一生涯自分の歯で食事を それは歯を抜かないこと



一生涯自分の歯で食事をしたいと思いませんか?
それは難しい話ではありません。
歯科の目的は、治療をして自分の歯を少しでも長く使えるようにすることであって、歯を抜くことが一番良くないことなのです。
抜けば、もう二度と自分の歯は生えてきません。クリニックに行くのは歯を保存するためであって、抜きにいくのではないはずです。永久歯はその名の通り、永久にあるものです。

原則的に50歳までに抜く歯は殆どありません。例外としてあるのは2つだけです。

一つは、むし歯になって20年も30年も治療を全くしていない人で、歯が全くなくなっている人。レントゲンで見ても、どこにあるのか分からないようでは仕方ありません。もう一つは、グラグラを通り越してブランブランの状態になっている歯周病のときです。

これ以外は歯が痛かろうと歯が割れていようと抜く必要はまずありません。これらの痛みは1回か2回の治療で軽くなります。

歯を抜くといわれたらこのことを思い出して、すぐには同意せず説明を聞いてみると良いでしょう。前歯の矯正のために小臼歯という奥歯を抜くことも、当然良くないことです。

歯を抜かなくても治していくことができるようになっているのが、現在の歯科治療なのです。自分の歯で一生噛むとは、歯を抜かないことを実行しないといけないのです。



もとし歯科クリニック
HomePage

ブログ2
自由診療費一覧
トピックス
ブログ5
ブログ6
ブログ7


医療法人  もとし歯科クリニック  Tel 078-794-4182
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

歯を抜かない矯正 もとし歯科クリニック



今の日本の歯列矯正はほとんど矯正専門医によって行われており、犬歯の奥の小臼歯を4本も抜歯(ヨンヨン抜歯といいます)して歯並びを治すのが通常です。
しかし、抜歯をすると、残った歯の負担増、奥歯で噛めなくなる、顎関節の障害、舌の障害、老け顔になる、不定愁訴になる、睡眠の質低下などの弊害が多く、安易に抜歯をするものではありません。噛む力は50%に半減するともいわれます。抜歯による生体ネットワークに及ぼす悪影響は計り知れないものがあります。小臼歯はとても大切な歯です。ヨンヨン抜歯は根本的に間違っています。
ヨンヨン抜歯に飽き足らず、親知らずを含めて8本も抜くケースも多くありますが、そんなに歯を抜いていいのでしょうか?

もともと矯正治療の目標が「歯並びを良くして歯を健康に長持ちさせること」にあることに誰も異論はないでしょう。しかし「歯を健康に長持ちさせること」と「健康な歯をいっぱい抜くこと」は明らかに矛盾します。

「歯を健康に長持ちさせること」を達成しようと思えば「健康な歯を抜くこと」は真っ先に除外されなければならないはずです。この考えのどこに間違いがあるのでしょうか?

今や、4人に3人が矯正している矯正先進国のアメリカでは抜歯矯正の弊害が問題になり、非抜歯矯正(歯を抜かない矯正)が主流になっています。ヨンヨン抜歯は野蛮なものとして過去のものになっています。こういうアメリカの現状を日本の皆様はもっと知っておいていいでしょう。
日本でも最新の技術で歯を抜かない矯正が一部の医院でできるようになりました。

もとし歯科クリニックではアメリカの最新の矯正技術を導入し抜歯しない、拡大装置を使用しない安心の矯正治療を実践しています。日進月歩の進歩にリアルタイムに追いつくようにアメリカの最新情報を文献やインターネットでチェックしています。

歯を抜かなくてもできる、というより抜いてはいけないという観点に立つ必要があります。

ヨンヨン抜歯をした人の行く末(噛めない、残った歯の悪化、激しい後戻り、特有の不自然なアピアランスなど)をゴマンと見ています。ヨンヨン抜歯は絶対に避けなければなりません。後戻りの問題は抜歯矯正にとって非常に大きく、後戻りによって歯並びはまた悪くなり、抜いた歯は戻らないわけですから事態は深刻です。

乳歯も非常に大切ですから抜いてはいけません。乳歯を抜くことが不正咬合につながるということを肝に銘じておく必要があります。乳歯を抜いて、永久歯も抜いてという悪循環は避けるべきです。乳歯を大切にするということは永久歯を大切にすることに他なりません。たとえば第二乳臼歯(一番奥の乳歯)を早期抜歯すると必ず六歳臼歯(第一大臼歯)が前に倒れてきます。すると小臼歯が生えるスペースがなくなるだけでなく、上下の六歳臼歯が噛み合わなくなります。こういう例を多く見かけます。

もとし歯科クリニックでは、抜歯しない、顎の拡大をしない、奥歯の噛み合わせを重視した矯正治療を行っています。幼稚園のお子様でも無理なくでき、安心して治療を受けることができます。

歯を抜いてまで矯正はしたくないけれども抜かないのなら矯正したいという方も大勢おられます。
歯を抜かない矯正は歯を抜く矯正より高度なテクニックを要しますが、すこぶるよく噛めます。また驚くほど早くなおるのも特徴のひとつです。そして後戻りが少ないのも大事な点です。
歯を抜かない矯正は何も特別なものではなく、歯を大切に考えるならば必然のものです。歯を抜かないということは何にもまして大切なことです。

後々後悔しないためにも歯を抜かない矯正をおすすめします。
もとし歯科クリニックでは非抜歯短期矯正を実践しています。
非抜歯矯正のニーズは高く、当クリニックでは年間200名以上の矯正の新患様を迎えており、ますます増加傾向です。



参考までにもとし歯科クリニックHPをご覧ください。
歯列矯正
歯を抜かないことの重要性
ブログ2
ブログ5
ブログ6
治療費一覧
矯正治療を必要とするお子様の保護者様へ


医療法人 もとし歯科クリニック
TEL 078-794-4182
神戸市須磨区北落合1-1-4-2F

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

顔の美しさは口元と笑い方にあり、歯を抜くと「老けた顔」になります



歯を大切にしたいものです。
「健康の入り口」ともいわれる歯ですが、美しい顔の基本が骨組みであり歯なのです。そして口元であり、笑い方なのです。

笑い方、美しい口元での微笑みのことを「フルスマイル」とか「ビッグスマイル」と言います。

笑顔は人の内面を映し出します。
歯並びが悪いと骨格の成長がアンバランスになり、筋肉の緊張が左右対称になりません。
笑顔の良さ、顔の美しさは筋肉の緊張感によるのです。

また、歯並びが悪いと、筋肉と顎の骨との接触がいびつになります。
顎のラインがずれていたり、笑ったとき口の片方が曲がったのでは美しく見えません。

歯を抜く矯正は、歯並びを整えても歯の数が足りなくなりますから、口元が薄っぺらになり、若さのない寂しい口元になります。

唇の厚みや舌の大きさは元のままなのに、歯の並んでいる歯列弓だけが小さくなって、小さな円形になります。

舌の形は楕円形なのに、歯列弓が丸く円形になると発音障害に繋がります。
それとともに口元の筋肉がたるみ、老けた顔になるというわけです。

このことは30歳を過ぎると顕著になります。
そもそも30歳を過ぎると肌がたるんでくるわけですが、これに輪をかけたことのなります。
俗に巾着口とかディッシュ・フェイスといって平らになるとともに、縦のシワがでやすくなります。

若さを一生と考えるなら、歯を抜かない矯正がベストだということです。

以下、順にクリックしてみてください。
もとし歯科クリニックHomePage

ブログ2
もとし歯科クリニック 自由診療料金表
トピックス
ブログ5
ブログ6
ブログ7



医療法人社団元志会  もとし歯科クリニック
院長兼理事長 岡持 元志

神戸市須磨区北落合1-1-4-2F
TEL 078-794-4182
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もとし歯科クリニック 院長ブログ 歯も神経も抜かない治療

ようこそ、もとし歯科クリニック 院長ブログへ

「新・抜かない治療」を実践する


神戸市須磨区の医療法人 もとし歯科クリニック(TEL 078-794-4182)です。
理事長兼院長の岡持 元志(おかじ もとし)です。
当院は、できるだけ歯を抜かない、神経も抜かないという治療方針のもと、患者様との信頼関係をもっとも重視しています。0歳の赤ちゃんから100歳のご高齢の方まで幅広い年齢層の患者様に来ていただいております。

神経を抜かないむし歯治療は多くの患者さんに支持されています。神経に達するひどいむし歯でも多くは神経を抜かずに治療できます。殆ど麻酔もしないで治療が可能です。麻酔をして神経を抜く治療に比べて、体に優しい、治療回数の激減、歯が長持ちする、すぐ食事ができるなどのメリットがあります。

痛みが出るまでむし歯を放置して、いざ治療となると神経を抜きたくないという我がまま(?)な方にも当クリニックは優しく望みをかなえます。
従来の「痛む歯は抜歯か抜髄」という前近代的治療から脱却した新しい歯科治療体系を構築しています。歯にしろ神経にしろ、抜いてばかりの歯科治療から一歩進んだ治療を心がけています。痛みのある歯でも神経を取らずに治療できる可能性が広がり、痛みがない歯も神経を取る従来法は過去のものとなりました。

歯を抜かない矯正治療も、当院の治療体系のひとつです。
他の矯正歯科医院で歯を抜かないとなおらないといわれた方でも、当院では抜歯しないでなおせます。しかも、期間は短くできます。

たとえば、八重歯が入るスペースが全くない場合でも、一本も抜かずにきれいになおるのは多くの患者様にとってはサプライズ以外のなにものでもないでしょう。

それはまるでマジックのようです。
しかし、歯と顎骨の関係が理解できれば、その種明かしは簡単にわかります。

親知らずも抜く必要はありません。特に噛んでいる親知らずは歯として機能しているわけですから、抜いてはいけないといえるでしょう。親知らずイコール抜歯と考えるのは過去のものになりました。

虫歯になっている親知らずはなおせばいいわけですし、虫歯が深くて痛みがでている場合でも新しい治療によって神経も抜かずになおせることが多くなりました。
炎症が起きている親知らずは炎症をコントロールすればいいし、磨きにくい親知らずは磨きやすいように形態修正すればいいのです。

よく親知らずが後ろから押して前歯の歯並びが悪くなるといわれますが、実際はそれ以外の理由が大きいのです。その証拠に親知らずを抜いても前歯の歯並びは改善しません。親知らずの押す力が奥歯から前歯まで伝わるとは考えにくく、逆に親知らずを抜いたことによって、歯並び、噛み合わせが悪くなることもあります。実際、親知らずを全部抜いてから10年間で残った歯のすべてを失った例もあります。

あるいは第二大臼歯が何らかのアクシデントで喪失した場合、親知らずを矯正治療で動かしてくるというのは簡単なことです。

そう考えれば絶対抜かなければいけない親知らずは、ほとんどないということです。これらの考えは今までの歯科常識とは一線を画するもので、新しいコンセプトです。アメリカでは親知らずを含めて歯をできるだけ抜かないという治療方針に進歩しています。やはり自分の歯に勝るものはありません。

近い将来再生医療が進んで歯の再生もできる時代が訪れようとしています。歯科領域は再生医療の研究で最も進んだ領域のひとつです。親知らずが残っていれば格好の培養母体になるでしょう。最後にできる親知らずは細胞分裂が活発という他の歯にない特徴があります。親知らずの細胞から神経や骨、肝臓、皮膚などが再生できるようになれば、親知らずが「命の架け橋」になる可能性も秘めています。親知らずも「自分の歯」であり、「自分の細胞」なのです。親知らずの抜歯によって隣りの第二大臼歯の支えがなくなり弱くなることも多いのでよくよくデメリットも考える必要があります。
これから親知らずは非常に重要になってくるでしょう。仮に抜くとしても親知らずを冷凍保存して将来に備えるようになるかもしれません。
冷凍保存はコストがかかるわけですから、抜かずに口の中に保存しておけば良いのです。

 ドライマウスは「口だけの乾燥」ではない

慢性的な唾液不足つまり「ドライマウス」の方が増えています。これは明らかに文字通り「乾燥」が原因です。全身の「乾燥」、つまり「ドライマウス」は「ドライボディ」に由来していると考えるのが自然です。また、口呼吸していると口が乾燥するので「ドライマウス」になりやすくなります。口呼吸はやめて鼻呼吸の習慣をつけましょう。

全身の細胞内液の渇水、つまり乾燥がドライマウスの根本原因だと思われます。これの改善には、ただ水を飲めばいいという単純なものではありません。体液の水分は常に塩分とセットになっていることも念頭に置いておく必要があります。
細胞に水を取り込ませるには熱エネルギーが必要であること、細胞内液の水、塩分比に近い水分は取り込み、塩分を欠いた水分は細胞外にはじき出すことも是非知っておくべきです。
ということは基礎体温(平熱)の低い人はドライマウスになりやすいですし、実際ドライマウスの患者様はほぼ例外なく「冷え」ている場合が多く、平熱が36.5℃以下の方が殆どです。
「冷え」の改善はドライマウスの改善に繋がるだけでなく、あらゆる病気の改善にも繋がるものと思われます。
また塩分は精製塩ではなく、ミネラル豊富な「自然塩」から摂るべきです。「自然塩」を補給すれば、血液サラサラで高血圧の心配もないので、是非質のよい「自然塩」を摂取しましょう。
ドライマウスの改善には「冷え」を改善して基礎代謝をあげるのが先決であって、単に湿潤剤を口に含むだけでは、何の解決にもならないでしょう。




参考までに、もとし歯科クリニックのHPをご覧ください。
以下クリックしてください
ブログ2
治療費一覧
ブログ5
ブログ6
ブログ7
トピックス





医療法人社団 もとし歯科クリニック
神戸市須磨区北落合1-1-4ー2F
TEL 078-794-4182

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

顎を広げる装置は危険!

    

矯正治療で「顎を広げる」と称して拡大装置をよく使っていますが(側方拡大といいます)、これは歯が噛み合わなくなる危険があります。歯が並ぶスペースを作るために上顎の臼歯を外側に倒すわけですが、それにより上下の歯ががっちり噛まなくなります。噛めなくなった子どもは口をゆがめて片噛みをするようになり、成長期の頭脳や身体に悪影響を及ぼします。側方拡大して元の咬合より良くなることはあり得ません。しかも臼歯を外側に倒しても前歯のスペースは殆ど確保できないことは少し考えればすぐわかることです。

噛み合わせを良くするどころか悪くしているわけです。

そもそも顎が人為的に広がるものではないことは歯槽基底論により証明されています。

例えていうなら、背の小さい子どもの手足を上下に24時間引っ張り続けて背が伸びるでしょうか?伸びないばかりか体が壊されてしまうでしょう。それと同じ無謀なことが「顎を広げる」側方拡大なのです。
矯正に側方拡大は有害で、自然の摂理に背くものです。今、拡大装置を使っているなら直ちにやめるべきでしょう。顎が広がるのではなく歯が倒されているだけということに気づいてください。

床装置にしろ急速拡大装置にしろ歯の内側に長期間装置が入っていることによる弊害も見逃せません。舌の動きが制限されるわけですから就寝中舌は下がり、いびきをしたり眠りが浅くなり睡眠の質は低下しやすくなります。睡眠の質低下は当然ながら脳にも悪影響です。わが子を思うならこのような危険は避けたほうがいいでしょう。

仮に臼歯が内側に倒れていても側方拡大をせずに治せるわけで上下の歯の噛み合わせを重視した治療を行うべきです。

もとし歯科クリニックでは拡大しない、抜歯しない安心で危険のない矯正治療を実践しています。今流行りのデーモンシステムよりさらに進んだ技術を導入し、非抜歯短期矯正を実現しています。


矯正相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
もとし歯科クリニック (医療法人)
TEL 078-794-4182


参考までに、もとし歯科クリニックHPをご覧ください。
ブログ2
歯列矯正
間違いだらけの矯正治療
トピックス
自由診療費一覧
ブログ5
ブログ6
ブログ7
トップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

神戸市須磨区 もとし歯科クリニック






できるだけ歯を抜かない、削らない治療はミニマル・インターベンション(Minimal Intervention=MI 最小限の侵襲)の治療の正に実践ともなります。




医療法人 もとし歯科クリニック TEL 078-794-4182
           神戸市須磨区北落合1-1-4 白川コーポレーションビル2F

もとし歯科クリニックHP
ブログ2

ブログ5
ブログ6
ブログ7

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )