基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

豪雨を降らせた低気圧北へ 坂東良い天気簾取り付ける

2017-06-22 18:08:15 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日海際に大分降らせた低気圧は北海道方面に、前線は一時南に下がり坂東は小康状態で気温上昇、慣れない体にはアッチチーである、午後夏至も過ぎたので南向きの部屋へ日が入り始めるから簾でもと考える。

 四-五年使った簾は去年粗大ごみとして出して仕舞ったので今年は買わなければならない、西日除けは先月買って取り付けたので南向きの部屋である、幅一六〇㎝丈一八〇㎝を四本と幅同じ丈一五五㎝二本とそれぞれの巻き上げ機を仕入れて帰宅、然し今日の午後は作業にはアッチチーである、後にしようかと思ったが始める。

 最近は天津簾も包装がよくほぐして作業を始めるのに手間がいる、包装を取り別買いの紐と巻き上げ機を取り付け軒へ取り付け作業に入る、前々から取り付けてある簾下げ用の軒の金具へ順番に吊り下げる、あれちよっと短いかななどと思いながら取り付け終わる、そうだこれは自然の物此れからの雨風で少し伸びて丁度良くなるという事かと納得、洋間を残して作業は終わる。

    こんな事で簾取り付け作業終り

 明日以降も雨の無い日が幾日かありそう、だが実際に簾が役立つのは七月半ば以降の梅雨明け後だ、八月お盆など簾がよく似合うが、それは昔の話か今は怪談話も夏は寒くならないようだ、此れも地球温暖化の所為か。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長くジメジメが梅雨の常 最... | トップ | 梅雨の晴れ間にお江戸は都議... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。