のんのんファーム

完全無農薬野菜の栽培。栽培の様子をお届けします。

かっぱ焼き

2014-08-15 08:12:03 | 日記
 かっぱ焼きと言われても通じる地域はそんなに無いと思います。小麦粉と味噌を水で溶いて少し油をたらして焼くだけ。

 我が地方は水田が限られていて畑作地帯です。田んぼを持っているのは小さな地域ですがかなり裕福なおうちだけでした。「分限者、字が間違っているかも、ぶげんしゃ と言っていました」

 私のうちは貧農に値していたのか?その辺はわかりませんが、漁業と農業の兼業でした「爺さん、婆さんの時代」

 戦後、母は畑仕事で暮らしていました。米はできないから小麦を栽培していて、カライモが主食でしたが小麦も団子汁にしたりして食べていました。

 小麦の食べ物を代用食と呼んでいました、麺類に加工してはいなかったと思います。お金が無いので加工賃が無かったのでしょう。

 カッパ焼きは子供のおやつでした。今、考えると贅沢なおやつです、なぜなら完全無農薬の小麦粉で作ったおやつですから。よほど気をつけないと小麦粉にしたらすぐに虫が付くので、ブリキの半密閉容器に入れていたと思います。

 今のようにタッパー容器と言うのはありませんでしたから。

 皆さん、お店で買った小麦粉に夏場でも虫が付きますか?違いは歴然としています。

 

 自分で作った小麦を粉にしようと思い、乾燥するつもりで底の広い容器に入れてありますが、お日様が顔を出しません。かえって湿ってしまったかも?

 一番簡単な小麦粉料理がカッパ焼きなのです、今朝、作りました。昨夜、食べ残しの焼き魚を載せて、その上をシソの葉でくるんで、シソの葉は庭に自然に生えてきています。

 このような生活がもしかしたら贅沢なのかもしれません。自己満足かなぁ??
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然の豪雨 | トップ | 草取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事