基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

草むしりとはよく言ったものだ 此れでないと長持ちしない

2017-05-20 17:28:53 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日からアッチイーだ、前回遣った家の東の残りをむしらなければと思ったが、ご存じのアッチチーで今日に回し、飯前と想ったがそこはネボスケ起きたら六時、朝飯を済ませて南の植え込みから始め西側の残りまでむしって小一時間、やはり軍手を嵌めてむしった方が長持ちすする、前回の北と東は全然まだ生えてない、爺さん地面を這いずり回ってむしる分けだがこれが最も省力化だ。

 腰に負担をかけないよう段ボールの腰掛を作ったが直き壊れ、ホームセンターで折りたたみ式の腰掛を仕入れて使い始めた、プラ製の便利なものだが何か生活に必要だなーと感じてホームセンターへ行くと在るものだ、売る方も商売が掛かってるので目ざといものだ。

  高さ二二センチくらいか  畳むとこの通り 

 この真夏日のような暑さまさに爺婆泣かせの陽気、午後に入ってすごい勢いで気温上昇やはり朝の内が正解だった、腰かけたり地面を這いずり回ったり作業ズボンをはいてるが、ひざの汚れることやはりカーキ色よりジーパン系の作業用が草むしりには向いてるようだ、次回からそうしよう。

 オイドンのこの部屋は二階の北東隅で午後はこれから西日が入り、まさにアッチチー簾は三-四年使い去年の粗大ごみで出してしまった、ホームセンターで仕入れてきて下げなければ、PC叩いていて伸びたら良い笑いものに成ってしまう、早速つけよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 此れだから適わない 夏日か  | トップ | 昨日より暑い 予定通り午前... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。