ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【不思議な弁明】難波先生より

2014-03-17 14:00:18 | 難波紘二先生
【不思議な弁明】
 1)「学位論文は下書きだった」(だから本文や引用文献にコピペがある)=WSJへのメールでの説明。
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304730304579438263049340856.html
 早稲田大図書館には、この学位論文が本体と「概要」の2種保管されている。PDFで本来は学外にも公開されているが、目下のところ「館内閲覧のみ」という制限が加えられている。
http://wine.wul.waseda.ac.jp/search~S12*jpn?/aobokata%2C+haruko/aobokata+haruko/-3%2C-1%2C0%2CB/frameset&FF=aobokata+haruko&1%2C1%2C
 国会図書館にも同じものがあるはずだが、調べていない。(電子化作業が遅れているようだ。)
 11JIGENさんのブログで一部を見ることが出来る。
 http://stapcells.up.seesaa.net/image/Background.pdf
 ここには黒表紙に金文字で、論文タイトルが書かれており、学位記番号、文科省への報告番号(「甲」というのは、博士課程終了時に与えられるもので、「乙」は論文博士)などを記入した大学のラベルが貼られている。
 「2010」というのは学位授与年度だと思われるが、表紙本体には「2011年2月」と書いてある。恐らく「図書館保存用」に製本した最終版が提出されたのが、2011年2月で学位の授与は、2010年度として行われたという意味だろう。
 小保方の大学院博士課程修了は2011/3である。
 http://stapcells.up.seesaa.net/image/CurriculumVitae.pdf
 日本学術振興会は、昔は大学院生を「特別研究員」にすることなどなかったが、今はポリシーが変わったようだ。
 http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/shinsei/H26_DC.pdf
 2008/4~2011/3まで3年間、「特別研究費」を受給している。

 というわけで、今流布している「学位論文」の中身はこの正規の黒表紙本のPDFだから、「下書きだ」という弁明は通らないように思う。
その後、<理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーが、2011年に博士号を取得した早稲田大の博士論文を取り下げる意向を、関係者にメールで伝えていたことが分かった。>と毎日が報じた。
 http://mainichi.jp/select/news/20140316k0000m040030000c.html
 この件で、早大がどう出るのかわからにないが、本当に実力があれば博士号など関係がない。肥満細胞が骨髄由来であることを発見したKY氏は全共闘世代で「博士号ボイコット」を貫いたが、阪大医学部病理学教授になり、日本病理学会の会長も勤めた。
 ただ、「下書きだ」と弁明していて、今度は「取り下げ」というのは筋が通らない。「学位剥脱」という処分を免れるためだった、それを許してはいけない。今回の事件は日本科学史に残る重大事件であり、第三者の検証及び後世への貴重な資料として学位論文は「公文書」扱いにして、永久保存すべきだろう。

 2)「(画像の切り貼りを)やってはいけないという認識がなかった」=3/14理研調査の中間発表で石井委員が小保方の弁明を説明。これは博士論文の別実験の画像がネイチャー論文に切り貼りされ、違う実験のものと説明されている点について、記者の質問に石井委員が小保方の返事を伝えたもの。
 別の実験の写真を切り貼りして、やっていない実験をやったように見せたのなら、立派な「捏造」だが、理研調査委員はそう考えないようだ。
 学位論文第1章「序論」に、NIHの広報資料から約20頁が盗用されている点については、WSJの質問に対して「下書きだった」とメールで答えている。
 こういう不思議な弁明は、苦し紛れに口をついて出るので、そのうち本人記者会見があれば、またすっかり変わるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【伊予灘地震】難波先生より | トップ | 【英語力】難波先生より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL