基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

良いお湿りだ ヤルことなし散髪へ

2017-05-25 17:37:17 | 日記・エッセイ・コラム

 良く降ったものだネボスケの見たのは朝6時過ぎこの濡れ具合だと夜中にはもう降っていたのだろう、今日はやることが特にないそうだ丁度散髪の時期だと予約する、十時四十五分にとれる、交代でける先客は「暫くでした」と言われてみると元同僚のK君ではないか「おかみ良い白になったね、奥さんに宜しく」と別れる、大将と世間話などしながら約一時間五十分アアいい気持ちサッパリして帰宅、遅れて一人の昼食遅い朝飯なので丁度良い時間だ美味い。

 恒例の午睡の後二階の居間の掃除をする、ちょうど雨で埃が立たないで良い具合だ、まあ居間だが細かく言えば寝室、書斎、廊下、トイレ、階段と結構広い、掃除機やはたき掛け便器の磨き上げと済まして今日の作業は終わりとしよう。

 こんな日は体を動かすのに向いている、暑く無く汗も出ない然しくたぶれたお終いにしよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍しく朝から曇り 家内を市... | トップ | この処いい塩梅が続き いい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事