続・元力士の愚痴(元力士の愚痴改め)

現在の角界始め、あらゆるジャンルに愚痴並びに毒を吐いていきます。

相撲界と同じ病気(新続々々々々2)!?

2017-06-15 13:17:04 | 相撲界と同じ病気シリーズ

 先場所途中休場した横綱稀勢の里の状態が戻りつつあるようだ。あとは名古屋場所までにどこまで戻るかでしょう。それ次第では同白鵬と共に優勝争いの大本命かもしれない。

 英国ロンドンでマンション火災が発生し、死者含め住民に相当の被害が出たらしい。英国と言えば「イスラム国」によるテロが続発していたことから当初またかと思ったが、電気系統等内部からの発火の可能性が高いらしい。

 米国で共和党員に対する銃撃事件が発生し、多くの負傷者が出たが幸いなことに死者までは出なかった。トランプ大統領に対する反感が犯行の要因らしいが、「イスラム国」みたいな凶行すれば反トランプの流れに逆行するだけに、これはするべきではないとは思うが。

 「テロ等準備罪」法が成立した。
 英国で「イスラム国」による連続テロが発生し、3年後には東京五輪も開かれることから以前も書いたように「西部警察」の設置含め早急にテロ対策すべきとは思う。それも誰もが納得するぐらいの内容にしてから成立すべきでしょう。しかしやっていることは特定秘密法や安保法制と同じ、中身が曖昧のまま最後はお得意の強行採決と後出しじゃんけんで、それも委員会採決までせず中間報告で済ますと前回より酷い。加えて加計学園便宜疑惑の色がだんだん濃くなってきている。案の定今回も国会周りでは同じように反対運動が起こった。安倍首相は金正恩書記長みたいになりたいのでしょう。このままだとミサイル発射や、「偉大なる将軍様」と感情込めて報道するアナウンサーまで出てきそうである。これで何度目ですか。いい加減にしろというよりふざけるなまで言いたくなった。昨日も書いたが日本は北朝鮮ではありません。将軍様も不要です。将来、先日連敗を13で止めた巨人と同様、いやそれ以上の悪事の付けを払うことになるでしょう。

 暴走気味の安倍政権を止める役割として民進党に期待した。たた問責決議案や不信任案出すだけにその機能を果たしていないと思うのは自分だけだろうか。だからといってこのまま指加えるだけには行かない。民進党に代わる受け皿をどうするか。政治にあまり詳しくだけに以下にあげる方々を中心に新党立ち上げるかである。

 沖縄では辺野古移転含め長年政府に虐げられたことから、保革の枠超えて「オール沖縄」を結成し前回の衆院、参院選共に与党を全敗させた。これを拡大すればどうか。一方竹原信一阿久根市議は「論理的思考ができない」「自分が発言する言葉の意味が解っていない」「えらいバカ」と安倍首相含め政治家を相当批判している。この2名が連携すれば相当の受け皿になり得るとの理由からである。もうすぐ東京都議会議員選挙が行われ、小池都知事が立ち上げた「都民ファースト」に注目が集まるが、期待するまでにはどうかと思ったことからこのように言わせてもらった。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新生スタート | トップ | 話題あれこれ(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

相撲界と同じ病気シリーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。