もっちゃんの探歩三昧

歴史探訪や仏像鑑賞、友人との交友をタイムリーに投稿します

東海道57次Ⅱ

2017年03月13日 | 歴史探歩

すごろくの上りは京。しかし敢えて53次ではなく57次の道をたどる。

「うだつ」の挙がる旧家も維持するのは大変の様で、傷みが目立ち心が痛む。

 

最初に述べた通り、東海道57次は京を避けて整備された街道です。
なのに、中央の案内標識には「右大徳寺、左船岡山」と京都の案内が書かれています。変ですね?

 

皇塚(すめらづか)と標記されています。本当なら桓武天皇か藤原鎌足の墓ですが…
ここは京都市山科区大塚西浦町、此処に20m程の円墳があり、大塚・玉塚・皇塚と呼ばれていたと伝わります。

 

街道の一里塚も残されていますが、これはちょっと保存状態が今一…
京都市は今一、街道の保存に熱心でないようでとても残念。

 

 

今度は宮内庁管理地が現れました。60代醍醐天皇御陵です。
後醍醐天皇は有名ですが、この天皇に関する知識はありません。

 

そして豊臣秀吉:醍醐の花見で超有名な醍醐寺に到着しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道57次 | トップ | 醍醐寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史探歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL