ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

4-30-2014鹿鳴荘便り/難波先生より

2014-04-30 13:17:39 | 難波紘二先生
 「武田ブログ」の閲覧者が170万人を超え、訪問者も45万人を超えたようだ。これはSTAP騒動のせいだが、もともとは「修復腎移植」や「糖質制限食」(糖尿病から腎不全になり、人工透析になる人が日本では年間1万5000人もいて、透析導入原因の第1位を占める。糖質制限食が重要なわけはここにある。)に対する関心と理解を持ってもらうために、あえて火中の栗を拾う行動を起こしたのだが、所期の目的は達したようだ。


 ただ私の方は精神的な後遺症(燃え尽き症候群)とメディアの取材持続という後遺症がまだ若干ある。上先生あたりはもっと大変だろう。お見舞い申し上げます。
 2Chを見ると、次にやり玉に挙げられる候補に、上昌広、難波紘二が挙がっているので、山中伸弥氏のようなガードが必要だろうと思う。
 GOOGLEで検索すると上先生は7万件、私も2万件ヒットする。かの有名なリチャード・ドーキンスが自分のヒット数を1万件と何かの本に書いていたのを思うと、大変な数だ。「出る杭は打たれる」のが日本社会の特徴だから、自戒する必要がある。


 上先生は93年東大医卒の血液内科医で、医療ガバナンスの領域に転じられた。お会いしたことはないが、血液病理と同じように血液内科は、血液が全身を巡る以上、あらゆる病気に基本的知識をもっていないといけない。そういう点もあり、今回多くの専門家が初期にはコメントをためらったのに対して、早くからSTAP細胞論文の矛盾点に気づかれたのだろうと推測する。
 東京に人間は多いが人は少ない。


 TVで拝見した上先生はすこし体脂肪が増えられたように思う。糖質制限食をし、酒を甲類焼酎に変えると、確実に1ヶ月で体重が10%減少するので、一度トライされたらよいな、と思ったことだ…


 「公益社団法人・生命科学振興会」(理事長:渡邊昌=前国立健康栄養研究所理事長)の会報「ライフサイエンス」57号をお送り頂いた。メルマガに掲載した日本海の名称の由来についての拙論考が「日本海はだれが命名したか」と題して、31頁にわたり掲載されている。こうしてまとまったものを見ると、ずいぶんの量の原稿を書いたものだと思う。岩波ブックレット1冊分ほどもあろうか。
 この号は価格900円で別売してくれるので、ご興味ある人は下記にご連絡を。
 別刷制ではないのに、私のところには1冊しかなく、お配りできない。
 東京農業大学出版会
 TEL 03-5477-2666, FAX 03-5477-2747
 メール:shuppan@nodai.ac.jp


 渡邊氏は慶応大医学部卒で、大学院時代からの友人だ。メールによると、今回会長に武見太郎の息子で、参議院議員(自民党)の武見敬三氏が同会の会長に就任したそうだ。http://ja.wikipedia.org/wiki/武見敬三
 今回の拙論考も読んでもらえたそうで、今後「修復腎移植」についての理解も進むと思われる。日野原重明先生もこの会の理事をしておられる。


 腎移植移植の「先進医療」再申請の件は、3月の公判の際に徳洲会の幹部から「小川論文が完成したら再申請する」というアナウンスがあったのを勘違いしていた。
 肝心の小川論文は小川由英先生が超多忙のため、執筆作業が遅れており、完成は早くて連休後だろう。その頃にはSTAP騒動も一段落して、メディアにも修復腎移植にまた関心を持ってもらえる状況が生まれるだろうと期待している。
 今回の騒動で、万波バッシングの検証や日本の透析医療の問題に取り組みたいという、良心的ジャーナリストに巡り会えたのが、大きな収穫だ。


 今回のメルマガは話題が多岐にわたりました。
1.訂正 =馬屋原先生についての前号の間違いを訂正しました。
2.報道検証2 =ネイチャー誌の編集方針変更を取り上げました。
3.徘徊老人=ボケ老人対策の今昔について
4.渡航心移植=臓器売買と遺伝性疾患の移植治療について、
5.濡れ衣=山中伸弥の記者会見について
6.遺跡捏造との類似性=大阪では「関係ない」とプレゼンを遮られましたが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月29日(火)のつぶやき | トップ | 【馬屋原氏訂正】難波先生より »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
学会誌と商業誌 (Unknown)
2014-05-01 13:25:54
nature誌に理研から広告費がでているときいて合点がいった。あのような内容以前に問題がある論文が掲載された訳が。歴史のある雑誌も所詮利益をあげなければ続けられない。
再生医療とお金 (Unknown)
2014-05-01 13:32:07
再生医療がお金になると、色んな業界が産学連携の名のもとに医療業界に入りこんでいる。医学研究はお金がかかり初期投資がなかなか回収出来ず経常利益がマイナスの会社も沢山あるようだ。
風評と株価 (Unknown)
2014-05-01 13:36:27
そういう会社はたいてい何か花火のような物を打ち上げ株価をつり上げ売り抜けて利益をえる。しかし本来の営業利益はマイナスだから早晩消えテイクのかも知れない。
研究データ (Unknown)
2014-05-01 13:41:27
スタップに戻れば、小保方さんは理研の職員で理研から研究費が出ている以上えられた研究データは理研に提出しなければならない。彼女がそうしないのは何故か。提出したくても出来ないのではないか。
研究ノート (Unknown)
2014-05-01 13:47:23
つまり多くの研究者が指摘するように彼女もはほとんど実験をしていなかったのではないか。理研に提出されたノートが二冊しかも実験ノートの体をなしていなかったといわれるのも納得できる。
切り貼り (Unknown)
2014-05-01 13:52:35
彼女の論文が色んなところからの切り貼りなのは何とかデータを集めねばならず結果多くの研究者たちが疑念を抱く原因となった。では何故そうしなければならなかったのか。
ノーベル賞 (Unknown)
2014-05-01 14:00:30
1月末のスタップ細胞natureに載ると理研で華々しくプレスリリースが行われた。ノーベル賞間違いないと沸き立った。しかし、きちんと物を考える事が出来れば、natureに載ったからと何で、と考えただろう。
マスコミの科学部の残念さ (Unknown)
2014-05-01 14:06:06
natureに載ることは研究者にとって栄誉なことではあるがそのうち残る論文は幾ばくか研究者なら知っている。しかし残念ながら日本のマスコミの科学部に属する人たちは非常に不勉強である。
笹井さんの嘘 (Unknown)
2014-05-01 14:11:48
例え専門知識がなくとも例えばnatureを読む位のどりょくはしてほしい。そうすれば笹井さんの会見で私は実験には加わっていないという発言が嘘だと分かる。論文には、実験者小保方、若山、笹井とある。
笹井さんという人 (Unknown)
2014-05-01 14:20:19
当たり前の事だけど自分の研究成果を発表するとき、スタップ細胞はips細胞より素晴らしいなどと、これからはスタップの時代だなどと自らは言わない。しかも間違ったデータを自ら作りくばる。
大和氏の責任 (Unknown)
2014-05-01 14:26:25
早稲田先端研の大和氏は今回の論文の共著者であり小保方さんの学生時代の師である。本来ならば小保方さんより先に謝罪すべき人物である。しかるに大和氏は体調不良で入院中という。
大和氏の説明責任 (Unknown)
2014-05-01 14:31:19
しかし驚くべきことに大和氏は4月から先端研の所長に昇格されておりました。愛弟子が世間の非難を浴びているなかマスコミからは姿を消し、しっかりセンター長になっていらっしゃいました。
セルシート (Unknown)
2014-05-01 14:51:44
岡野光夫氏もまた小保方さんの学生時代の師であり、大和氏も加え仲良く論文を書いている。タイトルがすごい。cell sheet。そのものズバリ。岡野氏は現在もセルシートという会社の株主であり取締役である。
conflict of interest (Unknown)
2014-05-01 20:18:20
論文を書くときにはC.O.lを表記しなければならない。その論文により著者らに利益をもたらすことがあれば、表記しなければならない。大和氏、岡野氏、それ以外の方々にも疑惑が。
再生医療で成長を (Unknown)
2014-05-01 20:28:41
安倍首相の成長戦略あべのはるかす、いやあべのみくすとやらに再生医療が。座長岡野光夫U+26A1因みに、岡野氏は2011年cellseatというセルシートを誉めまくる論文に、
c.o.l.が書かれていないとか。
横山広美というひと (Unknown)
2014-05-01 20:38:28
今年2月5日早稲田でセミナーが。横山広美東京大学准教授が、早稲田大学の基礎工学の教育の素晴らしさを、絶賛。ちなみに横山氏は東京理科大卒。神戸の小保方さんもテレビ電話出演。とか、
肩書き (よのなかさん)
2014-05-03 07:36:14
武田さんという中部大学の教授について調べて見た。彼は特任教授。ふつうは大学かスポンサーがある特定の研究をさせるために特別に設けた部署。怪しい特任も多くいるが彼もその一人であろう。
エアラボ (よのなかさん)
2014-05-03 07:41:39
まず研究室とは名ばかりで秘書どころか研究スタッフも誰一人いない、全くのエア研究室である。彼の大学のホームページを見るとよく分かるが一応研究テーマは書いてあるがその他は何も書いていない。
肩書き (よのなかさん)
2014-05-03 07:47:18
彼の場合は色々な企業や大学を渡りあるき残念なことに名誉教授になれなかった。つまり肩書きが欲しかったのである。ただの武田邦彦より大学教授武田邦彦でありたいだけなのだ。
名ばかり教授 (よのなかさん)
2014-05-03 07:54:37
大学も宣伝になるから彼を利用し彼もまた大学教授という肩書をもらいもちつ持たれつ。研究室のスポンサーは彼自身であろう。大学も損はしないし彼もとくをする。つまり自分の利益のために教授という肩書きにしがみついている。
マスコミ受け (よのなかさん)
2014-05-03 08:03:45
試しに彼に聞いてみるがいい。大学で何を教えているか何を研究しているか。何の根拠もない世間受けする発言をし色々話していれば一つか二つは当たることもある。テレビも都合よく使う。テレビ芸者というのはこういう人の子とだろうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL