もっちゃんの探歩三昧

歴史探訪や仏像鑑賞、友人との交友をタイムリーに投稿します

白山中宮長滝寺

2017年06月19日 | 歴史探歩

北濃駅から北に歩を向ければ、白山信仰のメッカ白山に至る参詣道。

 

越美線が全線開通出来なかったため、この先はバス路線が運行していたのだが…今はない。
その為のスペースが残されているのか、広大な北濃駅前駐車場?は閑散としていた。

 



白山参詣道は、表日本からは此処白山長滝寺を足場にしており、美濃番場と称されて賑わった。
あと越前方面からは白山平泉寺を足場とした越前番場、白山比女神社を足場にした加賀番場の三か所がある。

 

白山中宮長滝寺の最盛期時の絵図。
神仏習合であるから「白山長滝神社」と「白山長滝寺」が併設されている。

 

此処から霊峰白山を望むと…険しい。昔の人は此処を踏破して参詣した。

 

文字通り白一色、まさに霊峰白山である。

 

奈良時代、最初に白山に足を踏み入れたのは、越前の私度僧:泰澄和尚である。
美濃番場中央にある泰澄像。

バス便もなく、ここから白山への道は絶たれたので、北濃から白鳥市方面に向かって歩くことにした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長良川鉄道Ⅱ | トップ | 白山中宮長滝寺Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL