ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【STAP報道:検証11】難波先生より

2014-06-09 22:43:31 | 難波紘二先生
【STAP報道:検証11】
 6/5「読売」が<小保方氏、異例の採用…高評価英文に「コピペ」>と報じている。
 http://www.yomiuri.co.jp/science/20140605-OYT1T50089.html
「小保方晴子氏が2012年、(理研の)ユニットリーダーに応募した際に提出した「研究計画書」は、留学先の米ハーバード大から提出された特許書類の英文を多数、複製して作成し、画像の説明は誤っていた疑いのあることが、明らかになった。同センターの選考では、計画書から「小保方氏の英語のレベルは非常に高く、主張が明快で構成力に優れている」と評価していた。さらに、締め切り日を過ぎて応募した小保方氏の申請書を受理したうえ、一部の審査手続きを省略するなど、採用の経過は異例ずくめだったことも分かった。(理研改革委の)報告書案は、STAP細胞の研究成果がもたらす利益をセンターが強く意識するあまり、過去の論文などのチェックも不十分なまま、小保方氏を拙速に採用したと断定している。」
6/5「日経」の<小保方氏、異例の採用 英語面接を日本語で実施>
 http://www.nnn.co.jp/knews/140605/20140605013.html
 「小保方晴子氏を採用する際に、英語で実施すべき面接を日本語でやり、推薦状が1通も届いていない異例の状態だったことが4日、理研のまとめた報告書で明らかになった。当時未発表だったSTAP細胞の研究を重視した理研が、大きな実績のない小保方氏を特例とみなして採用を急いだ。通常求められるセンター内の英語による公開セミナーを小保方氏については省略。日本語で非公開の面接と質疑だけという例外的措置だった。」
 という報道を見ると、理研では事務職だけでなく技官(研究職)でも、「縁故採用」が普通だったとわかる。その学会が特許庁から認められた団体であれば、学会発表をやった後でも、特許申請は成立することは前に指摘した。よって「STAP細胞の秘密保持」のために非公開にしたというのは、縁故採用を行うための口実であろう。

 中国の「科挙制度」はもともと優秀な官僚を確保するために導入された。だが技官、医官、武官には導入されなかった1)。古代中国は素晴らしい科学技術を持っていたのに、やがて事務官僚のろう断するところとなり、科学は衰え王朝は何度も異民族により倒された2)。朝鮮も同様だ。
 日本の明治維新は科挙制度を導入する代わりに、学校制度を整え、西洋の学位制度を導入し、医師免許制度を採用した。士官学校も作った。「末は博士か大臣か」という俚諺はこの頃に生まれたものだ。明治の急速な国力進展の基は、こうした制度改革にある。
 縁故採用で、英語能力がないことを隠すために、研究職の「名ばかり面接」を行ったとすればとんでもない話だ。かつて「でもしか先生」という言葉があった。団塊の世代が学齢に達するにつれ、教師の不足が問題になったころだ。理研は無理に組織を拡大しようとして「でもしか研究者」の巣窟になったのか…。
 1)村上哲見:「科挙の話:試験制度と文人官僚」,講談社現代新書, 1980
 2)J.ニーダム「文明の滴定:科学技術と中国の社会」,法政大学出版会, 1974

 6/6「読売」の<STAP発表「過度に注目集め不適切」…検証委>
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140605-OYT1T50152.html?from=ycont_top_txt
「STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理研・CDC(再生科学総合研究センター)の「自己点検検証委員会」が、1月の論文掲載時の報道発表に不適切な点があったとする見解をまとめていたことが分かった。論文作成の経緯などを調べた報告書案で、<社会の注目を過度に集めるような報道発表の仕方が、問題を一層複雑にした>と指摘した。新たな予算獲得につなげようとする研究者の思惑があったのでは、との見方も示した。
 1月の記者会見では、笹井芳樹副センター長と小保方晴子ユニットリーダーらが、STAP細胞の重要性を強調。英科学誌ネイチャーで掲載にこぎ着けるまで、論文の審査者からの注文に、センターをあげて対応したなどと説明した。小保方氏は「リケジョ(理系女子)の星」と注目を集め、かっぽう着姿で研究に取り組む様子も話題になった。」
 心ある人は「品のない広報だ、まるで芸能人のデビューのようだ」と思って見ていただろう。太平洋戦争について「軍部は国家そのものを博打場に賭けて負けた」と述べた司馬遼太郎風にいえば、理研はCDCそのものを大博打に賭けて敗れたといえるだろう。いかさまを見破られて立ち往生している。「A級戦犯」は誰なのか、「共同謀議」はあったのか、「東京裁判」ではないが、事件の真相を明らかにするためには、メディアがその調査報道をやらなければいけない。

 6/7「産経」は<理研の全理事に交代要求へ 改革委「自浄作用が不十分」 野依氏は除く>と報じている。http://sankei.jp.msn.com/science/news/140606/scn14060610000003-n1.htm
 11年も理事長をしている野依氏が免責されるのは、利根川進氏が理事長になったらもっと困るからか? ノーベル賞と統率能力とは関係がない。理研改革委の「改革」が必要だろう…。
 2Ch「生物板」<STAP細胞の懐疑点 PART414>(No.11, 13,15,18,102etc)>が興味深い。
 http://ai.2ch.net/life/#1
では、推薦状は書かないが口頭で売りこんだ人物、高級ホテルを定宿にして、高級ブランド品を愛用していた小保方の大金の出所についても推測が述べられていて、やはりメディアの一歩先を行っているようだ。
 大和雅之「iPSは腫瘍ができる課題が解消されていないが、STAPはできにくい」
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/140210/scn14021014270002-n1.htm
 岡野光男「iPSは遺伝子を操作するのでガン化する
 STAPは刺激だけなので安全で低コスト」
 http://www.youtube.com/watch?v=KJIbqZ6ycdU
 この人たちは「雲隠れ」しているが、どうなっているのだろう…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中国の修復腎移植】難波先... | トップ | 6月9日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

61 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-06-10 01:45:40
> 「小保方晴子氏を採用する際に、英語で実施すべき面接を日本語でやり、推薦状が1通も届いていない異例の状態だったことが4日、理研のまとめた報告書で明らかになった。当時未発表だったSTAP細胞の研究を重視した理研が、大きな実績のない小保方氏を特例とみなして採用を急いだ。通常求められるセンター内の英語による公開セミナーを小保方氏については省略。日本語で非公開の面接と質疑だけという例外的措置だった。」

の文書から、

> という報道を見ると、理研では事務職だけでなく技官(研究職)でも、「縁故採用」が普通だったとわかる。

という結論は普通導けないと思う。
どうして「例外的措置」の一例を敷衍し、『「縁故採用」が普通だった』と結論づけられるのか?

理研の研究者は数多く知っているが、多くは実績と実力でもって地位に就いている。そのことをもって見れば、「小保方さん」の事例が際立って異常に感じられる。

ところで・・・
モギ氏の特例人事擁護発言に対し、「浪速」大学のN野先生が面白いtweetをしておられた。(明示的に反論している訳ではないが、念頭に置いておられると思われる)端的にすっぱりと言い切った名文なので紹介する。
「理研に限らず、特殊な採用をした場合は、それに伴う責任が生じるのは当然だろう。責任をとらないトップダウンなどあってはならない。」
N野先生は、難波先生も紹介されていた『生命科学者の伝記を読む』などの著書があり、分かりやすく明快な文章で有名で、このtweetなどは特にさすがだ、といたく感じさせられた。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 02:46:57
小保方氏が作製したとされる凍結細胞は実は丹羽氏が作った物といわれている。故に理研はこの細胞を検証出来ないのでは?との見方も多い。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 03:03:27
N先生ご自身十年前の辛いご経験がおありですからね、色々思われることもおありでしょう。笹井さんともお知り合いですし、最初の頃の書き込みから今は随分変わられたようです。
その一例が大きい (酒井重治)
2014-06-10 03:12:13
一例があるから同じような事実があると推すのが普通。
縁故採用が疑われても仕方がないよ。
確固たる規則に従った組織なら、「一例」は皆無だ。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 03:43:19
いや、研究能力は本人と縁故のない人によって容易に客観的に査定できるものではないので、こと研究に関しては縁故採用は必ずしも悪い事ではないと思う。(論文の被引用回数やインパクトファクターによって実績を査定する事はよく行われるが、そうした評価方法の弊害はよく指摘されている。)ただ、責任を持って推薦する人がいて、責任を持って採用する人がいればの話。
縁故について (ワーキングプア(花職人))
2014-06-10 03:48:56
こんばんは。
理研の説明では、小保方氏の英語作文が優秀であった、小保方氏の面接を非公開としたのは魅力的なSTAP説が未発表であったから極秘に進めた、でした。
通常の採用試験は、ふるいが何段階も仕掛けられているのに、小保方氏は英語の公開セミナーも受けず非公開の日本語面接。非公開の面接でも英語でトークしても良かったと思いますし、通常の採用行程を小保方氏だけが免除されたというのは合点がいかないです。いくらSTAP説が魅力的であっても他にも英語能力の優れた魅力的な研究者は沢山いるはずですしね。その人達は通常の採用試験を経ていたとしたら、縁故採用は普通にあったと考えられます。
若山教授の奥様も優秀であっても通常の採用試験は受けていないと思えます。家柄や親の社会的地位は勿論、ハーバード大学に留学していたという肩書き部分だけでも縁故と言われる由縁にはなると思います。ハーバードと理研は仲良しですから。
とりあえず通常の採用試験を実施していないのは縁故採用が普通にあったと推定出来ると思います。
外部から監視する組織が必要なんですね。




Unknown (Unknown)
2014-06-10 04:05:28
花職人さんへ

小保方氏が縁故採用されたこと、は誰もが認めている事です。他の研究者についても縁故採用である、という演繹は変ですよ、という指摘がされています。

よきPIはよき研究者を育てます。そうすると、優秀な若手研究者にはよき紹介者がつくことが多いです。そうした紹介まで「縁故採用」として否定する文脈が形成されるのは望ましくない、と指摘しておきます。
菅野投手 (酒井重治)
2014-06-10 04:50:59
巨人の菅野投手も一種の縁故採用だろうか。
一茂氏も野村克也氏の息子も縁故採用だろうか。
好きにやれよ、もう。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 05:05:37
狭心症の記事、早く読みたいね。
くたばる前に (酒井重治)
2014-06-10 05:36:12
早く読みたいね。
くたばる前に。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 06:17:22
過去他にも魅力あるアイデアをもってきた研究者や英語作文が堪能な研究者は沢山いるでしょう?推薦状を持たない小保方氏は特例で英語による公開セミナーを免れたなら、理研では採用に至るまで必ずしも採用試験行程が必要ではなかったという証明、かと私は思いました。非公開でも英語面接出来るだろうに。小保方氏の提出したツギハギ英文も理研試験官は読破していたのかどうかも疑わしいです。

ちょっと自分でも判り難く短文にまとめられず長文で失礼しました。
Unknown (ワーキングプア(花職人))
2014-06-10 06:20:09
上のコメント、名前抜けました。私です。すみません。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 06:26:24
小保方氏のように、TWINSや三菱、S井氏、W山氏、N川氏、T市氏など、大物の推薦が揃っている例は滅多にないと思うけどなぁ。

著名研究者の推薦だとか、有名ラボ出身、ということで、通常審査の過程を経つつその審査に手心が加わるのはどこでもよくあることだと思います。また、大学スタッフの採用ではいわゆる「できレース」は当たり前ですよ。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 06:28:06
個人的には、團まりなさんの追悼記事の方が読みたい。かつまさんの娘さん。日本の発生生物学の草分け的存在。
Unknown (酒井氏一派)
2014-06-10 09:29:32
小保方氏を解雇すると、推薦者の顔をつぶすことになるので解雇できないのだろうが、、、

縁故採用は従来も行われてきた.しかし、これまでは、縁故採用された側が、「縁故採用だから」と言われないよう、非縁故採用者よりも、人一倍努力することもあったし、少なくとも、推薦者の顔をつぶすような行為には手を染めなかったはずだ.一茂はともかく、菅野投手は「原の甥」と言われないよう、かなりの努力をしているようにみえる.

しかし、小保方氏を見えていると、そういう気概も消えつつあるのかもしれない.仮に、小保方氏が解雇されない場合、「ゴネ徳」、「不正行為も許される」が容認され、恐るべきモンスターを生み出すことになる。科学界だけではなく、雇用や教育等、様々な分野で秩序の崩壊を来す虞がある。恐ろしいことだ.

酒井様、くれぐれもご自愛ください.くたばるにはまだ早いです.
Unknown (Unknown)
2014-06-10 10:44:24
誰が考えても裕福な方が奨学金なんて、違和感めちゃありますね。
Unknown (PEACE (animalsPEACEnet))
2014-06-10 10:52:04
山梨大学に記者会見の予定を教えてもらう予定でしたが、急遽白紙になったようです。若山さんが分析を頼んだ結果は、さらに理研が分析をすることになったとか。釈然としません。
縁故採用 (アカプア)
2014-06-10 13:59:26
小保方氏の例は、公募の大部分は出来レースという、多くの人の実感を裏付けてくれましたね。
最初から公募にしなければまだ納得できるのですが、出来レースとわかっていても毎回論文のコピーを取り、履歴書や業績書を書き、郵送代を払い、書類が返ってくるのはまだマシで(全然触った形跡もないが)、公募の2割くらいはサイレントお祈りです。
これで、学生の就活について、サイレントお祈りの企業はけしからんとよく言うよ、大学教授、と思いますわ。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 15:25:32
小保方さんは返済不要の早稲田応用化学会給付奨学金50万円を受けとる。
小保方さんは返済不要の日本学術振興会の「特別研究員」に選ばれ、毎月20万円の研究奨励金の他、年間150万円の研究費を受けとる。(2008年から3年間)
特許法 (pat女)
2014-06-10 15:42:43
「その学会が特許庁から認められた団体であれば、学会発表をやった後でも、特許申請は成立することは前に指摘した。」とありますが、長官が認定した学会云々に関する条文は2011年の改正で削除されました。ネットに本人が気まぐれに開示したとしても特許法30条第2項の「特許を受ける権利を有する者の行為に起因して第29条第1項各号のいずれかに該当するに至つた発明・・・・」によって救済されます。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 15:50:57
縁故採用がおかしくないという方がおかしい。
理研は一般企業と違ってほとんど税金で賄われている。公務員と同じ感覚が必要。公務員がそのようなことをしたら、どう思われるか。
pat女様 (Unknown)
2014-06-10 16:07:23
特許のこと、全く素人でよく分かりません。専門家の方と思いますので、申し訳有りませんが、詳しく書いて貰えませんか?
Unknown (Unknown)
2014-06-10 16:50:39
ご質問の新規性喪失の例外については、↓こちら

http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/hatumei_reigai.htm

簡単に言えば、特許出願より、学会や論文発表が先でも、しかるべき手続きを踏めば、特許が成立するということです。つまり、小保方氏のいう、特許云々のからみで、レシピは公表できないとの言い訳は、まったく根拠がないということ
pat女様 (Unknown)
2014-06-10 17:51:53
お手間を取らせて、すみませんでした。助かりました。有難うございました。
Unknown (Unknown)
2014-06-10 23:48:10
生き別れた息子・・・┐(´-`)┌
Unknown (「小保方晴子STAP細胞捏造事件」)
2014-06-11 02:18:45
「Oct4発光を確認したのは本当だがそれは幹細胞にならないものだったので、新ES細胞を混入させその細胞が胎盤にもなる万能細胞であると思い込ませようとした可能性が有る。その場合、(Oct4発光)という本当を根拠にして(幹細胞及びキメラマウス)という嘘を本当だと言い張り続けるということも考えられる。新ES細胞を用意したのは丹羽仁史だろう。だから今、丹羽仁史がやっている全行程の再現実験でも再現はできず(しかし初期工程でOct4発光は確認してるからSTAP細胞は間違いなく存在する)と 言い張る流れになりそうだ。そうなると若山照彦が解析を依頼しているキメラマウスの細胞が全ての鍵となってくる。」
「STAP細胞は本当にあるのか。論文共著者の丹羽仁史は今も(実在する)と主張する。実験では細胞を培養し、多能性の目印が細胞に現れると蛍光が出来るしくみを作っておく。論文発表後も蛍光の出現が観察されている。以前、理研に所属していた中武悠樹氏は(これだけでは多能性があるとは言えない。それを示すにはマウスを使った別の実験が必要だ。)と述べる。」

Unknown (技術開発者)
2014-06-11 12:27:35
縁故採用を排除する理屈と税金という考え方をあまりリンクさせるのはどうかと思います。まあ、税金における応能負担の意識があれば、それでもかまいませんが、今の日本は応益負担の意識が強いですからね。
例えば、どこかの地方の町においてある一族の会社が最も主要な産業であり、その町の税収もその一族の経営する事業に関係するものの比率が非常に大きかったとしたときに、その町の役場の職員、つまり地方公務員になりますが、を採用するにあたって、「税金を沢山納めている人の関係者から」みたいな話を排除しにくくなる可能性がありますからね。
むしろ、難波先生がおっしゃっているように、「縁故採用はその組織の能力の低下をもたらす」ことをきちんと考えるべきだと思います。科挙の例を挙げておられますが、中国で科挙が成立するのは隋の時代です。漢の時代などには科挙は無いわけですね。漢の時代の列伝などには、宦官でいろいろ功績を残した人が出てきます。なぜ宦官かというと、縁故の無い者が宮廷内に入る方法として宦官となるしか他に方法が無かったからです。漢も末期になるとそのような宦官が養子を得て家を興すことが認められ、宦官の養子になるという登用ルートができます。三国志で有名な曹操などはこの宦官の養子の子です。
Unknown (Unknown)
2014-06-11 12:34:13
それもウイキペデイアに書いてありますか?7052
Unknown (Unknown)
2014-06-11 20:28:17
笹井氏と小保方さん、研究費6億円の使い途?
Unknown (Unknown)
2014-06-11 20:38:22
世に倦む日日
今日も、小保方問題を、幸福の科学大学-下村博文の線で扱っている。読めるのは期間限定↓

http://critic20.exblog.jp/22219181

明後日6/13には、小保方氏の守護霊のインタビュー本に続き、何と、「下村博文守護霊インタビュー」なる本が出版されるらしいとのこと
決定的な証拠 (SF物理マニア)
2014-06-11 21:19:13
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140611/k10015134871000.html
STAP細胞 遺伝子データに説明と矛盾する点
このニュースは、素人でもわかりやすく決定的だと思います。もはや再現検証は不要であり、裁定をすべき時だと思います。
Unknown (Unknown)
2014-06-11 21:48:31
8番染色体トリソミーとは!しかも、東大のグループも、遠藤氏とはインディペンデントに同じ分析結果を得ているとは!

これについて、小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人を務める三木秀夫弁護士は「正確な情報を把握していないのでコメントできない」と話しています。


旗色が悪い時はいつもこの反論ですね、三木弁護士は
明日記者会見 (Unknown)
2014-06-11 22:39:48
理研が明日記者会見をするようです。竹市氏らが出席するようだ

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140611/scn14061120550006-n1.htm
Unknown (Unknown)
2014-06-11 23:38:35
(世に倦む日々)という書き込みがあったので調べてみました。
凄く素敵な男性がツイッターに出て居たので凄く良いイメージがありましたが、本人の写真をみてがっかりしました。よくある話ですが、小保方さんみたいに、画像のお直しは辞めて下さい。
Unknown (Unknown)
2014-06-11 23:54:15
12日に外部有識者による改革委員会が会見をするから、それへの布石か。
ネットではラボチェアーの値段とか、小保方さんには裏金作りは出来ないから笹井さんがやったのか、でも笹井さんなら足のつくことしてないだろうとか、賑やかだ。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 00:04:41
週刊文春も19日号、[12日発売〕で、若山氏の告白記事をのせる。全て出来レース。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 00:29:52
山梨大学が会見取り止めたのはこの為か。週刊紙を使って先に世論を小保方、笹井に向けるように。結局、ウチゲバ、あほくさ。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 00:43:43
この人達ほんと科学者か?
坊主憎けりゃじゃないけど、お互いのあら捜し。いかに相手がひどい奴ったって暴露合戦して、じぶんが誉められるとでも思ってんのかね。情けないね。
Unknown (とうりすがりの者ですが)
2014-06-12 01:32:15
あの、話題にのぼらないのでよく分からないんですけど、理研の外部評価委員会委員長のオースティン・スミス氏はどうなんでしょうね?前に朝日新聞にnature から論文の解説の執筆を依頼されたという記事があったと思うんですけど。この人理研からいい待遇受けてますよね。そういう人がいいのかなって、COI の関係で思ったんですけど。nature も理研から広告費沢山もらってるようですし。何か嫌ですよね。皆当事者なのに、他人の批判ばかりして、責任逃れでしょうかね。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 05:26:50
なんで若山さんはこんなことするんだろう。がっかりだ。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 05:36:33
前にこのブログの書き込みに、何故若山さんは会見しないのか?という人に、若山さんは日本のマスコミを信じていないからだ、と書き込んだひとがいたけど、大間違い、週刊紙大好きだった。
アカプア2号 (Unknown)
2014-06-12 06:11:44
オースティンスミス氏はもう不正疑惑が出てきた頃だったと思いますが、スタップ細胞を高く評価していました。日本に来るときは勿論ファーストクラスです。他にも外部評価委員会の人何人かいますね。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 06:33:03
いよいよワールドカップ明日開幕!理研が待ちに待った!
Unknown (Unknown)
2014-06-12 06:53:26
若山さんの告白載ってるの(文春)ですね。この雑誌最近立花何とかって人に可笑しな小保方擁護させてたから、名誉挽回ですか。レベル低いけど。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 10:01:00
あらら。。。
竹市氏と笹井氏がクビになるそうです…
今日午後発表か?!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140611-00050227-yom-sci
共同通信配信 (Unknown)
2014-06-12 10:21:04
"A source familiar with the situation said Riken, aware of the
unpublished STAP research, may have been motivated to fast track
the hiring of Obokata in the hope of attaining credit as an achievement
at the instituted despite Obokata's lack of major research experience."
Unknown (Unknown)
2014-06-12 10:27:47
この1件で、竹市氏がカドヘリンでノーベル賞を取る可能性がなくなってしまうのだろうか?だとしたら気の毒だし、日本の大きな損失だ。

功を焦った理研やCDB幹部も悪いが、不良ドクターを濫造してきた早稲田の罪は極めて重い。
往生際の悪い人々 (Unknown)
2014-06-12 10:35:06
責任者としての処分は当然。しかし、論文不正は未だ解明されておらず、実験の捏造もきちんと解明されなければいけない。
早稲田、バカンテイラボ、共著者の責任は言わずもがなである。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 10:36:37
ノーベル賞はモンドセレクション金賞以下です。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 10:57:20
理研CDB を残さなければならない、という人達の声は眉に一杯唾つけて聞かなければいけないときがある。
ベル研の話もしかり。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 11:35:05
丹羽氏は、4月7日の会見で、小保方晴子ユニットリーダーが調査委員会に対し、”細胞の発見自体が捏造と誤解されかねない”と反論していることについて、”気持ちは分かる”と述べた。
3月5日に発表したSTAP細胞の詳細な作製法では、丹羽氏が責任著者となっている。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 11:35:12
高橋政代先生の研究ですね。まあ、CiRAでやればいいだけで。
教えてpat女さん (Unknown)
2014-06-12 12:28:46
論文捏造も問題だけど、特許の捏造は結構重い罪と聞いたことがあります。今回はどうなんでしょうか?
Unknown (Unknown)
2014-06-12 15:13:02
いまだに「永久機関を発明した」と信じ込んで、永久機関の特許を出願する人が後を絶たないと聞きますから、まあ、怪しげな特許出願は結構あります。捏造とまではいかなくても、多少、風呂敷を広げて脚色して特許出願するのは普通です。

しかし、特許は成立する前に厳しい審査を受け、以前に誰かが研究した内容と同じであったり、ちょっと改良しただけのものは、特許を取れません。そして、実際に作れない場合も、特許を取れません。むろん、永久機関は、自然法則に反するので、日本やアメリカでは特許を取れません。STAPLE細胞も、作製できないことが世に知られてしまっているので、特許が成立する可能性が低いと思います。万が一、何かの手違いで特許が成立したとしても、誰かが即座に特許を無効にする手続きを取るはずです。STAP細胞はできないことが判明しているし、有力な証拠もたくさん上がっているので、特許がすぐに無効にされるでしょう。

Unknown (Unknown)
2014-06-12 17:47:43
特許出願時の論文に捏造が有った場合、それだけで罪に問われると読んだ記憶があったのですが?
Unknown (Unknown)
2014-06-12 18:18:36
捏造データで不正に特許を取得した場合、特許詐欺罪で立件できます。が、特許もまだ成立していませんし、審査で拒絶されることが予想され、特許成立の可能性は低いので、同罪での立件はできないでしょう。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 19:21:23
どなたか分かりませんが、ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 19:50:08
理研は過去にも捏造問題があった。スーパーコンピューター開発にからむ利権の話もあった。天下りを受け入れ、随意契約やりたい放題。国民の血税等微塵にも思わない傲慢さ、もういらない。
Unknown (Unknown)
2014-06-12 21:46:30
STAP細胞の作製成功を証明するには、
1.Oct4-GFPの発現
2.テラトーマの生成
3.キメラマウスの生成
の3つの必要十分条件を満たせばよい。



1.については遺伝子操作されたマウスの体細胞を酸に晒す結果として一部の細胞が光り出すものだが、死にかけの細胞の自然発光である場合も含まれてしまう可能性がある

2.については博士論文で用いた画像を転用

3.については若山教授にSTAP細胞ではなく、ES細胞等の別の細胞を提供し、これによって、キメラマウスの生成を可能とさせた

と推察すれば、これは前代未聞の主権者国民を冒涜する悪質な捏造である。
我々の血税を何だと思っているのだ。
国民は、関係者に損害賠償を請求すべきだ。

若山教授は早く記者会見をして、小保方氏から「STAP細胞である」として受け取った細胞が由来するマウスが、小保方氏が使用したSTAP細胞作製のためのマウスであるのかどうかを早急に明らかにする必要がある。
記者会見も開かず明らかにしようとしないなら、まともな倫理観を持った科学者とはいえないな。

もし3.ついてES細胞等の別の細胞を提供していたことが事実となれば、史上最大の大捏造事件だ。メディアは史上最大の大捏造事件が起きた背景の核心に迫るべきだ。

阿部総理の理研視察訪問
阿部総理のTwinnsの視察訪問
アベノミクスの再生医療検討委員会の座長
文部大臣の言動
東京女子医科大学
早稲田理工応用科学
セルシードが新株予約権
奨学金選考委員会
留学選考委員会
などキーワードはたくさんあるようだ。

Unknown (Unknown)
2014-06-15 18:43:35
難波先生
そろそろ2ちゃんの戯言を頭から全部信じるのはやめたほうがいいと思います
Unknown (Unknown)
2014-06-16 06:13:48
少なくとも、理研よりは信じられます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL