もっちゃんのボケ防止日記

 ウォーキングにサイクリング、ハイキング、バードウォッチングと4つのingでボケ防止。最近は鳥撮りにハマってます。

初めての出会い 78番目はキビタキ♂ 79番目はサンコウチョウ♀

2016-10-07 16:26:52 | 日記
 今日も朝から秋空が広がり、昨日ほど気温も高くない。ニュースで昨日は真夏日になったと言っていた。午前中は弟の用足しのためにアッシー君。車で迎えに行き、あちこち回った。そして、弟を送って行った後、そのまま出かけた。

 見沼自然公園に行くと、駐車場脇の林に野鳥がいた。カメラを向けるとシジュウカラの群れだ。シジュウカラばかりかと思ったら、メジロもいた。今頃メジロに出会うとは意外だ。シジュウカラもメジロも赤い実を頻りに啄んでいる。

 公園に入ると写生しているグループがあった。15人ほどが園内のあちらこちらで描いていた。どの人も、皆リタイア組だ。見せてもらうと水彩画で風景が描かれていた。油絵と違い、淡い色彩がとてもいい。いつの日か、自分も描いてみたいものだと思う。

 林の中に入り、野鳥の姿を探す。カメラを構えた人たちが今日もいた。暫く見ているとシジュウカラが飛んできた。コゲラもいた。林の中はやぶ蚊がいるので池の方に行ってみた。

 池にはカルガモの群れがいたが、前にいたオオバンがいない。岸辺でアオサギが魚を狙っていた。ベンチに腰掛けてお昼にする。暑くもなく、寒くもなく、実に爽やかだ。春も良いが、秋の爽やかさは何とも言えず良いものだ。

 食後、案山子公園に行ってみた。林の前にはカメラを構えた人たちがいた。日陰に入り、野鳥が飛んでくるのを待った。

 カメラを構えた人たちが動き出したので、急いで近くに行ってみた。木々の間を何か飛び回っているのが見えた。カメラを向けたが、なかなか姿がはっきりしない。頭が黒く、体が茶色だ。図鑑で見たサンコウチョウではないかと思い、シャッターを切る。残念ながら、数枚しか取れなかった。出会ったのはサンコウチョウのメスで、尾の長い奇麗なオスではなかった。今度は、オスと出会いたいものだと思う。

 その後、林の周りをまわってみた。数メートル先の木に何かが止まっている。カメラを向けると、何とキビタキのオスだ。この前は全身を捉えることができなかったが、今日は全身を捉えることができた。鮮やかな黄色に橙色がとてもきれいだ。木陰のためにピントが甘くなってしまったが、撮影できたことに満足満足。

 カメラを持った人たちのところに戻ると、また、野鳥が飛んできた。何だか分からないが、取り敢えず撮影してみた。帰ってから調べると、エナガだったようだ。直ぐに飛び去ってしまい、1枚しか撮影できなかった。種類を同定するには数枚の写真が必要になる。残念。

 辺りを歩いていると、池の木に再びキビタキが止まっているのに出会った。日が当たり、ばっちり撮影できた。だが、帰ってから見ると、胸の黄色が薄かった。

 目の前の葉にアゲハが止まっていた。カラスアゲハかと思ったら、羽に赤い斑点がある。調べてみると、ナガサキアゲハのようだ。帰りがけ、公園の池の傍で黄色い蝶を見かけた。モンキチョウかと思って撮影したが、調べるとキタキチョウらしい。蝶も種類が多く、名前の分からないものが多い。これからは、昆虫も撮ってみたいと思う。



 今日は、キビタキとサンコウチョウに出会えたので大満足。78番目の出会いがキビタキで、79番目がサンコウチョウとなる。これから冬鳥も来るので、目標の100種は達成できるだろうと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入間川ハイキングに行き、ト... | トップ | ぐずついた天気が続く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事