ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【メールの名前】難波先生より

2014-05-17 08:37:52 | 難波紘二先生
【メールの名前】
 「STAP細胞事件」で活躍した「11次元」氏の正体が2Chで暴かれたようだ。
詳細はここを見られたい。http://ai.2ch.net/test/read.cgi/life/1398414214/337
 謎解きは単純で「次元」がdimensionの意味ではなく、メールとツィッターのサーバ「juichijigen」から「じゅういちじげん」→「しゅういち次元」と割り出された。
 別のサイトの書き込みから「しゅういちAo」→「Syuichi-Ao」と姓も割り出されてしまった。「あおやま・しゅういち」ということになる。薬剤師だそうだ。(未確定情報)
 同情はするが、ある時点で実名での発言に切り換えるべきだったろうと思う。
 2チャンネラーの恨みをかったのは、2Chから情報を得ながら、それを引用しないでブログに記載したからだという。匿名記入はいずれ曝かれるから注意した方がよい。

 「世に倦む日々」という開設10年で1494万アクセス件数という驚異的ブログを見つけた。「有料」となっているが、どういうわけか読める。田中和宏という人だそうだ。
 http://critic20.exblog.jp/22118490/
 同姓同名の人が165人もいるので、特定は困難だ。「STAP事件」についても興味深い論説を何度も掲載しており、寄せられた読者コメントにも本格的なものが多い。ただ3/17になって初めて発言しており、生命科学に基礎知識がある人とは思えない。作家の柴田翔の本名だという説もある。
 http://critic20.exblog.jp/m2014-03-01/
 どういう人か分からなかったが、Amazon「丸山真男の思想がわかる本」の書評にこういう指摘があった。
 <5つ星のうち 4.0 丸山真男は何を残し、何を残そうとしたのか… 
2007/2/3 By 仮面ライター トップ1000レビュアー VINE メンバー 形式:単行本
 当書を著したのは、政治や映画などの批評で有名なブログ『世に倦む日日』の著者“thessalonike”氏こと田中宏和氏である。>
 テサロニケはギリシア第2の都市でカルキディキ半島の付け根にある。東にアリストテレスの故郷スタゲイラ、西に古代マケドニアの首都ペラがともに100キロ圏にある。なぜこれを偽名のひとつとしたのかは、文系の人なら腑に落ちる点がある。
 別の「田中宏和」についてはこうある。
<著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
田中宏和:1957年、高知県土佐市生まれ。1981年、岡山大学法文学部卒。東洋政治思想史専攻、市民のための丸山真男ホームページ主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)>
 しかし丸山真男の崇拝者が「朝日」を非難するというのは、ちと肯けない点もある。
が、こういう指摘もある。
Commented by あつい at 2014-05-14
>頭の悪い左翼の擁護派が勘違いしているのは、安倍晋三の利害と思惑を代表しているのは、理研ではなくて小保方晴子だという点だ。
>左翼はこの認識で倒錯を起こしていて、理研を敵だと思い込んでしまっている。

 あるジャーナリストへのメールにも書いたが「STAP騒動」を政治的背景で捉えると、小保方は安倍と理研の犠牲者という構図に見えてくるというのは分かるが、この仮説ではなぜ小林よしのりや右派言論誌「WILL」が小保方を支持するのか説明がつかない。事件において問われているのはイデオロギーではなく、小保方の立証責任という「科学における倫理」だ。

 最近、発信人名がローマ字で書かれたメールを受け取る例が多いが、読みにくいし同姓同名になることがあるので、慎んで欲しいと思う。せめて、姓を前に名を後に「Yamada, Taro」というような記載にしてほしいもの。「Taro Yamada」だと誰が誰だかわからなくなる。またメルアドと発信人名が同じローマ字となると、セキュリティ上の問題も出るのではなかろうか。
 名前にやたらと意味不明の数字記号が多いのも困る。「配達不能」際に本人の推定がつかない。覚えやすいネームを使用したいものだ。@の前に漢字で氏名が書けないソフトの使用は止めてもらえないだろうか。これは「自己宛発信」をやり、届いたメールでどうなっているか一度確認すればすぐわかる。相手に届くものと同じなのだから。GOOGLEのgmailはとても使いやすく、ソフトは無料で「gmail」でGOOGLE検索すればダウンロードできるので、使われたらどうだろう。
 本文の後に、サインがなく住所や職場や電話番号が書いてない「発信人情報」も困る。この部分はメールが本物かフィッシングかを判断するのに、とても重要な箇所だ。私はMACに標準搭載されているMailからGmailに切り換えた後は、スパムメール、フィシングメールなどがなくなり重宝している。GOOGLEの新ブラウザ「Chrome」にもすこし慣れた。Safariに比べて非常に進歩している。これも無料でダウンロードできる。
GOOGLE会長エリク・シュミット(Eric Schmidt)他の著書「第五の権力」(ダイヤモンド社, 2014/2, \1,800)に眼を通した。恐らくドイツ系アメリカ人だろう。立法・司法・行政の三権に対して政府を監視するメディアが「第四の権力」、ネットの登場で市民が国家やメディアを監視する「第五の権力」が出現した。その「デジタル新時代」は政府や政治、教育や医療や健康、犯罪や紛争と戦争などにどういう影響を与えるか。「アラブの春はもう起こらない」、「ええじゃないか」(前回の「いいじゃないか」は書き間違い)状態を「ハチの巣心理」と表現し、「匿名を楯にした悪質な群衆行動」にも「群衆(クラウド)の集合知」により抑制が働くだろう、と楽観的だ。その根拠としてWIKIのような「証拠となるデータの永続性」を挙げている。
 「人類文明の夜明けから2003年までに生みだした情報量を、現在はたった2日毎に生み出している」(p.396)という。社会や国家を動かした世界の個人例もたくさん挙げられているが、みんな実名で発言している。「集合知」が建設的な方向に作用するのには、どうもそれが前提になるように思われる。今後10年で中国では新たに10億人がネットに繋がるという。13億の人間の発言を完全に検閲することなどできない。「いずれ一党独裁は崩れるだろうが、それは中国人民がオンラインと街頭で、どれほどリスクを覚悟するかにかかっている。」つまり自己リスクを取らない匿名発言には変革の能力がないということだろう。
 「メディアの危機」という章もある。ニュース報道では生き残れない。コンテンツ(報道の質)が勝負で、情報の信頼性を高め、異なるメディア間で良い記事を交換する(コンテンツ・シンジケーション)ことが今後10年間は続くだろうという。日本はまだ米国に10年遅れている。視聴者は「情報の信頼性と分析の正確さ」、「ニュース記事の優先順位づけ」に価値を置くようになる(p.73)という指摘はその通りだと思う。私は新聞の一面記事の順位と割り付けで新聞を品定めしている。
 これを読んでいると「建設的な集合知」とは既存メディアと市民との共同作業で生まれてくるもののような印象を受ける。メディアの人たちにも頑張ってもらいたいものだ。「修復腎」移植も頼みますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【STAP騒動・報道検証4】難波... | トップ | 日々お勉強 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
所謂御用学者になれないがくしゃ (Unknown)
2014-05-17 09:49:40
東大医科研の上先生は一体何がしたくて何をしようとしているのか一般市民の私にはわからない。私個人は東京オリンピックは今も反対である。東北の被災地だけでなく、一般市民も建築資材の値上がりで、持ち家だけでなく、修復にも影響をあたえる。ただでさえ建築現場では人材不足なのに、オリンピック工事がはじまれば、それらの人々に大打撃である。上氏は彼のTwitterで東北地方の復興を考えての書き込みが多い。この辺りのことをどう考えているのか?論文不正にかんしても、どのような機関にも人が多ければ多いほど不正の起こる確率は高くなる。不正は研究現場だけで起こる訳ではない。行き着くところ一人一人の個人の心の持ちようである。東大病院のガバナンスと理研のそれとを比べることが意味があるのか。東大病院のガバナンスが酷いといって、理研のそれが優れているとはおもわない。それぞれ、きちんと、けんしょうされるべきでこういう論じんは要注意と思っている。
きちんと (Unknown)
2014-05-17 12:09:51
上氏に対する懸念は関谷一樹という人の書評に対するコメントである。東大病院を知るものから見ればこの関谷というひとの見識の浅さに驚く。私は随分昔に東大病院の研究室に勤務していた。その後東大を離れたけれど絶えず接触してきた。良くも悪くも東大というものを見てきたが、関谷氏がいうような単純な構造ではない。上氏はなにをもって絶賛されるねか?理研もいまだに組織防衛に走り、真実を語ろうとしない。この2つのそしきは関谷氏がいうような簡単なものではない。
原発爆発と鼻血の因果関係を、何の根拠も示さずに非難するやつらはこれを読め! (新井三郎)
2014-05-17 20:42:12
 中部大学教授 武田邦彦氏のブログから転載

自治体の首長は国会議員が怖い?・・・鼻血の記録








「20140516810.mp3」をダウンロード

福島県知事、大阪市長などが「美味しんぼ」に被ばくによる鼻血のことが書いてあるということで、猛烈に抗議をしましたが、下の資料の通り、原発事故の後、多くの鼻血がみられるということが国会で4人の議員が質問しています。その時に自治体の首長(福島県など)は異議を申し立てていません。
国会議員は怖いからクレームをつけないけれど、個人や出版社などは弱いとみて攻撃する。 そんな人は民主主義における指導者ではありません。少なくとも、なぜ国会での質問には表現の自由があるけれど、個人にはないかということを言わなければならないでしょう。
マスコミも報道する場合、「首長だから」というのではなく、もちろん国会での発言は聞いているのですから、放送や記事を書くときに「被曝と鼻血のことはすでに国会で4人の議員が追及している」とか、そのことに関する取材をして放送法第4条の規定を守らなければならないと思います。NHKも殿様ではないのです。法律に基づいた放送をしなければ受信料は払うことができません。
また私へのバッシングも来ましたが、ネットでも「自由に発言できる」という権利とともに、「ウソを言ってはいけない」という義務もあります。ネットでの発言も良く事実を調べて発言しなければならないのは当然です。特に匿名と言う権利をさらに使う場合は、名前を出して発言するより高い道徳が必要とされます。
資料
参議院・東日本大震災復興特別委員会8号(平成23年12月02日)
宍戸隆子議員
北海道に避難している方たちといろいろ話をしまして、その中で、例えば鼻血なんですけれども、そういうような症状を訴えていたお子さんが非常に多かったです。
国は安全だと言う。これぐらいの低線量では身体的な影響は出ないと言います。私も初めはそう思っていました。自分の娘も鼻血を出したりしたんですが、それでもそれを被曝のせいだと私は初め考えておりませんでしたし、今でも疑っているのも事実です。
目の前で今まで出したことのないような鼻血を出している子供たちがいたら、皆さんどうしますか。偉い学者さんがどんなに安全だと言っても今起きているその事象を優先しませんか。本当に、お手元に資料配られていると思うんですが、みんな目の前で起こったことを、それを見て避難を決めている方もたくさんいらっしゃいます。
参議員予算委員会8号 (平成24年03月14日)
熊谷大議員(自民党)
ある小学校の、県南の小学校の保健便りです。四月から七月二十二日現在の保健室利用状況では、内科的症状で延べ人数四百六十九名。内科的症状では、頭痛、腹痛、鼻出血、これ鼻血ですね、順に多くということ、これ結果で出ているんですね。
参議員文教科学委員会3号(平成24年03月22日)
熊谷大議員
四月から七月二十日現在の保健室利用状況では、内科的症状で延べ人数四百六十九名が利用しました。内科的症状では、頭痛、腹痛、鼻出血の順に多く、鼻出血というのはこれ鼻血のことですね、外科症状では擦り傷、打撲、虫刺されが順に多かったということで書いてありますが、平野大臣、この事実もう一度、どのようにお考えになりますでしょうか。
参議員憲法審査会4号(平成24年04月25日)
山谷えり子議員(自民党)
井戸川町長が雑誌のインタビューでこんなことを言っていらっしゃいます。
放射能のために学校も病院も職場も全て奪われて崩壊しているのです。私は脱毛していますし、毎日鼻血が出ています。この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら、いや、調べられないと断られましたよ。我々は被曝までさせられているが、その対策もないし、明確な検査もないという。本当に重い発言だと思います。
フランスの原発関係のジャーナリストに聞きましたら、こんなに情報公開がなくて、しかもいろいろな、沃素剤一つ取っても国、県の指示があって初めて服用できるというような、非常に不十分なままほったらかされていたと、この十三条と二十五条、幸福追求権と生存権が妨げられているのではないか。
参議員東日本大震災復興特別委員会8号(平成24年06月14日)
森まさこ議員(自民党)
例えば、具体的にこんな心配の声をお寄せいただいています。子どもが鼻血を出した、これは被ばくによる影響じゃないかと心配なんだけれども、それを診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですかということです。
(国会の記録は読者からご提供いただいたものです)
(平成26年5月16日)
11jigen (Ak)
2014-05-18 15:14:30
11jigen氏は東大の助教であったアニリール・セルカン氏の経歴詐称を暴いたことから研究不正に対する匿名の告発を始めた、と記憶しております。ハンドルネームの11jigenはセルカン氏が多次元空間を研究課題の1つとしていたことから命名されたものと推測されます。「あおやま」さんはおそらく別人でしょう。
バランス (気になる)
2014-05-18 17:28:44
上に第5の権力とあるが、必ずしも1個人等に頼り切るのではなく、博士論文のチェック等は関係諸氏の責任においてそもそも十分にやっておいてほしいですね・・・
うまく各権力のバランスが取れればいいですが。
メディアはその中間として頑張ってもらいたいです。
Unknown (寄付講座)
2014-05-18 17:45:10
野依良治氏は三菱財団の理事、東大医科研特任教授上氏の研究室三菱財団より寄付。COI はいかに?

Unknown (おなかま)
2014-05-21 18:46:03
書き込みを見て三菱財団の役員名簿を見てみました。なんと理研の外部調査委員の岸氏も理事でした。皆さん仲良し!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL