ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【書評】山中伸弥・畑中正一「iPS細胞ができた!」難波先生より

2014-05-08 12:16:27 | 難波紘二先生
【書評】「STAP騒動」は終りが見えない。5/5の各紙は理研の研究者全員約3,000人が、過去10年間に書いた自分の全論文の「自己点検」を、理事長の指示により始めたことを報じている。論文数では約2万5,000本になるという。
 大変な作業で、理研は社会的信用を失っただけでなく、通常の研究業務も停滞することになるだろう。2Ch「生物板」のスレッド数はNo.357になっても、まだ日替わりで増えている。ここだけで35.7万件の書き込みが行われたことになる。
 不正論文発掘は、大学研究者のものにも波及しつつあり、日本版ORIを設置しまともに対処しないと、日本のバイオサイエンスは大きなダメッジを受けるだろう。

 それにしても体細胞と生殖細胞、万能幹細胞と多能性幹細胞、臓器特異性幹細胞の違いについて、一般の理解が米国に較べて格段に劣っていると思う。それが日本で成人男性の33%がSTAP細胞の実在を信じているのに対して、「Knoepfler(ノフラー)ブログ」投票ではわずか7%という差になって表れているのだろう。
 http://www.ipscell.com/page/2/
 生命科学がひろく大学教養科目になっており、また雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」や「ナショナル・ジオグラフィック」という科学雑誌が読まれ、すぐれた科学ジャーナリストが多数いる国との違いを痛感する。
 にわか勉強だが、基礎生物学に関する読みやすい本を続けていくつか紹介したいと思う。

 そこで、エフロブの「買いたい新書」書評にNo.215:山中伸弥・畑中正一「iPS細胞ができた!」を取り上げた。
http://www.frob.co.jp/kaitaishinsho/book_review.php?id=1398669486

 副題が「広がる人類の夢」となっている。山中は1962年生まれ,神戸大医学部卒で,いうまでもない2012年のノーベル医学賞受賞者。畑中は1933年生まれ京大医学部卒の著明なウイルス学者で,京大ウイルス研教授,所長を務め,発がん性ウイルスに関する研究と著書で知られる京大名誉教授。
 2006年8月にマウス皮膚細胞でiPS細胞の作成に成功した山中は,翌年11月ヒトの皮膚細胞でも作成に成功した。「これは単独でもノーベル賞受賞に値する」と直感した畑中が申し入れて,この異色の対談が成立した。08年初めに行われた対談時,山中は京大「iPS細胞研究センター(現研究所)」長」。本書は2008年にソフトカバーで出版された後,現在は同名で集英社文庫にも収められている(454円)。
 全体が8話で構成されており,読みやすい。ヒトiPS細胞は米国の36歳白人女性の頬の皮膚に由来する市販の細胞を用いて作られたこと,元の細胞は表皮細胞由来ではなく表皮下にある線維芽細胞であること,05年にはマウスiPS細胞の作成に成功していたが,韓国で黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大学教授の「ES細胞捏造」事件が05年に発生したため,「論文を出したくても出せない」状況になり発表を延期したことなどが率直に語られている。
 感心するのは,畑中のあくなき知的好奇心と山中の謙虚な語り方から分かる人柄だ。クローン・カエルを最初に作成したガードン(ノーベル賞を共同受賞)の仕事を先行研究として評価しているし,マウスの体細胞に増殖に関係する遺伝子24種をあらかじめ全部導入し,1個ずつ壊(ノックアウト)して最低限必要な4個の遺伝子見つけるという「コロンブスの卵」的発想は,共同研究者の高橋和利(現京大講師)によるものだと明らかにしている。
 良書は年を取らない。内容は今でも正確で新鮮であり分かりやすい。メディア関係者がきちんと読んでいたら,STAP細胞をめぐる今回のバカ騒ぎは防げていただろう。幹細胞を知るに必読の一冊だ。索引があり,用語解説が巻末にまとめてあるとよかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【訂正とお詫び】難波先生より | トップ | 【渡辺淳一氏】難波先生より »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
著名な米国研究者も (Unknown)
2014-05-09 09:39:52
幹細胞の著名な研究者カリフォルニア大学医学部ポール・ノフラー准教授は今回のスタップnature 発表と同時にご自身でもトライされてこの論文の再現性の難しさ、それは高度なテクニックが必要とかどうとかいうじげんではないことを早くからおっしゃっていました。
裁判で明らかに (Unknown)
2014-05-09 09:57:41
理研が小保方さんの不正を認定しました。当然のことです。理研自体のガバナンスの問題、調査委員の論文不正の問題はその旨調査するとして、小保方さんの問題はきちんと処理されるべきです。是非裁判にして下さい。小保方さんは全てのデータと研究費の詳細を語らねばなりませんから。それが一番早いです。
美しい実験ノート (Unknown)
2014-05-09 11:05:37
キュリー夫人の実験ノートがネット上で話題になっています。某ユニットリーダーのと比べたら天国からラジウム投げられるとか、放射能半端無いから鉛の箱に入っているはずとか、賑やかですが、難波先生はキュリー夫人の実験ノートご存じですか。
ありがとう (Unknown)
2014-05-10 01:32:41
嬉しい投稿を見つけました。スタップ細胞は無く小保方さんは実験すらしていなかったと思いますので情報開示を求めようと思っておりました。先程動物愛護団体という方が理研に動物実験の詳細を開示請求した内容を公開されました。片瀬久美子さんのTwitterに有りました。
Unknown (とうりすがりのもの)
2014-05-10 01:52:07
peace さんのTwitterです。他にもありますよ。
学びたい人のために (Unknown)
2014-05-10 02:14:35
神奈川県がアメリカから大学医学部を誘致。ただ安倍ちゃんがくっついてるのは困る。奨学金制度をもっと充実させて、経済的理由で医学部進学を諦めたり学業が続けられない学生を作らないようにすることが第一です。
苦学生 (Unknown)
2014-05-10 06:56:12
私の子供が医学部生の時、同級生で経済的に大変な方がいらっしゃいました。ありとあらゆる奨学金をもらいアルバイトをいくつも掛け持ちし年下の兄弟の為に仕送りをしていました。国立大学の医学部は専門に入ると一単位落としても留年ゆえ彼の苦労はいかばかりかと胸が痛みました。私に経済的ゆとりが有ればと我が身の非力さを悔やみました。留年すると奨学金も貰えなくなります。
授業料の重み (Unknown)
2014-05-10 07:05:01
何とか6年生まで頑張りましたが卒業試験で落ちてしまい、留年となりました。留年すると奨学金が貰えません。卒業後国試で落ちたなら授業料を払う必要は有りませんが在籍中ゆえ払わねばなりません。彼にとって年間60万弱の授業料の重みがいかばかりか、教授たちがお金を出しあい助けたと聞きました。
学資、生活費の重圧 (Unknown)
2014-05-10 07:11:41
私が今回スタップ騒動で一番気になるのは小保方さんへの返済不要の学振1000万円以上と言われる奨学金です。勿論してもいない実験に支払われた税金も許せませんが医師不足と言われる中せっかく医師になろうと勉学に励む学生が経済的理由で挫折してしまうことです。
奨学金のありかた (Unknown)
2014-05-10 07:17:25
経済的に恵まれないゆえ苦労する学生がいる一方小保方さんのように豊かな家庭でAO 入試ではいりしかも学力もない学生が多額の返済不要の奨学金を貰えるという歪んだ制度を是非替えていただきたいです。今も彼のことを思うと、辛いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL