ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【ロジックとレトリック】難波先生より

2014-10-20 18:54:27 | 難波紘二先生
【ロジックとレトリック】
 10/19「産経」に「言葉ってすごいの?:誠意は伝わるのか1」という長い連載記事の初回がある。STAP細胞事件の笹井芳樹が「論理の天才だった」と書いてある。<「STAP現象は合理性の高い仮説」というロジックの立て方をした。>と記者が書いている。
 これはロジック(論理)でなくレトリック(修辞)の間違いだ。「現象」とは観察された事実をいう。現象が「仮説」であるわけがない。
 「すべてのクレタ人は嘘つきである」とあるクレタ人がいった。この文はパラドックスになっていて、どちらが嘘つきとも決められない。
 マルクスは「すべてを疑え」といった。これもパラドックスになっている。
 パラドックスはロジックの問題である。しかしレトリックはそうではない。

 ナポレオンはお世辞が大嫌いだった。そこである男が、
 「陛下はまことにお世辞が嫌いであられますなあ」と手の込んだお世辞を言った。
 これにはナポレオンも大いに喜んだという。ものは言いよう、それがレトリックだ。
 レトリックのソフィスティケートされたものが、例の原発事故をめぐる「東大法語」である。
 ロジックは自然科学の構成原理で、レトリックは心理学の領分である。レトリックの達人に出るのは「ノーベル文学賞」で自然科学関係にはでない。
 「STAP細胞事件」で笹井のレトリックにころりと騙されたメディアも、今の「新聞不信」の一因をなしているのを忘れてはいけない。「朝日」だけの問題ではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【新聞切り抜き】難波先生より | トップ | 【家族葬】難波先生より »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-10-22 15:50:49
国民から政権の御用達とか寄生虫とか大馬鹿にされている大手ダマスゴミ。
健全な社会をつくるためにも、ダマスゴミなんて言われない様にして、頑張ったらどうなのよ。
政治のインフラは、メディアだよ。社会の木鐸であってほしいな。そのメディアが腐っているんだから、この国は腐りまくるよな。
アベノミクス絡みの再生医療検討委員会やセルシード、神戸再生医療タウン構想、東京女子医科大学、早稲田理工についてもっと突っ込んで報道したらどうなのよ。この事件の真相が明らかになると多くの国民は思っているのに、政権に圧力かけられているのかよ!?
誰のために仕事やっているのかね、ダマスゴミよ。社会のために国民のために寄与したくねえのかよ!?
Unknown (Unknown)
2014-10-22 23:05:54
大阪市長の討論を聴いていて思ったことだが、議論は節度を失わず、理性的、建設的に行うべきだと思う。

上の書込みもそうだが、批判をするなら建設的に行うのが望ましいと思う。現状の正確な把握と改善策の提示なくして、ただ不満をぶちまけるだけでは何も変わりません。
Unknown (Unknown)
2014-10-24 15:06:45
わたしも一番最初のコメントの方が言っておられることわかるようなきがします。
2番目の方が建設的な意見と言っておられますが、相手は民間会社だし経営のことも絡んでいるわけですから、私たちが言えることはそんなにないと思います。おかしいことはおかしいと批判し、良い所は認めるぐらいのことぐらいだと思います。何でもかんでも建設的な意見というのは、おかしいと思いました。
それにしても、マスメディアのおかげで、日本民主化はかなり阻害されていると思いますよ。みんな言っています。
Unknown (Mr.S)
2014-10-24 22:14:13
無制限一本勝負

●橋下市長(7分10秒 屁理屈返し)桜井誠○

※戦評

遅れて入場した橋下選手、いきなりの「おまえ」発言で反則。
ひるまない桜井は橋下のすり替え戦術をことごとく粉砕。
切れた両者が乱闘寸前に橋下親衛隊が制止。
その後も「おまえ」「ふざけんな」「勘違いスンナ」と汚い言葉を橋下が浴びせるが桜井は堅いガードとカウンター。
橋下は親衛隊に守られて敵前逃亡した。
Unknown (Unknown)
2014-10-24 23:44:33
>おかしいことはおかしいと批判し、良い所は認める

これは正しいのだが、コメント欄に不満を書き込むだけでは読者を不快にさせるだけ。
折角建設的な意見を出してくださる方が時々いらっしゃるのだから、そういう雰囲気を醸成して維持していきませんか?

>みんな言っています。
この表現は小学生か「うるさいおばさん」くらいしか使わない。非常にいただけない。
Unknown (Unknown)
2014-10-25 04:04:18
既にSTAP問題は終わった事として人々の話題に上らなくなったが、ORI設立への議論やセルシードの追求は行われないのか?

それはそうと、Googleの検索がおかしい、と話題らしい。
http://www.j-cast.com/2014/10/22219032.html?igred=on
Unknown (Mr.S)
2014-10-25 11:53:24
ORIは科学界関係者以外の人が騒いでいる事。
小保方氏の処遇について理研内の職員が大人しい事で
このORIの設立が無理な事が分かる。
つまり当事者たちの積極性がないという事。



Unknown (Unknown)
2014-10-25 19:23:47
STAP特許の取得手続きを継続

どの国に審査手続きしたのですかね?手続き費用数百万とか。。

審査合格させる国はあるのか?

捏造特許を特許審査で処罰するルールはないのでしょうか?

なんと、東京女子医大は降りたんですね。(戦艦は逃げた)

名前を変えろ!! (アノニマス)
2014-10-25 19:48:08
理化学研究所⇒非科学研究所

やっていることが全く科学的ですから。
この期に及んで、多額の費用を使ってて特許取得権利を維持しておくなんて、意味がわかりません。すべて無駄になることが解っているのに…。
ここへ来て、大隅分子生物学会理事長が静かなのも気になります。何が起こっているのでしょう?
Unknown (Unknown)
2014-10-25 23:21:30
ノスミンが静かな理由・・・今、科研費書く季節だから・・・申請書書きって大変なんですよ。STAP問題に首突っ込んでる暇なんてないはず。
11月初旬か中旬になったらまた活動してくれますよ。
Unknown (Unknown)
2014-10-26 10:14:24
>>みんな言っています。
>この表現は小学生か「うるさいおばさん」くらいしか使わない。非常にいただけない。

国民の民意は、政治や社会形成に少なからず影響を与えるんじゃないのかな~!?
だから、マスゴミは世論形成ということをかなり意識して、報道に臨んでいると思うぞ。
それは自ら意思かあるいは権力者の圧力かはしらなけどな~。
「みんな言っています」はその方のごく周辺の現象かも知らねえけど、その現象面を捉えてありのままに語ることは別に不快感を与えるものではないと思うぞ。そうした一人一人の発言が、民意や世論を支え、更には国民の意識変革にもつながっていくことと思うぞ。

Unknown (Unknown)
2014-10-26 13:16:11
3つ上の書込みって、本当にアノニマスさんなのだろうか? 普段と文体が随分違う気がする。
ここ最近、「うるさい~」の書き込みが多くてげんなりするね。
はい (アノニマス)
2014-10-26 23:52:01
ダジャレを言ってますので、いつもと雰囲気を変えました。

非科学的と書くところを科学的とミスしてしまいました。失礼しました。
Unknown (Mr.S)
2014-10-27 01:23:42
日本人が三人そろってノーベル賞取ったけど
つくづくノーベル賞って一時だけの栄光なんだよね。
当時は大騒ぎしても、時が経てば「田中? はぁ?誰?」
てな感じです。
そこへいくとモンドセレクションは数年連続して受賞が可能、しかも美味しい賞だという印象があってほのぼのとしているね。
宮の雪とかいう清酒がモンドセレクション受賞とかいって綺麗どころの女優がCMしてたなぁ。
萩尾みどり だったかな。
Unknown (花職人)
2014-10-27 16:16:57
こんにちは。

Mr.S様
ノーベル賞の田中さんといえば、いまでも神推しメンバーですよ。モンドセレクションこそ、「はぁ…」です。悪いことをしていない田中さんやノーベル賞を貶めて何か良いことあるんですか?モンドセレクションはお金とコネを使えば貰えます。
1番目のコメントの方と在特会の会長の罵声は、性質が違います。
Unknown (Unknown)
2014-10-28 00:17:40
「田中? はぁ?誰?」と言ったのは受賞なさったとき。質量分析機の性能を飛躍的に向上させたのが無名の日本の一企業人だったと知らなかった。今や業界で知らない人はいないし、色あせない業績だと思う。

え?生体肝移植でノーベル賞?って思った人が少なからずいたはず。
Unknown (Mr.S)
2014-10-28 02:31:09
私は業界の人ではなく、ごく一般人なものですから
「はぁ? 誰だったっけ?」てな感じ。
外人が選ぶ賞に一々一喜一憂してちゃあいけませんよ。
あ、モンドセレクションも外人が選ぶんだったね。
これは失敗した。
大丈夫、日本の教育? (アノニマス)
2014-10-28 20:54:07
文部科学省大臣 下村博文(早稲田大学卒業)
教育再生会議座長 鎌田薫(早稲田大学総長)
教育再生会議委員 川合眞紀(理研研究担当理事)
参議院文教委員会委員長 丸山和也(早稲田大学卒業)
って、ブラックジョークか、怪談か? 事実は小説より奇なり。怖いよ~。
Unknown (花職人)
2014-10-28 23:29:29
こんばんは。

在特会の桜井氏 「政治に興味ねーんだよ!」

Mr.S 「一般人だから」

似ていますね…。ギャグですね。










Unknown (Mr.S)
2014-10-29 02:35:56
桜井氏。私は支持しますよ。
花職人は朝鮮人か?
Unknown (Unknown)
2014-10-29 02:57:46
遠藤高帆氏の先の論文(STAP捏造の解読)について、

”一研究者・教育者の意見”というブログ主が噛み付いている。

・こんなの科学論文でない。
・世間の話題に乗った政治的意図がある。
・STAP捏造なんか日本以外の世界では重要視されてない。

おもに、こんな論調だが(笑い)、

10/25に新展開がおきた。

当の遠藤高帆氏が、上記のブログにコメントをあげ反論始めた。

かなり面白いよ。



Unknown (Unknown)
2014-10-29 04:03:31
うん、面白かった。当該ブログは、「本当に業界の人?」と疑うような主張のエントリが多かったが、時々覗いていた。

今回の遠藤論文に関してのブログ主の主張はかなり苦しく感じた。批判を受けた後の弁明はもう詭弁に等しい。
遠藤氏のクールな反論の圧勝だね。
Unknown (Unknown)
2014-10-29 09:20:17
それはなにより。

批判された本人降臨の衝撃と、

ブログ主の弁明に対して遠藤氏以外の他コメントも秀逸ですね。

最近のSTAP関連ブログでは、ずばぬけていい。


読んできました (アノニマス)
2014-10-29 16:01:08
私も、ときどきこのブログを覗いていましたが、もともと一研究者・教育者というブログ主は、STAPを擁護したいようで、主張にかなり無理があるように思っていました。いつもコメント欄のツッコミのほうがおもしろいですね(笑)。遠藤氏の反論にどう答えるでしょう?
楽しみです(私ってかなり意地悪だね。)
Unknown (Unknown)
2014-10-30 12:25:09
STAP擁護というより、

・小保方氏のような(出来の悪い)若い女をもう叩くな。
・世論の関心高い事件に乗っかった遠藤氏の論文発表があざといので一流の研究者とは思わない。

この2点が暴論だとおもいました。

ブログのタイトルでもある研究者の論陣と、
教育者?の意見を(自身の都合いいように)使い分けてる。

あげく、個人ブログは世間に影響ないだろう。とか逃げ出して...

遠藤氏に名誉毀損で告訴される状況なのにね。




Unknown (Unknown)
2014-10-31 00:38:32
片瀬氏による名誉毀損の刑事告訴、話題になりましたね。「あちらは放射能を検出できるバッジを法外な値段で売りさばいた、という事実無根の噂を流された」という主張に基づいた告訴なので、噂を流したのが事実ならば悪質ですね。

名誉毀損は、公然と「(真偽に関わらず)事実を摘示して」名誉を毀損した場合に適用されるものですが、遠藤氏について当該ブログは何ら「事実」の摘示さえできていませんので、もし告訴をするとしたら侮辱罪が適当だろうと思います。遠藤先生はわざわざ弁護士費用をかけてまでつまらない書込みを告訴するほど暇じゃないでしょう。
Unknown (Unknown)
2014-10-31 04:05:18
”一研究者・教育者の意見”のブログ主は、

遠藤氏への中傷とおもわれる、ブログの文章を削除したようです。

削除理由がヒドイな。

間違いを認めたら、まずは謝罪するのが教育者?のキホンなのに。




Unknown (Unknown)
2014-10-31 09:47:07
阿部政権が崩壊寸前になってきた。
崩壊すれば、再生医療検討委員会やセルシード関係にはこれまでベールが掛けられていたが、それがとっぱられるであろう・・・
そうなれば、この事件・疑獄の真相が明らかになってくるであろう。
Unknown (Mr.S)
2014-10-31 11:11:48
崩壊寸前?
読みが甘いね。
確かに女性進出などと軽薄な試みは崩壊したけども、それが政権に与える影響など皆無。
朝日は「撃ち止めになればいい」発言の総理を攻撃し始めているが、どうやらここのサイトにも朝日親衛隊が多く存在するようだな。
拉致問題は少し状況が苦しくなってはいるが、我々国民はそれを喜んではいけない。
今、政権崩壊を喜べば日本崩壊を喜ぶ事になる。
それが分かる人なら真の日本人だ。
Unknown (Unknown)
2014-11-01 14:41:17
矢継ぎ早にブラック官僚が出るわでるわ。
これは、真の支配者に阿部はもう見放されたことなんだよ。
解散をつきつけ、新しい内閣を発足させよと言うことなんだよ。
真の支配者からマスゴミにもどんどん報道しまくれと、ミッションがおりているんだよ。
読みが甘過ぎるね。
政治の感性を持ちわせているの!?
Unknown (Mr.S)
2014-11-01 19:07:40
真の支配者?
読みが糖尿病だね。
確かに今回の新内閣は失敗した。安倍総理が強欲な自民議員を大人しくさせようと良い顔したのが大誤算だったし、ここにきて北朝鮮との拉致問題も相手側の戦術に手も足も出ない状態だ。
しかし、ここからが総理の腕の見せ所だ。
その援護をするのが真の日本人だ。
Unknown (Unknown)
2014-11-02 10:52:32
米隷従政権であることも知らないようだね!?
日本は属国、実質植民地なんだよ。
そういう背景を踏まえれば、真の支配者の存在も自ずとわかるもんだ・・・・(笑)
拉致問題の交渉も、世論を意識しての猿芝居なんだよ。
Unknown (Mr.S)
2014-11-02 11:24:42
植民地? 属国?
そのとおりだ。でも最近はサンキュー日本などと言われているぜ。やっぱり安倍ちゃんは凄いってね。
追加緩和で大喜びな親分なんだよ。
確かに親分がいないと一気に中華がやってくるからな。
そこんとこは今の日本では一国では何もできない。
そこで重要になってくるのが集団自衛権と秘密保護法なんだよ。そして憲法改正だ。
Unknown (Unknown)
2014-11-02 14:49:21
戦争は、何の罪もない人の命を奪ったり、幸せな家族を引き裂いたりで、あまりにも悲惨すぎるぜ。
こんなものは絶対にやらないことだ。
憲法改正とはもってのほかだ。
平和ボケの理想論ではだめだと現実論をぶちまけて、他国の侵略等に云々している奴らがよくいるが、やつらは戦争での儲け話を考えている者に繋がる奴らなんだ。それに早く気付けよ。
>そこで重要になってくるのが集団自衛権と秘密保護法なんだよ。そして憲法改正だ。
なんて洗脳された様なことを言っているようだが、社会科学をしっかり勉強されて利用されている自分に早く気付けよ。
Unknown (Mr.S)
2014-11-02 19:01:48
現実を見給え。
中国漁船が小笠原諸島近辺で密漁をしているぞ。
尖閣巡視で手一杯の我が国の足元を見ての暴挙だ。
戦争になれば多くの人間が命を失うだろう。
しかし、戦わずして命を失って良いものだろうか?
日本は、やっと戦争のできる国家になろうとしている。
これは自らの手で国を護れるという事である。
Unknown (Unknown)
2014-11-02 22:20:51
歴史を振り返れば、戦争はいつも経済的なことに関係して起因していることは明らかである。
米は他の産業が振るわないから、まじ軍需産業を頼みの綱している。米の経済成長を力強く伸ばす手段は、兵器や武器を売るぐらいのことしかないわけだ。このことがつねに政治や外交の根底に流れている。
米はあちこちの国で危機意識を持たせることに熱心なんだよ。それは兵器・武器を売るためなんだよ。
北朝鮮が長距離弾道ミサイルを打ち上げているだろう。これは米との水面下での裏取引だと思ったことはねえかよ?表面的には米と北朝鮮は対立しているように見受けられるが、カネの欲しい北朝鮮なんだぜ。何でもありのやりたい放題の北朝鮮なんだぜ。米は日本に対して弾道ミサイルを打ち上げる隣国が存在していることを現実に見せつけ、危機意識を高めさせる。そして防衛のために軍備増強として兵器・武器を買わそうと目論んでいると見るべきだぜ。猿芝居混じりのひでえビジネスだぜ。
中国とも水面下で裏取引して猿芝居をやっているかもしれんぞ。テロ騒ぎも同じ構造なんだぜ。
猿芝居に引っかかって、戦争で儲け話を考えている奴らに洗脳されないようにしろよ。
日本は被爆国だ。戦争の悲惨さをよく認識しているわけだ。一人一人の国民が平和の尊さを大切にして、過ちを二度と繰り返さないように頑張ることだ。
国民と国家のどちらに主権をおくべきか考えたとき、国民に主権がなければ民主国家は成立しないわけだ。極論すれば国民が存在しなければ、国家は存在しないわけだ。
貴殿の考えは、明らかに国家に主権をおいていると見受けられるぞ。これは全体主義につながるので、危険極まりないと思うぜ。早急にかじを切り替えることを切に願う。はやく目を覚ませ。戦争で儲け話を考えている奴らに洗脳されて利用されないようにしろよ。

Unknown (Mr.S)
2014-11-03 00:11:17
国を護る事、即ち国民を護る事。
そこには国家も国民も区別はない。
これを念頭に生きていけば、君のような左翼志向に洗脳される事は無いだろう。
国を守るって (アノニマス)
2014-11-03 01:48:52
ただでさえ、少子高齢化で、若者が少なくて、労働力さえ足りなくなると言われているのに、若者を戦場に送って生命を失ったら、この国はどうなるんでしょうね。
本当に日本という国を存続させたいのなら、軍事力を高めて国を守るなんて考えは止めるべきですね。
NHKBS世界のドキュメンタリーで、ベトナム戦争に従軍した元米軍兵士の言葉です。
『戦争は、オヤジが命令し、若者が殺される。』
Unknown (Mr.S)
2014-11-03 11:23:15
黙って侵略されたい人たちばかりですね。
なんやかんやと理屈をつけて国を護る事を拒否するとは、如何に中韓が喜ぶか。
軍事力を脅威的な国と均等を保たなければ会話も成り立ちません。
戦うことを放棄すれば日本は存続できなくなる可能性があります。我々の子孫が中国語を公用語として使うかもしれなくなるのです。
今の時点では沖縄の人たちにそれが判っていない。
感情論 (アノニマス)
2014-11-03 23:49:02
あなたの言っていることは、何の根拠も示してないですよ。そうやって危機感を煽って戦争に突き進んで大失敗したのが、太平洋戦争なのに、歴史から学ぼうとしないのね。
Unknown (Unknown)
2014-11-04 00:32:49
太平洋戦争を、「大失敗」と割り切るには私たちはまだ歴史を消化しきれていないように思います。アノニマスさんは、1900年頃から終戦までの過程の中で、ここが間違いだったとはっきり言えるポイントがあるでしょうか?
この十数年悩んでいますが、私には、日本の近代史から教訓を学び取る事ができていません。もし、「いつどうすればよかったのか?」のアイデアをお持ちでしたらご教示くださいまし。
Unknown (Mr.S)
2014-11-04 02:51:07
東条内閣が倒れ、近衛内閣になった時点で、降伏しておけばよかったのです。
継続した責任は昭和天皇にもあると思いますが、きっと天皇は傀儡に過ぎなかったのだと思う。
ヨハンセングループと言われる親英米派の吉田茂らが軍部に逮捕されてからは日本は地獄へと突き落とされていきます。
やがて空襲が国中の都市を襲い、原爆二発でやっと幸福ですから、如何に決断が遅かったかが最大の大失敗だったと思います。
Unknown (Mr.S)
2014-11-04 02:51:57
訂正

幸福→降伏
Unknown (Mr.S)
2014-11-04 03:11:06
再訂正

東条内閣が倒れ近衛内閣になった時点で→小磯内閣になって時点で
Unknown (Mr.S)
2014-11-04 03:12:17
再々訂正

小磯内閣になって時点で→なった時点で
大失敗 (アノニマス)
2014-11-04 12:46:40
あの戦争を大失敗とするにはまだ…とおっしゃるUnknownさんへ

お答えをここに書くには、どれだけのスペースや時間が必要か解りませんし、ここのブログの主旨から遠くはなれてしまいます。なので、参考文献だけ上げておきます。

半藤一利著 『あの戦争と日本人』 文春文庫

半藤一利著 『昭和と日本人 失敗の本質』 新講社 WIDE SHINSHO

半藤一利・保坂正康 『そしてメディアは日本を戦争に導いた』 東洋経済新報社
これはお二人の対談集です。
どれも読みやすいのでオススメです。
Unknown (Unknown)
2014-11-04 14:14:15
「大失敗」でないと申しているのではなく、割り切れるほどには消化できていないと書きました。ヒトラーやムッソリーニのように明確な「人類に対する犯罪」を犯した人がいないまま、国中が戦渦に巻き込まれ、数百万の国民が亡くなったのです。
誰かが日本という国を率いていく上で失態を犯したからあの戦争が起きたのか、その戦争の過程で具体的に誰かに判断ミスがあったのか、私には答えが出せていません。1931年以降にはもう既に取り返しがつかなくなっていたように思います。もしまた類似した状況が出来したとして、今の私たちに阻止できますか?

ご紹介いただいた文献は、いずれ読んでみたいと思います。ありがとうございます。
Unknown (Mr.S)
2014-11-05 02:38:09
核で何十万人殺害しても勝てば正義となるのが戦争の正体です。
負ければ日本のようにいつまでたっても謝罪を要求されるのです。
何が大失敗だったかなどと反省しても、何も解決しません。
戦後間もなくは中韓もおとなしく、一見平和に見えましたから、反戦を唱える論調も判らなくもないです。
しかし、隣国は徐々に力量を蓄えて大成長を遂げ、今や戦力は脅威となっているのです。
日本も時代とともに成長しなければなりません。
いつまでも同じような感覚で平和を唱えても、それが敵国の餌となるだけで、うかうかしてる間に占領されてしまうのです。
危機を煽る事で愛国心が芽生えるのなら、私は全力で煽りつづけます。
今のうちに軍事力を増強して備えておく事を。
愛国心 (アノニマス)
2014-11-05 18:59:57
軍事力を言う人は、すぐ『愛国心』』を持ち出すけれど、人を愛したり、国を愛したりの『愛』はそもそも強制されて生まれるものではないでしょう。強制されて口でいくら『愛してます。』と言ったって、それは少しも『愛』があることにはなりません。『愛』はそれぞれの心の中に生まれるものですよ。ひとつの価値観で、『愛国心を高めよう。』なんて、人の心に土足で入り込み、自由を奪うものでしかありません。
Unknown (Mr.S)
2014-11-06 02:44:37
平和を願う心は同じでしょうから、そうした意見も否定はしません。
ただ、現在の世界情勢を見渡せば、まずは自分の国、日本の平和を第一に考えます。
国を愛する事は即ち国民を愛する事、国民を愛する事は即ち自分を愛する事。
自分を大事に思うように、国も大事です。
隣国は反日する事が愛国です。反日は彼らの自由ですが、誰が反日攻撃から護ってくれるでしょうか?
自身で護らなければならない事は世界各国共通の常識なのです。
全体主義 (アノニマス)
2014-11-06 10:59:07
平和を保つため=軍備という理由が明確ではありませんし、曖昧な『常識』を前提にしてます。自分が常識だと思っていることが、実は違っていたなんていくらでもある話ではないですか?
それに、国を守る、国民を守ると言いながら、経済的な格差を拡大し続け、年間約3万人もの自殺者を出し続けている国。国を国民を守るというなら、軍備よりこちらの対策が先でしょう。
Unknown (Mr.S)
2014-11-06 13:09:17
平和=軍備
当然の図式です。

家庭の安心=施錠
強盗や空き巣から家を守るには、まずは施錠という備えが必要なように、国家も同じ事です。
誰でも彼でもご気軽にいらっしゃい、などという国はあっという間に侵略されます。
拉致問題も海岸近辺の警護が不十分だった日本側に大っきな責任があるのに、それを覆い隠すために北の異常さばかりを発信するのもおかしなものです。
中国船が領海侵犯するのも日本の手ぬるい態度が悪いのです。
すでに戦争は始まっているんです。
Unknown (Unknown)
2014-11-06 15:03:45
近隣諸国との無益な紛争を避ける為には、最低限の抑止力となるべき戦力を備える事は必要と思います。特に我が国はあまり「紳士的」でない国に囲まれているようですから。

しかしながら、領海侵犯や拉致等の事案に関しては、警察(海保)レベルで毅然とした対応をし、さらに国際外交や司法の場において決着をつけるべきことだと思います。軍備増強が唯一の方向性ではないでしょう。

アメリカでは、多くの国民が幼い頃から自然と自国に誇りと愛情をもって生活しています。さすがローマ共和国を手本として建国された国だと感じます。日本で文科省等が「愛国教育」を進めることには違和感を感じますが、国民が自然に愛せる国、帰属してよかったと思える国であり続ける事が大切だと思います。これは軍備等とは切り離して考えるべき問題です。

自殺や経済格差云々は、また全く別の問題ですね。
Unknown (Mr.S)
2014-11-06 15:21:22
軍備を軽々しく考えてはなりません。
日本はよほどGHQから臆病にされたせいか、戦力が即戦争に繋がると考えがちです。
国際情勢をしっかりと見極めて、同盟国に準ずる程度の軍備があれば隣国からの脅威から国を護る事が可能です。
そこで初めて会話が成り立ちます。
過去の戦争責任を永劫に掲げながら反日活動をするのは隣国の自由ですが、そうした国と友好を結べるはずがありません。
すでに戦争責任は果たしたのだと、報いは受けたのだと、堂々と渡り合う心構えが必要なのです。
抑止力 (アノニマス)
2014-11-07 11:20:51
自殺者の問題と軍備は、別にっておかしいです。
2000年頃から毎年の自殺者が3万人を超えて、それが12年続いて、初めて3万人を割ったのが、2,012年です。その間に50万人近い人が亡くなったわけです。ベトナム戦争で亡くなった米軍兵士が、10年間で11万人弱です。これがいかに異常なことか。それを放置するどころか、ますます低賃金、不安定雇用を増やそうとしている国を愛せと言われてもねぇ。国に対して誇りや生まれ育ったところへの愛着があってこそ、故郷を愛し国を愛する気持ちが生まれるのではないでしょうか?また、軍備を唱える人は、抑止力とすぐ言いますが、軍備が抑止力になるためには、相手より圧倒的に力が勝っていなければなりません。相手に『とても敵わない。』のと思わせられなければ、抑止力たり得ません。中途半端な軍拡は、相手の軍拡の格好の口実になり、挑発にもなります。国際紛争は外交で解決すべきなのです。
我が国は、国土、資源、人口、財政どれをとっても戦争ができる国ではないですよ。仮に核兵器を持ったとしても、中国と比較的すれば、我が国は2~3発原爆を落とされたらおしまいでしょ。かたや中国を滅ぼすにさは何発必要か?まして、中国に原爆を落としたら、PM2.5と同じように我が国が放射能まみれになってしまいますよ。
ここで、こんな議論しても、他の人たちの迷惑ですから、以後はスルーします。
Unknown (Mr.S)
2014-11-07 13:59:49
圧倒的軍事力が必要な事は理解しているようですね。
言いたいことを言いたいだけ捲し立ててスルーとは、
もうそれ以上の知識が無いという事ね。
なぜか隣国の派論のように聞こえます。
俺たちは核を持ってるぞ。お前らなんか2~3発で終わりだ、などと相手の手先がほざく様な文句で、笑ってしまったよ。
Unknown (Unknown)
2014-11-07 23:03:35
アノニマス様

抑止力の概念をよく勉強し直された方がいいかと思います。相手より圧倒的に勝っている必要はなく、飽和した時点で戦争が回避される、ということは既に戦前に石原莞爾が書いています。

>我が国は、国土、資源、人口、財政どれをとっても戦争ができる国ではないですよ。
このことを、太平洋戦争に突入する前に、日本の知識人がどれだけ真剣に検討したかご存知ですか?それでも回避できなかったのです。どうして戦争を回避できない状況に陥ってしまったか、もっと早い段階で回避する方策はあったのか、という疑問を歴史を遡って検討する事が、今後の日本にとって重要だと考えています。

戦死者と自殺者の数を比較しても、自殺対策と軍備を関連づけたことにはなりません。両者は全く別の次元で議論すべき問題だと思います。
Unknown (Mr.S)
2014-11-08 02:32:11
日本は日露戦争も日清戦争も勝ったのです。
それが慢心の素だったのかも知れませんが、連合国軍が強すぎたんでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL