基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

加藤一二三九段引退会見 賑やかに幕

2017-06-30 17:18:03 | 日記・エッセイ・コラム

 今日の上州も朝のうち降ったがハッキリしない曇り空、室温二十九度湿度七十㌫でムシムシ少し動くと汗ばむよう、梅雨独特の嫌な陽気だ。

 梅雨前線が北上してきて明日は降りそうだが、此れが当てに成らない農家の方は大変だろう、多くて困り、少なくても困り丁度いい具合の降水量が欲しいなだが、自然は中々言うことを聞いてくれないモノだ。

 藤井颯太君の十四歳二か月デビュウで先日二十九連勝で一斉に注目が集中した将棋界だが、今日は先輩で十四歳七か月でデビュウの加藤一二三九段が引退記者会見した、記録を五か月縮められた後輩に負けて年配を感じたか、流暢なヒフミン調は健在で記者は質問しやすい事だったろう。

   記者会見のヒフミン

  愛妻家だそう、結婚式の物か

 中学生の藤井君に合わせた日程の土日だそう、明後日二日(日)の対局は佐々木先輩だそうだが、此れも若手の十七歳だったか十九歳だったかで強敵のよう、三十連勝成るか佐々木君がここで止めるか、将棋には無関心で駒を持った事のほとんどない人間だが興味は尽きない。(戦前子供のころ皇軍将棋は良くしたが)。

 上州の今五時半に成るかあの厚い雲が切れ間を作り日が射し始める、この処本当に可笑しな上州の梅雨空である、明日はどうなるか予報は外れる事だろうなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から曇り時々晴れ 今は薄... | トップ | 今日は降りました上州も そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事