もっちゃんの探歩三昧

歴史探訪や仏像鑑賞、友人との交友をタイムリーに投稿します

えちごトキめき鉄道

2016年10月01日 | Weblog

北陸新幹線の長野⇔金沢開業で信越本線は寸断され、各県毎の三セク鉄道が誕生している。

 


新潟県に入ると、各駅のこの洒落たデザインの表示がある。
なんでも「地酒・地元食材・ジャズ」が一体となった、イベント列車の総称らしい?

 

飯山線と上越線の乗換地点の越後川口駅。
路線の結節点駅にしてはあまりに痛々しい。線路上は草ぼうぼうである。

 

そして新幹線が乗り入れている長岡駅。今回は日程上やむなく一夜の宿を求めた
しかし、土地の名士「山本五十六」や「河井継之助」の史跡は素通り。

 

長岡の花火は有名だが、3尺玉の打ち上げ筒が駅前に展示されているとは…

 

長岡駅は在来線と新幹線駅が併設されている。
両駅の鉄骨間を巨大なワイヤーで結んでいるが、耐震補強だろう。

 

直江津から西、金沢方面に向かう信越本線は「えちごトキメキ鉄道」なる三セクに替わっていた。
これは”青春18きっぷ”マニアには多大な痛手、この区間は別料金が必要なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯山線 | トップ | あいの風とやま鉄道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL