もっちゃんの探歩三昧

歴史探訪や仏像鑑賞、友人との交友をタイムリーに投稿します

ベタな大阪Ⅲ

2016年12月10日 | Weblog

ところで御堂筋って名の謂れは?

 

どうもこの御堂が命名のもとになっているようだ。
浄土真宗の布教所が、御堂筋に南北2か所も存在する。

 

巨大な本堂?は鉄筋コンクリート造りの近代的建築、付近の人たちがそこかしこで休息している。
遠来の私達にも、気持ち良くトイレを貸してくださった。街歩きで一番心配なのがトイレ。

 

そして室町時代衰退していた浄土真宗を立て直した蓮如上人:真宗中興の祖と崇められる。
蓮如はなんと5人の妻との間に13男14女をもうけた。「妾ではない継室です」
浄土真宗の本質を垣間見たり!

 

北御堂に隣り合う場所に鎮座するこの神社、神功皇后が朝鮮から帰還して渡辺の地に建立したと伝わる。
このことから全国に多くの姓を持つ「渡辺」発祥の地とされる。

 

坐摩神社の神々は聞いたことのない神様ばかりだが、人間の姓には結構ある名前ばかり。
地位や住居を守る神様らしいが、朝鮮との関わりがある神様なのかな?

 

北御堂と座摩神社を囲む石塀の一角に、こんな石が使われていました。
道祖神? 猿顔から連想すると猿田彦? なんじゃろ?

御堂筋って何?なんて馬鹿な質問するのは、やっぱりよそ者だよね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベタな大阪Ⅱ | トップ | ベタな大阪Ⅳ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL