続・元力士の愚痴(元力士の愚痴改め)

現在の角界始め、あらゆるジャンルに愚痴並びに毒を吐いていきます。

事件あれこれ

2017-12-08 13:10:18 | 日馬富士

 先月発生した元横綱日馬富士暴行事件以外、国内外で大事件及び大不祥事が続発した、というよりし過ぎたと言ってもいいでしょう。その中で4つあげる。

 

(事件その1)日馬富士暴行事件、横綱白鵬のお騒がせ事件、貴乃花親方
 連日のように報道されるこの事件であるが、暴行事件が発生した時点では、日馬富士と貴ノ岩が中心だった。それが最近貴乃花親方と八角理事長始め協会、あるいは白鵬との対立が焦点になる等可笑しくなってしまったようだ。それに場所中での待った、あるいは万歳三唱や土俵に上げたい発言の他、トレーナー着用の他不倫騒動まで出る等、かなり多く白鵬のお騒がせ事件が出てきつつあるようだ。一方貴ノ岩の診断書未提出含め、ダンマリ決めている等貴乃花親方の周りも騒がしくなりつつあるようだ。このままだと繰り返すが大不祥事続発し二度目の技量審査場所にもなりかねない。故北の湖理事長が平穏に戻した努力を水の泡にしない為にも、事件の真相を明らかするのが先決とは思うが。

 

(事件その2)トランプ米大統領のお騒がせ事件(続その2)
 北朝鮮のミサイル発射に対し挑発的な態度を取る他ロシア疑惑等以前に取り上げた以外、叩けば次から次へと埃が出てきつつあるトランプ米大統領であるが、今度はイスラエル首都をエルサレムに認定したことで新たな騒動を起こしたようだ。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教含め宗教間対立があることで国連はじめ多くが首都をテルアビブに認定し、それに逆行するとも言える態度だけに相当の反発の他「イスラム国」「アルカイダ」等テロリストに口実を与える等米国民が危険に更さかねない。これ以上騒動発生せず、かつ世界の平和の為にも一早く弾劾してほしいものだ。

(事件その3)ロシア五輪除外
 度重なるドーピングが発覚したことで、業を煮やしたIOCが平昌五輪からロシアを締め出した。ただ個別での参加は認めるようだ。それに対しプーチン大統領始めロシア側が反発しているようだ。協会あるいは白鵬と貴乃花親方の対立みたいな事態がIOCで発生しただけに、今後新たな不祥事が発生し技量審査五輪化にならないことを願いたいものだ。同時に女子フィギュア王者であるメドベージェワ選手始め今後どうするのか注目したい。 

(事件その4)宮司殺人事件
 昨日夜、東京江東区で殺人事件が発生した。3人死亡し初めは通り魔の犯行かと思ったが、長年に渡り富岡八幡宮の宮司の地位を巡る姉弟間のトラブルの成れの果てであり、被害者、加害者双方に同情できない事件と言ってもいいようだ。横綱力士碑が建立され、大相撲との関係が深い伝統的な八幡神社である富岡八幡宮で、このような骨肉の争いが起こるとはどう表現していいのかわかりません。貴乃花親方と白鵬、協会やIOCとロシアの対立が将来こうならないことを願いたいと同時に、これを反面教師にして共に解決に向かうようなってほしいものだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ出演 | トップ | 相撲界と同じ病気(その29)!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日馬富士」カテゴリの最新記事