もっちゃんのボケ防止日記

 ウォーキングにサイクリング、ハイキング、バードウォッチングと4つのingでボケ防止。最近は鳥撮りにハマってます。

穏やかな日和の大晦日

2016-12-31 15:36:07 | 日記
 今日は大晦日。でも、大掃除をする気もなく、バイクで水元公園まで出かけた。空は雲一つない青空で、風もなく、暖かな日和だった。

 バイクで走ったが、さすがに道路は渋滞していなかった。

 始めに「かわせみの里」に行ってみた。カメラマンが数人来ていた。見ていると、カワセミがやって来た。しかし、直ぐに飛び去ってしまった。

 周りの林を見て歩くと、シメがいた。カメラを向けたが、なかなかよい画が撮れない。池の傍の木にコゲラがやって来た。器用に、逆さになって木の実を啄んでいる。

 次に、野鳥の森に行ってみた。鳥影を探しながら歩いたが、目にするのはヒヨドリばかりだ。観察小屋にも行ってみたが、アオサギとカワウばかりだ。

 森の傍にある池を見ながら一服する。日差しが温かく、実に気持ちが良い。

 森を出て、池を見に行く。水鳥がたくさんいたが、目新しいものはいなかった。コガモにキンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、ヒドリガモ、カイツブリ。ヨシガモに会いたかったが、その姿はなかった。

 橋を渡って、菖蒲畑のある池に行ってみた。以前も見かけたカワセミがいた。見ていると、池に飛び込み魚を捕らえている。

 その先まで行ってみたが、鳥の姿はない。ヨシ原に、何かいたと思うとシジュウカラだ。ハクセキレイもいたが、ヨシ原の湿地に珍しくセグロセキレイがいた。

 池の傍のベンチでお昼にした。何気なくベンチを見ると、プレートに「思い出ベンチ」と書いてある。寄贈した人の言葉と名前が刻まれている。

 こんな形で思い出を残すとは素晴らしい。プレートの言葉を読んでいると、自分も残したくなる。



 今日は出会いが少ないと思いながら戻ろうとしたら、高い木にアトリがいた。今年は、あちらこちらでアトリと出会った。アトリの当たり年だったようだ。

 芝生広場に向かう途中、灌木の中に動くものがいた。カメラを向けると、エナガだ。動きが早く、なかなか撮れない。愛くるしい姿のエナガは、私の好きな野鳥の一つだ。



 帰りも渋滞がなく、スムーズに帰って来た。

 穏やかな大晦日も間もなく終わり、新年を迎える。元旦が誕生日の私は、また一つ歳をとることになる。

【我が家の重大ニュース】

 今年一番のニュースは、何と言っても女の子の孫が誕生したことだ。我が家は息子が二人、息子の子どもも男の子ばかりだった。そんな我が家に花が咲いたようで、実に嬉しい。

 これで、孫も4人となる。皆、元気で健やかに成長して欲しいと願うばかりだ。

 来年も、自分の好きなことをやり、健康で過ごしたいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芝川調節池まで行ってみる | トップ | 穏やかな新年の朝を迎えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。