ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【Nスペ「STAP事件」を見て】難波先生より

2014-07-29 09:20:37 | 難波紘二先生
【Nスペ「STAP事件」を見て】
 9:50に番組が終わってすぐに2Chを見に行くと、すでに盛んに意見表明が行われていた。すでにスレッドNo.が570を突破していた。57万件以上の書き込みだ。
975 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:52:57.06 .net
Nスペは一般人向けだからあんなものだろう。放送時間も限られてるし。

977 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:02.25 .net
一般人むけのSTAP疑惑の理由の総集編だから。
遺伝子解析はNHKの仕事ではないから、あとは科学研究機関の協力で解明して。

978 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:08.26 .net
笹井がオボと、どんな感じでメールのやりとりしていたかがわかったわ。
あの体たらくじゃあ、オボの不正を見抜くのは無理だわな。
979 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:09.22 .net
今日のNスペのまとめ:
笹井VS.分生&NHK
小保方VS.若山&NHK
の図式。
関係者への取材は若山と笹井(メールだけ)のみ
980 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:09.48 .net
>>961
留学生はCDB年鑑にも毎年出てたな
小島は、なまらんだろ

981 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:18.42 .net
>>963
一般視聴者にはちょうどいい
赤で見せたほうが多さが分かるw
982 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:22.00 .net
いやあNHKの最高の仕事の一つに数えられるわ
わかりやすかったし
983 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:27.51 .net
関係ない板の人の実況率多くて視聴率良さそうだから、まさかの三時間SPあるかもしれんぞw
984 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:29.47 .net
素人としてはNHKよくやったと思うが
専門的にはどうなんや?
985 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:53:29.52 .net
これだけの情報量を一般人にも分かり易く、
50分にまとめるんだから、ある程度の情報切り落としは仕方ない。
いや、でも凄かった。

 辛口が多い2チャンネラーの意見にしては意外に好評だ。私も80点を出したい。減点理由は後述する。これまでのNHKによるSTAP細胞報道のうちで、最良の番組だと思う。
 減点理由:
 ①:若山が小保方から渡されたSTAP幹細胞を用いて「緑色に光るマウス胎児」の作成に始めて成功した日のことが、小保方の実験ノートに記載されていない点=掘り下げ不十分
 ②理研の遠藤高帆研究員の解析により、「マクロシンGFP遺伝子」を組み込んだES細胞が若山研究室にあり、小保方が渡したSTAP細胞株からこの遺伝子が検出され、同時に小保方研究室になぜかこのES細胞株が冷凍保存されていこと=実態は「窃盗」で、これも掘り下げ不十分
 理研の締め付けを無視して、遠藤氏はリスクを冒して顔をさらしたのだから、そのリスクを無にしてはいけない。
 ③この件に関しては帰国した中国人留学生がからんでいるが、電話音声のみで、本人の画像取材がなく、どこの誰でとも、中国人だとも明らかにしていない点。NHKに取材費がないわけでないだろう。小保方をバイクで追っかけるくらいなら、こっちを追っかけるべき。=大幅減点
 ④21:32放映開始の「TCR遺伝子再構成」の問題:阪大仲野徹教授の「「こんなところで嘘ついて論文書いたら、過去の業績までダメになる。知っていてそんなことするやろか」というコメント。掘り下げ不十分。
 笹井はTCR遺伝子を指紋に例えて理研広報では説明しており、他方でNHKの取材を拒否して、メールで「TCR遺伝子再構成だけで初期化を証明する内容の論文にはなっていない」と回答している。
 つまりできたキメラマウスにTCR遺伝子再構成がない(ES細胞由来だから当然だ)ことを知り、あたかもSTAP細胞が初期化してキメラマウスができたように見せかけるために、論文では「キメラマウスのTCR遺伝子再構成は調べた」とのみ書き、再構成があったともなかったとも書かなかった理由が明白だ。
 「分化した体細胞がリセットされて胚細胞と等価の細胞になる」というデータの証明には、TCR遺伝子の再構成がキメラマウスで検出できることが絶対に不可欠である。
 仲野教授は大阪人だから、自分の損になることは言わない。他の若い人に言わすべきだった。減点。
 ⑤理研に提出された笹井と小保方のメール交信記録:二人の関係についてはこれまで2Chで、「僕は小保方さんのケビン・コスナーになる」という発言が投稿され、二人の間が単なる研究者以上のものだという噂が飛びかっていた。品がないので、私は一度もとりあげなかったが、メールのやりとりでピンときた視聴者も多いだろう。2Ch情報が本当であったことを納得させてくれたことで、大幅に加点する。

<1007 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 21:54:44.96 .net
笹井氏: 東京はまだ寒々としています。小保方さんはお元気にされているでしょうか。
  フィギュアーの作製をお願いしたいと考えています。
  今度会える日を楽しみに考えています。
小保方氏: また笹井先生を頼りに訪ねていくことになると思います。>
 「寝物語」を英語でピロウ・トークというが、笹井はこれで小保方のためなら、心中しても良いと思ったのであろう。

<608 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 22:51:02.25 .net
あのメールは恥ずかしいなあ
あれ出されるのはさすがにかわいそうって同情しちゃうw
しかもあそこだけ丁寧に声優まで変えてw >
 という意見もある。
 小保方と笹井は取材拒否により自己弁明の機会を自ら放棄した。
 以上減点各3点、大幅減点10点、大幅加点10点で、合計91点となる。
 
 予想外に出来の良い番組で、続編の要望や再放送希望が寄せられると思う。公共放送だからNHK頑張れとエールを送る。以下のような意見もある。
<789 :名無しゲノムのクローンさん:2014/07/27(日) 23:12:50.88 .net
ここの擁護派の書き込みを見ればいかにNスぺが破壊力あったかわかるw >
 安倍首相の「政治任用」である籾井会長が激怒するかも知れないが、そんなものは無視すればよい。
 まあ、理研はこれ以上「もみ消し工作」は無理だろう。河合なんてCDB存続を謀る変な「学術担当理事」は即刻辞任、「再現実験」なる引き伸ばし策も即刻中止すべきだ。

 これで一般の人にもSTAP事件の本質がわかったと私は思うが、皆さんはいかがお考えでしょうか。
 後は第二の小保方、笹井の出現を阻止するために、やはりORIが必要だという議論になってほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月28日(月)のつぶやき | トップ | 【親族と血縁】難波先生より »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お天道様はお見透し! (老嬢)
2014-07-29 14:05:42
うちのおばあちゃんもゆうてはりました。

 ”嘘ついたら、針1000本飲むんやで~”
 ”嘘ついたら、えんまさんに舌ぬかれるで!”
 ”嘘ついたら、1000匹のネズミにかまれるで~~”

 “あ~~~こわあ~~~!”

 "お天道さんは何でもお見透しやから、嘘ついたらあかんでえ”
 ”は~~~~~い”
Unknown (いやはや・・・)
2014-07-29 16:26:57
難波先生

毎回楽しく拝読させていただいております。
下のサイトは既にご覧になりましたか?
ORIの本家にしても金にまつわる悩みが多いようで、
ようで、所詮は研究者本人が誠実であれ、全てはブーメランのように己に還るのだと。
しかし世界の(?)理研も地に堕ちましたね。

http://blog.pubpeer.com/?p=164


もの足りない (アノニマス)
2014-07-29 20:03:45
昨日のNスペは、難波先生のご指摘のように、突っ込み不足もありますし、私が一番知りたかったことに全く触れられていなかったので、ちょっと不満でした。もっとも、これは、NHKのせいというよりは、取材を拒否して説明責任を果たそうとしない当事者の責任でしょうが。
私が知りたかったのは、STAP細胞の研究と論文作成に共著者たちがどう関わってていたかということです。
というのは、笹井氏は4/16の会見で論文を仕上げる最後の2ヶ月だけ関わったと弁明していましたが、Nature論文の著者のところでは、コレスポンディングオーサーになっているし、実験のデザインや構成をした、実験もしたと書かれているからです。もし、4/16の弁明が正しいなら、これはギフトオーサーシップという不正ではないかと指摘されています。
ここからは、私の推測ですが、論文にあるとおり、このSTAP細胞の実験のシナリオを書いたのは笹井氏だと思われるのです。小保方氏を理研に入社させるとき、細胞の多能性を確かめるために若山氏の技術を必要としていたので、若山氏に話があった訳ですが、そのの若山氏は、招聘研究員という立場で、一存で決めることができなかったと思います。実際、若山氏は理研と相談して小保方氏を引き取ったと述べています。そして、若山研でも小保方氏は一室を与えられてひとりで研究していたとそうですが、小保方氏にそういう待遇を与えられるのは、やはりそれなりの権限のある人だと思います。また、若山研での検討会でも小保方氏はほとんど話さなかったという話もあります。笹井氏の関与は、小保方氏をULに採用するときからにスポットが当たっていますが、もっと早い時期から笹井氏の囲いこみが始まっていたと考えてもおかしくないと思います。だとすると、笹井氏と若山氏の理研内の力関係からして、若山氏は、ひたすらキメラマウスを作る役割を振られたものだと思います。もちろん、だからと言って若山氏の論文共著者としての責任はなくなりませんが、ここがわからないと、事件の全体の構図が見えてこないと思うのです。
これが私が一番知りたいポイントだったのです。
脱線です (アノニマス)
2014-07-29 22:46:51
小保方氏の弁護士について、ずっと違和感があります。
小保方氏は、弁護士をとおして、しばしばコメントをしていますが、それが弁明になるどころか、かえって疑惑を深めたり、墓穴を掘ったりしているのだから、弁護士は何をやっているのかと思ってしまうのです。
例えば、あの夏休みの朝顔の観察日記かと言われた実験ノートの公開なんて、論文どころか研究そのものへの疑惑を決定付けてしまいました。
レター論文のSTAP細胞で作ったマウスとES細胞で作ったマウスの画像が同じ胎仔の画像だと指摘されたときは、「それは若山先生が担当したところだから、解らない。」と言っていたけど、若山氏から実験のデータ受け取って、画像を選んで論文に載せたのはあなたでしょ!とぼけてるとまた印象を悪くしてしまいました。こんなコメント本人が言ったとしても、イチイチ弁護士が発表しますかねぇ?
そして今回。
そりゃあ小保方氏が長時間追い回されてケガをしたというのは、NHKも強引すぎたと思うけど、文書での取材も断ったと言い、直接取材も逃げ回って、挙げ句に「小保方氏に批判的な学者ばかり集めて、一方的で偏向してて見るに堪えない。集団リンチだ。」ってよく言えるなと呆れてしまいました。4/9の会見の時から、ずっと弁明の機会が足りなかったと本人も弁護士も不服を言っているんだから、この際、取材をを受けて言いたいだけ言えばよかっただけでしょ。皆も、それを期待してたと思いますよ。
それに、今や科学者全体に大迷惑をかけているのに、そんな気持ちはゼロで、小保方氏を擁護する学者なんて皆無だという現実が、解ってないのかしら?この弁護士大丈夫?
Re:脱線です (bplusex)
2014-07-30 02:35:16
あの弁護士はそれほど有能ではない。守備範囲的に向いていない、といったほうが良いのかも。

ただ、それ以上に、依頼人が代理人を立てていながら実に自分勝手に動いていて、代理人としても統制が取れない状況になっていることについては少し同情もするけど。まぁ、それなら降りりゃいいのにそうしないということは、それでも報酬面等ではおいしい仕事なのだろうな。


それから、難波先生へ

>まあ、理研はこれ以上「もみ消し工作」は無理だろう。河合なんてCDB存続を謀る変な「学術担当理事」は即刻辞任、「再現実験」なる引き伸ばし策も即刻中止すべきだ。

理研はそれでもやりますよ。自分では変われない組織ですし、理研の上(国)も変化をを要求するわけでもありませんし。
となれば自分らの都合だけでやるだけで、自ら変わる理由がありません。
粘り強く (からしだね)
2014-07-30 08:45:15
いつも難波先生のブログ(特にSTAP関連)を興味深く読ませていただいております。疑惑が生じてからの理研や早稲田関係者の対応にはがっかりさせられてばかりですが、難波先生のブログを読むことで元気をいただいております。
この問題が起こってしまった背景には長年の積み重ねがあるのでしょうから、状況を変えていくのも一朝一夕では出来ないと思います。おかしなことはおかしい、と、粘り強くNOを言い続けなければならないと思います。一人一人はたとえ小さな力でも、「続けること」はやがて大きな力になると思うのです。先生のブログとともにほかの方々のコメントを読むことが、今の私の力になっています。
ですから、・・・「STAP報道検証」も切りのよい20回で打ち止めとしたい。・・・と仰らずに、機会あるごとにこの問題に対して難波先生に発信していただけたらと思います。よろしくお願いしたします。
Unknown (FBI)
2014-07-30 12:00:11
君は、あいかわらずつまらぬことを続けていますねぇ~
よほど暇なんでしょうが、当事者でもない君が、
次々出される真偽のわからぬ情報に
いちいち反応しては推測を書き込んでるさまは、
まるでミーハーな子供みたいですよ。わっははははは~
我々にはとても恥ずかしくて君のマネは出来ませんね。
チーム力 (酒井重治)
2014-07-30 12:37:12
STAPのチームには結束力が希薄というか、同じ目標に向かって追及していくための議論とかをせずに、論文発表したもんだから、崩壊後の立て直しができない。
部外者で生物学的ど素人の私でさえ、小保方氏の言動を報道で観ているだけで人格否定せざるを得ないくらい、STAPがインチキだったと判るのに、多くの専門家はハッキリと断罪しないのは、やはり日本の生物科学が低レベルだからだろう。
あまり外国と比較したくはないが、STAPの存在有無を未だに検証しようとする国家は無いと思うが。
世界から笑われても実証研究する機関と、それを擁護する著名人の多さは、同性婚を認める欧州の基地外沙汰に匹敵する。
それさえも真似をしかねない日本だ。
日本もおかしいし世界もおかしい。こんな世の中は壊滅すべきなのだ。
おや (とおりすがり)
2014-07-30 16:47:36
テレビ自体ほとんど見ないのでNスペも見ませんでしたが、そんなに評判良いようなら録画だけでもしておけばよかったかな。

それはそうと、これだけ色々言われているのに、学生の投稿論文をまともに読まずに責任著者名乗る大学の先生が多くて困ったものです。
Unknown (>おやさん)
2014-07-30 21:35:17
NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」

再放送 
2014年7月31日(木) 午前0:40~午前1:30 [水曜深夜]

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20140730-22-30651
Unknown (Unknown)
2014-07-30 21:59:01
弁護士が有能かどうかはともかく、とりあえず戦術は成功している。
この問題はもはや科学ではなく、イメージや感情の問題。小保方を擁護する科学者はいなくても、小保方の見事な演技力(人格障害によるもの?)のおかげで彼女を擁護する一般人は大勢いる。一般人がいるということは政治的に有利に戦える。早稲田という卒業生の数と帰属意識だけは旺盛で、知識と倫理観のない応援団もいるし、それが政治家や理研や早稲田がバカげた判断を繰り返す大きな理由。絶対に勝てるはずのない科学的な問題からは徹底的に逃げて、イメージや感情の土俵だけで勝負してるのはベターな戦術だろう。調子に乗って、中途半端に科学の土俵で戦おうとして実験ノートを公開したのだけは、誰の案だか知らないが失策。
それに対するNHK陣営の「小保方と笹井のメールのやり取り」の下りは、国民のイメージや感情の点で彼らに痛撃を与えただろうことは想像できるわけで、非常に良かったと思う。まあ、この国の国民が表面的なイメージや感情に大きく左右されてしまうという、この件で顕在化してしまった頭の痛い問題は残されたままではあるが…。
Unknown (Unknown)
2014-07-30 23:45:34
小保方晴子は科学者を余程「カッコイイ」と思っているみたいで、自分を科学者として「見られたい」のだと思いますね。

だから科学者に「見られる」為には捏造でも平気でやるのだと思います。
つまり科学者の偽物です。

科学者とは真理を求める人達の仲間ですから、科学者の格好はするけど真理を求めない偽物は科学者の仲間として認めないのは当然でしょう。
思えば (アノニマス)
2014-07-31 12:09:26
小保方氏は、最初から科学者の振舞いとしては、逸脱した言動がありましたよね。
例えば、STAP細胞の発表会見で、ピンクの壁紙やムーミン、割烹着は、まだ広報の演出だろうと思えたのですが、私がすごく違和感を感じのは、この2つでした。
ひとつは、「子宮をなくした人を救いたい。」 「夢の若返りもできる。」と言ったこと。「オイオイ、科学者が、そんなこと言っていいの?」と思いました。思わず、山中教授のノーベル賞会見と比べていたのです。山中教授は、その時点ですでにヒトiPS細胞を開発していましたが、再生医療への期待を寄せる報道陣の質問に、「まだまだ解決しなければならない課題がたくさんあり、再生医療が実現するには、長い時間かかる。僕たちは、その可能性の扉をほんの少し開けただけ。」と繰り返し、冷静に長い目で見て欲しいと何度も訴えていましたからね。
もうひとつは、研究室でスッポンを飼っていると言ったこと。細胞を扱う実験は、そこら辺にいる細菌のひとつが入り込んだだけで失敗につながるようなデリケートなものだというのは、ド素人でも想像がつきます。それなのに、細菌感染やカビの発生の元になりそうな、スッポンを研究室でも飼うとは??と思ったのです。
そして4/9の会見です。小保方氏の主張や弁明は、とても情緒的で論理的でないことが強く印象に残りました。画像の切り貼りや取り違えがあっても、結論は変わらないとどうして言えるのか、理解不能でした。電気泳動の画像が切り貼りというのは、「体細胞(T細胞)からできた」という証拠がないということだし、テラトーマの画像を取り違えたというのは、多能性を獲得したという証拠のひとつ信頼が大きく揺らいでいるわけで、結論は変わらないというのを素直に納得できませんでした。
加えてSTAP細胞の作成に200回以上成功したという発言です。小保方氏の論文の最低どこまでやったら、STAP細胞ができたと言えるかと考えたら、最低テラトーマまではやっていないと、簡単にできるSTAP細胞のもうひとつのキモである「多能性の獲得」を確認できないと思いました。ラトーマの実験は一回やるのに数週間はかかりそうな実験ですから、小保方氏の実験期間では不可能だと思いました。ところが、小保方氏は、細胞が緑色に光っただけで、作成に成功と言っていたのです。「この人、自分のやっている実験の意味が解ってるのかしら?」と失礼なことまで考えてしまいました。また、仮に小保方氏の言うとおり、200回以上成功していたとすると、再現性がないという大きな問題に突き当たります。この目眩がするほどのギャップがどうにも説明がつきません。
小保方氏が、コツやレシピと言い出したときには、「カリスマシェフか!!」と思わずテレビにツッコミを入れてしまいました。この人は、科学者ではない、科学の世界にいてはいけない人だというのが、強い印象となりました。
その後も、小保方は、数々のコメントを出していますが、科学者としての発言は、ひとつもありません。まあ、4/9の弁護団を引き連れての会見を開いた時点で、科学の土俵で戦わず、場外乱闘に持ち込んだとも言えますが。
このような、科学者の資質に欠ける人は、遅くとも博士号を得るまでの間に科学の世界から排除されなければならなかったはずです。ずさんな論文審査で、お墨付きを与えた早稲田大学の責任は非常に重いと思います。
Unknown (Unknown)
2014-07-31 13:28:03
日本は、課程に入った学生はどんな人でも学位を取れて当然、とらせるのはPIの義務、といった風潮が根強いですから、科学に向かない人を「排除」するのは難しいでしょうね。

小保方氏ほどの演技性の人は稀でしょうけど、科学的な思考のできない人はゴロゴロいますよ。

そういえば、スッポンはどうなったんだろう?
Unknown (ワーキングプア(花職人))
2014-07-31 18:40:24
こんばんは。

「子宮をなくした人を救いたい」「夢の若返りも期待できる」。一般に耳障りのいい言葉をすぐにでも可能になるかのように語る小保方氏と菅直人氏(緊急時の為の日本の埋蔵金をばらまいて日本を衰退させた、福島を余計に混乱させた、献金疑惑もうやむやになった)似ているような気がします。笹井と小保方、逃げ切るのでしょうか。



理研としては (酒井重治)
2014-08-01 02:55:17
理研としては笹井氏を守るために、小保方氏を切り離さないのでしょう。
小保方氏はあのまま半永久的に理研社員になると思いますよ。
怖いですねぇ (アノニマス)
2014-08-01 11:21:52
この国の国民が表面的なイメージや感情に左右されてしまうという頭の痛い問題

今、集団的自衛権の行使や秘密保護法、武器輸出の解禁などとてもキナ臭い状況になっています。
戦前に、好戦的な感情に乗せられて、太平洋戦争への道をひた走った歴史を忘れてしまったのでしょうか?小保方氏を擁護する側も、バッシングする側も感情論が幅を利かせています。こういう人たちが、また政府の宣伝に乗せられら…と、非常に危うさを感じます。
政治哲学者のアンナ・ハーレントは、「イェルサレムのアイヒマン」という、アイヒマンの裁判の報告書でこう断罪しています。
アイヒマンは悪人ではなく、陳腐なひとりの男であり、ただひたすら職務に忠実であっただけである。その結果が650万人のユダヤ人を絶滅へと送ってしまったのだ。彼の罪は、自分の行為の意味を考えなかったことである。彼は、思考することを放棄した、人間であることを放棄したのだ。
また、私の中学のときの若手教師は、「自分の頭で考えろ。先生が言ったから間違いないと思うな。先生だって嘘を教えるかもしれないんだぞ。」とよく言いました。この教師は、小学校の終わり頃に敗戦を体験して、敗戦後教科書を墨塗りさせられた世代でした。心からの叫びだったから、半世紀経った今でも、私の心に刻まれいるのだと思います。
情報を単に消費するのではなく、情報の真偽を見極め、物事の本質を考えることを、情報化社会の今だからこそ、より求められていると思います。でないと、簡単に偽情報に騙されてしまいますね。
Unknown (Unknown)
2014-08-01 13:32:18
>小保方氏を擁護する側も、バッシングする側も感情論が幅を利かせています。

2014-07-30 21:59:01本人だけど、感情的なのは擁護側だけだよ。
科学的に小保方を擁護できる点が何一つないのだから。
バッシングっていう言葉を使ってる時点で、擁護側の一員だってはっきりわかるぞ。
やれやれ。
戦後はどうか (酒井重治)
2014-08-01 13:50:30
戦前に戻るなどと言いますが、じゃあ戦後はどうなんですか?
敗戦国が戦勝国の言いなりになっていただけじゃないですか。
自力で防衛できない国がなにが平和国家なもんか。
原爆落とされて被爆体験を語り平和を訴えるのは臆病ものであり、それでは国を守れません。
あの悲惨な原爆被害を受けたからこそ、義憤に燃えて国を強くする意志を持つべきなのです。
Unknown (ワーキングプア(花職人))
2014-08-01 18:44:51
こんばんは。

中立とは弱者の側に立たなければ、患者の側に寄り添わなければ中立にならない、と仰っていた故原田正純医師を思いました。
圧倒的に力の差がある場合、弱者側に寄らなければ中立にならない。


小保方氏は人格を否定されてもそれすら脳内変換で快楽にしているんじゃないですか。背後関係をNHKがもっと踏み込んで放送してくれることを期待します。水俣病も修復腎移植もNHKがもっと取り上げてくれればいいなと思います。




解決策 (酒井重治)
2014-08-02 03:16:35
解決策は

小保方氏→放っておくこと。自然消滅する
修復腎移植→病気もちの臓器移植は不可。
Unknown (Unknown)
2014-08-02 03:37:16
小保方氏が若山研で既に樹立済みのES細胞を入手し、STAP細胞として若山氏に渡して幹細胞化やキメラマウス作りに用いてもらっていた、というのが現在のところ事象を最も矛盾なく説明できる仮説だ。
この仮説に基づくと、現在確認されているSTAP幹細胞の全てについて、元になったES細胞が存在するはず。
1. FLS-3およびFLS-4・・・阪大由来のアクロシンGFP/CAG-GFPタンデム挿入マウスで、若山研において留学生がES細胞を樹立。
2. GLS-1およびGLS-11・・・B6: oct4-GFP。このES細胞は存在したのか?Y染色体に欠失があるそうなので、マウスから直接作成されたのではなくES細胞経由と思われる。
3. AC129-1およびAC129-2・・・18番染色体シングルGFPホモ。ES細胞は樹立されていたらしい。

ところで、丹羽氏の中間報告まだ~?
早稲田総長の判断もまだですか~?
Unknown (Unknown)
2014-08-05 11:18:25
論文に不正が有ったと認められたら、その論文に名を載せた共著者全員に責任が有ります。自分は被害者と見せかけようとするものは、科学者を名乗る資格はありません。
Unknown (Unknown)
2014-08-05 11:25:47
笹井さんが亡くなられたようです。残念です。心からお悔やみ申し上げます。
丹羽氏よ、御身お大切に (かつて実験科学者)
2014-08-05 13:16:47
自殺された笹井氏に、お悔み申し上げます。

阪大杉野研事件に続き、研究不正で自殺者を出してしまったこと、残念至極です。(杉野研事件とは自殺者の立場が全く異なりますが。)、

ファンウソク氏だって、スペクター氏だって自殺なんかしてません。(ラッカー氏もです。)
元東大の加藤氏だって、福島でのボランティアに余生をささげるのだそうです。

思えば、Nスぺで放映されたメールが決定的だったのでしょうか。「丹羽先生からEpiSCと抗体などを分けていただき」という小保方氏発信の文面により、「未熟な」小保方氏の暴走という言い訳がきかなくなりました。
しかし、NHKが自殺をまねいたという批判はあたりません。
検証実験の実施など蛇の生殺しのようなこの数カ月間が、笹井氏をひどい精神状態に追い込んだと思います。さっさと処分して、笹井氏や関係者に(研究者としてではなく、人間として)0からの再出発をさせていれば、こんなことにはならなかったでしょう。
理研や文科省の対応は最悪です。

この上は、丹羽氏他関係者の身辺に最大限の配慮を心より願います。
Unknown (Unknown)
2014-08-05 13:26:45
笹井氏本人以外「死」の真相は分からないでしょう。軽々に理由付けるのは如何なものでしょう。
はぁ? (酒井重治)
2014-08-05 13:29:50
真相なんか見え見えだろう?
何を言ってるんだ。
最悪の (アノニマス)
2014-08-06 08:52:58
悪の展開になってしまいまた。
私も、理研の解決先送りの対応が、この事態を引き起こしたと思います。
それにしても、なんという小保方氏の破壊力!!
私は、むしろ若山氏や丹羽氏を心配していましたが、まさか、笹井氏がこのようなことになるとは予想外でした。笹井氏は、理研に守られていると思っていましたから。これ以上このような事態を引き起こさないような応を理研に望みます。笹井氏も、直接不正を行ったと認定された訳でもないし、問われていたのは、シニア研究者の共著者としての責任と組織管理者としての責任ですから、笹井氏ほどの実績があれば、一研究者として再スタートできたと思います。それなのにこの結果は、非常に残念です
今は、ただただご冥福を祈りす。
Unknown (ワーキングプア(花職人))
2014-08-06 11:26:23
おはようございます。

理研は笹井氏を手放したくなかったのでしょう。小保方は、STAP論文を有名科学雑誌に載せるまで笹井氏に色を使って憑りつき、用が無くなると笹井からのセクハラ問題に切り替えたのです。キャバクラ嬢や男性ホストなど商売上の手口です。水商売が悪いと言いたい訳ではなく、相手の狙いを理解して遊びや不倫を楽しめる人でないと身ぐるみ剥がされ、笹井氏のように真面目な性分だとうつ病、自死を選ぶことになるのだと思います。
小保方の場合、お金持ちの育ちの良いお嬢さん風のハッタリがあるから地位や権力に弱い男性は引っかかります。
ご冥福をお祈りします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL