新型S1000RRサーキット走行インプレ!!

2017-04-21 14:21:54 | 日記

みなさまこんにちは。

モトラッド八千代飯塚です。

 

先日原田がエビスサーキットにて新型S1000RRを試乗してきました!

丁度新型CBR1000RRも乗る機会があったそうで

乗り比べを行いインプレをまとめてくれました!

 

すでに乗っている方もこれからの方も

是非参考になさってください!

 

~~以下原田談~~

新型S1000RRを試乗してきました。

当日は雨が降ったり止んだりで、おまけに強風警報が出ており

中々まともに試乗が出来ませんでしたが、

2017年モデルと旧モデル、

さらに新型CBR1000RR/SP・CBR1000RRの試乗もできました。


さて、本題です。

新型S1000RRですが、旧モデルと比較するとEU4など規制が入り

音量などソフトな感じになっていますが、

乗ると加速感、パワー感が前年とは違いよりパワフルでした。

アクセルを開けた時の排気音も少し小さくなった気がします。

ちょっとさびしい感じがありました。

シフトアシストProも前年よりシフトラグが少なくなりました。

シフトダウンは前年と同じ感じでしたが、

シフトアップのつながりがスムーズになっていました。

車体関係で何か変更があった情報はないですが、

EU4対応で触媒が大きくなったのか

初期のセットが変わったのか分りませんが、

ブレーキングからバンクさせる時の重さが

前年より若干重くなっていました。

旋回時は旧モデルより安定がありカッチリ感が出ていました。

コーナー出口はアクセルを開けると起き上がりスピードが若干早くなり、

絶妙なトラクションコントロールの作動により

アクセルを開けながらの旋回力は向上していました。

旧モデルはトラクションコントロールが効きすぎて

アクセルを開けながらの旋回性が悪かったが改善されていました。

 

CBR1000RRはまとめるとさすが“ホンダバイク”です。

SPと比べ、電子制御サスペンション、

シフトアシストなど付いていないのが、この車両でした。

サスペンション・エンジン・フィーリングなどバランスが取れた車両で

ポジション的にも楽に乗れ万人受けする車両でした。

 

次にCBR1000RR/SP、この車両がS1000RRと

ほぼ同等の車両で電子制御関係も同じものが付いていました。

STDモデルと同じで「乗りやすい」が最初に出る一言でした。

細かい情報など今回は記載しませんが、

シフトアシストの感触・トラクションコントロール

などの制御関係は旧モデルのS1000RRに近いものを感じました。

設定がソフトなのか足回りは柔らかい感じがあり、

ある程度の速度でサーキット走行を楽しむなら十分ですが、

更に上を目指すには全体的に柔らかい感じがありました。

また、サーキットではリミッターが効いてしまい、

それを解除できればよいのですが、

できなければサーキットは楽しくないかも?と感じる場面がありました。

商売敵ですがさすがに良いバイクを出してきました。

S1000RRも非常にコンパクトですが、

CBR1000RR/SPもコンパクトになっていました。

でも……車両価格が約25万円S1000RRの方が安いですよ~

 

今回は、強風と時折の雨で撮影などはできなかったので、写真はないです。

インプレになってる?かどうかわかりませんが今回の体験試乗でした。

何かのご参考になればと思います。

ご質問、ご相談があればお気兼ねなくご連絡ください。

S1000RRはもちろんの事、CBR1000RRの事でも大丈夫!

ご連絡お待ちしております。

 

来週4月26日は筑波サーキットコース1000にて

弊社が主催する走行会があります。

体験走行クラスは空きがまだあるかな?

S1000RR、R1200RS、

2台のスポーツカテゴリーを準備いたしますので、

試乗をご希望の方はご連絡ください。

 

ご精読ありがとうございました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新商品情報★ | トップ | BMW Motorrad GS Camp Meetin... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL