もっちゃんのボケ防止日記

 ウォーキングにサイクリング、ハイキング、バードウォッチングと4つのingでボケ防止。最近は鳥撮りにハマってます。

葛西臨海公園でアオアシシギと出会った(120番目の出会い)

2017-07-29 16:07:02 | 日記
 今日も朝から曇り空で幾分涼しく感じる。昨日も出かけたが、今日も出かけることにした。

 車で、久しぶりに葛西臨海公園まで行ってみた。土日は渋滞もないだろうと思っていたが、裏道を行ったにもかかわらず渋滞があり1時間半もかかってしまった。

 公園に着くと、家族連れが大勢来ていた。大観覧車は営業前だったが、渚に行くと子どもが波打ち際で遊んでいた。

 橋を渡って西の渚に行ってみると、数人のカメラマンがいた。水路をはさんだ東の渚に鷺の群れがいた。ダイサギにアオサギ、コサギの姿が見える。

 海の中の杭にカモメが止まっていた。何気なくシャッターを切ったが、家に帰って見るとウミネコだった。ウミネコとの出会いは初めてだが、1枚しか撮らなかったのが残念。

 鵜はたくさんいたが、他にめぼしい鳥はいなかった。

 海沿いを歩き、野鳥園に行ってみた。日が差してきて、蒸し暑い。鳥影がないので、ウォッチングセンターに行ってみた。

 淡水地である上の池を見ると、ダイサギとアオサギがいた。遠くにカイツブリの姿もある。カルガモも数羽いた。

 センターの二階に上がり、汽水地である下の池を見た。水が少なく、鳥影は全くなかった。

 諦めて、野鳥園の中を歩いてみた。観察舎に入ってみたが、やはり鳥影はなかった。

 下の池の奥にある観察舎に入ると、カメラマンが数人いた。窓から覗くとコチドリの姿があった。頻りに足でゴカイでも探しているようだ。中に、幼鳥らしきものもいた。

 少し離れたところに数羽のシギがやって来た。よく見ると、キアシシギだ。5月に大野海岸で出会ったシギだが、再びの出会いに嬉しくなる。

 野鳥園の中を行くと、数人のカメラマンがカメラを構えていた。何がいるのかと聞くと、コムクドリがやって来るという。しかし、暫く待ってみたが姿を現さなかった。

 別の観察舎に入ると、またシギの姿があった。カメラを望遠にしてみたら、キアシシギではなさそうだ。足の色が黄色よりも緑っぽく見える。2羽いたので、数枚シャッターを切ってみた。

 家に帰って調べたら、アオアシシギのようだ。鳥類園のHPを見ると、アオアシシギの観察記録が載っていたので間違いないだろう。



 アオアシシギは120番目の出会いとなる。図鑑で調べると、アオアシシギは旅鳥だそうだ。今が渡りの時期なのか分からないが、出会いの少なかった季節に出会ったことに感激する。

 ウォッチングセンターに寄り、お昼にした。風が気持ちよく当たり、のんびりとコーヒーを味わう。



 帰りは違うルートを通ったが、やはり渋滞があり、家に着くのに1時間半もかかってしまった。途中、草加市内に入ったところで雨が激しく降り出した。

 明日は日曜日。また出かけようかな…。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代蓮の里までドライブ | トップ | トンボとの出会い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。