです
 

「親が元気な間は できるだけ面倒見てやろう」と

実家に残る話し合いを 連れ合いとしました


「75歳を一応 区切りと決めて その後のことは

その時に話し合いましょう!」と

連れ合いは まだまだ現役でしたから安心していたのです


ところが天命を全うして 56年間もの長きにわたり難病と向き合いながらも

見事に職責を全うし 去年の5月に72歳の生涯に幕を下ろしました


49歳・46歳・43歳の息子を一人占めにできる幸せを私に残してくれました


脊柱管狭窄症やHTLV-1のキャリアだという印を押されていますが 

不思議と何の痛みもなく 軽やかな足取りの日々を過ごせています


昨日の午後3時に 「大雨洪水警報が発令中ですし 

明日未明に強い雨量が予測されるので 

避難準備情報を竹田市全域に発令します」

と 有線放送が流れました


10517世帯 23076人が竹田市全域の数字です


この中に私の1世帯・1人が含まれているのね~って不思議な気持ちで

まじまじと眺めていました


予報通りに 5時過ぎから土砂降りの雨音が聞こえ 雷鳴も轟いています


昼過ぎには警報も解除される見込みですから

 後しばらくの辛抱です!




カラマツソウです






PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

打たれ強さは

2016-06-22 | 自然讃歌


「現在 大雨洪水警報が発令されている竹田市です

昼前にかけて激しい雨が予想されるので 十分気を付けてください」

と有線放送が流れました


昨日は お日様が何日ぶりかで姿を現し 

念願のハマユウを撮り込むことができました


広場の除草を計画していたのですが 連日の雨に慣れていたので

蒸し暑さに閉口し 直ぐに屋内に引っ込んで過ごしていました


夕方の情報で 熊本・長崎の未明の150ミリの激しい降雨の惨状を知り

唖然としてしまいました


2か月前の大地震からやっと立ち上がり 田植えを済ませ 

前向きに動き始めた水田が 一面浸水で泥水の中に沈み 呆然と立ちすくみ

見つめている若者に 慰めの言葉もなく

襲い掛かる天災に惨すぎる無情を痛感しました


今日の天気図をみますと 先日の活断層の一連の図にぴったりと重なる

大雨警報の天気図で 午前も午後も100%の予報でした


有線放送で警戒警報を呼びかけるはずです!

経験したこともない降雨量が短時間に 地震で緩んだ山地を襲うのです


避難勧告が出ても逃げ場はありません

止まぬ雨はないのだと 自然の猛威の前に人間は無力です


強い雨が降る中で 雷鳴が不気味に轟いている朝です


梅雨の終わりの集中豪雨に 大昔から何度も見舞われてきた故郷です 


平成2年の7月に 私の村は大洪水に遭い 

賽の河原の惨状に変わり果てました


誰一人故郷を捨てる者はなく 15年計画で地域や行政が力を合わせて

10年前にやっと大きな河川変更工事や基盤整理に取り組んだのを

 私は見てきました


自然の猛威が勝れば ひとたまりもないかもしれませんが 

先祖が守り抜いてきた土地を 見捨てることは決してありません


打たれ強さはみんなの心の中に 

しっかりと植え付けられているはずですから!



ハマユウです






PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)






コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

情報満載のお便りで

2016-06-21 | 自然讃歌


梅雨前線の停滞で 連日 警報が出ています


玄関前のユリが咲き揃って見頃でしたが 激しい雨に打たれてしまうので

切り花にして 玄関内に避難させました


今朝は 東の空が少しオレンジ色になって 明るくなっています


雨が小止みの間に 広場の除草をしようと待ち構えています


ここ10日あまり油断して 園芸のことは頭から消えていました


やっといつもの私に戻れたようです(*'▽')


ハマユウが咲き始めたのは知っていましたが クウの散歩に出かける前に

チラッと見て通り過ぎただけでした


ご機嫌伺をしてこようと思っています


雲間から 久しぶりのお日様が顔を出しました


今日は夏至です

1年じゅうで一番昼間の長い日ですね


今日は何の日~?といわれても 悠久の中を漂っている私ですから

さっぱりなのですが

昨夜届いたメル友さんの情報満載のお便りで 教えていただけました(^^♪


皆さんに支えていただきながら豊かな日々を無事に楽しく過ごせています


ありがとうございます(^^)/



紫陽花です





PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

動かぬ山に

2016-06-20 | 自然讃歌



前庭の南の隅にNTTの電柱があり 前庭の北隅に九電の電柱が立っています


朝から♪の五線紙のように 小鳥が三々五々と羽を休めにやってきては

賑やかにお喋りを愉しんでいます


前山からも鶯の声や小鳥の囀りが聞こえ 早起きだなあと感心しながら

聞き入っている私です


たくさんの友にお見舞いや励ましの言霊をいただき 連日

心温まる日々を過ごせています


ありがとうございます(^^♪


コメントの返信で 今朝は久しぶりに 波乱万丈の人生を

選択して過ごしてきたなあと 思い起こしていました


選択したのではなく 受けて立つ生き方に喜びを感じていたのかも?

と 思います


忙しい人には さらに忙しい思いをする仕事が押し寄せてきます


これでもか これでもかと試されているみたいだけれど

やり遂げた時の充実感は 大きな喜びと自信となって返ってきます


現役時代の37年は健康に恵まれていたので 

前向きに勤め上げることができました


親の介護も57歳から10年間 ドンと受けて立つという姿勢で

思い通りにクリアできて 恵まれていました


これから先の10年は ‘天からのご褒美’だと

のんびりと愉しめると思っていました


とんでもありません


逃げ出したいような衝動を感じながら 波乱万丈の人生をいかに生き切るのか

子供たちや多くのギャラリーに見守られているのです


外は激しい大雨で雷鳴が轟いています


前庭も山も 泰然自若と受け止めています

まるで私に示唆を与えて下さっているかのよう~(*'▽')


私も 動かぬ山になりたいです



庭ナナカマドです





PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平穏な日々に感謝

2016-06-19 | 自然讃歌


検査結果がすべて出揃うには数日かかるので 

「次回は金曜日の11時半からの予約にしましょう」

と 担当医に告げられました


発病しているかどうかの見極めは 37項目の中の残り2項目で分かるそうです


ドキドキしながら その日を待ちましょうと‘まな板の上の鯉’の気分です


石橋を叩いても渡らないというほどの臆病者ですから 

キャリアだと分かった時に

 生きるための癌保険に2口と 医療保険に1口は 用意周到です


県立病院を往復するのにJRが5千円余りと

 タクシー代が 家から駅までの往復と大分駅から病院往復で5千円でした


初日は全く何も分からないから仕方ないけれど 

交通費の1万円はちょっと高すぎるわね~と主婦の感覚が頭をもたげます


熊本空港から大分駅の中間が竹田ですから 

特急バスならば往復で3千円ほどです


大分駅から路線バスを使えば合計5千円で済みそうだと考えました


熊本始発の特急バスが竹田を通過するのは10時ですから

11時半からの予約にぎりぎり間に合いそうだと思いました


予約の幅は12時半までのグループ枠に入っていますので 大丈夫!


やまびこ号の往復に決めました


バス停の近くの友に前日に電話をかけて 駐車の許可をお願い済みでしたし

予定通りにいけば 交通費は半額に収まると思っていました


大分までの所要時間はJRと特急バスはほぼ同じで 

1時間5分ですから遜色はありません


良い方法を思いついたと喜んでいました


ところが熊本地震の影響を全く考えに入れてなかったので

熊本始発のバスは市内渋滞のために30分遅れで竹田に着いたのです


まさか まさかの失敗で 時刻表通りはJRの勝ちでした


予約時間の範囲には辛うじて間に合いましたが 

次回は考え物だとその時思っていました


帰りのバスの中で 下りる時に竹田止まりの路線バスでしたから

運転手さんに尋ねてみました


竹田始発の大分行きで 県立病院前を通過するバスはありませんか?


「直通バスが午前中にあります 

営業所にはっきりした時刻はお聞きください」という返事でした


元の生活に戻れましたから しばらくは大分に行くことはありませんが

次回は竹田駅から直通バスの往復料金だけで 3千円少々で行けそうです


やはり 何事も経験しないと分からないものですね

平穏な日々に感謝の朝です(*'▽')


ヤマアジサイです





PS

置手紙のことづて欄が不具合中ですので、

コメントの設定を続けたいと思います。


皆様のお声を楽しみにお待ちしています(*^_^*)







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加