続・元力士の愚痴(元力士の愚痴改め)

現在の角界始め、あらゆるジャンルに愚痴並びに毒を吐いていきます。

新十両

2017-07-27 08:30:28 | 本場所

 

 新十両に尾車部屋の矢後と木瀬部屋の大成道に決まった。いつも書くことではあるが、関取となれば月給他諸手当などで月100万円の収入となる。それで急激に金回りが良くなり野球賭博事件に繋がったことは大相撲や巨人で証明済みだけに元大関琴風の尾車親方、元肥後ノ海の木瀬親方はその辺を十分言い聞かせてほしいものだ。あと木瀬部屋と言えば有望株の宇良がいるだけに、今後が楽しみな部屋になりそうだ。

 元「SPEED」で、自民党の今井絵理子参院議員に不倫疑惑が発生しているらしい。昨年当選した際、沖縄出身にも関わらず同県のことが全く解らす、あと他の問題もこれから勉強しますと回答し、この調子だと野球賭博事件や清原和博被告の薬物中毒事件みたいな大不祥事起こしかねない、今井氏と事実婚である男性が逮捕されたことで問題起こすだろうとは思った。森友学園、加計学園、PKO報告始め不倫、ホモ、DQN、Twitterで遊ぶしか脳がない含め不祥事起こす閣僚や議員が多いことで、国会を技量審査すべきと繰り返した。そんな中また出てきたことから冗談抜きで昨日挙げた方々を審査員にして、明日にでもそうすべきと思った。

 その森友学園国有地大安売り事件に関し、籠池元理事長夫妻が逮捕されるらしい。安倍首相を必死に支えたがこの事件が発覚し一転手のひら返すような仕打ちを受けたことから、ある意味では気の毒な夫妻かもしれない。証人喚問や最近も安倍首相に100万円直接手渡そうとした等相当の恨み節があるようなので、出来ればもう少し泳がせてマスコミ等で安倍内閣を撃沈させるような発言を期待したいものだ。それか検察で証言し、安倍首相夫妻の逮捕に繋がればと思うが。

 5月に、阪神が9点差をひっくり返す大逆転を演じたことで、3年前の高校サッカーの富山第一と春高バレーの九州文化学園、11.5ゲーム差をひっくり返した昨年の日本ハム等勝負事に絶対はない、なにが起こるか最後まで分からない、メークドラマが起こったと書いた。
 そんな中、今回阪神以上の大逆転劇が起こった。

(スポーツ報知 7月27日 6時05分)
【ヤクルト】0-10から大逆転 セ66年ぶりの最大得点差、代打大松サヨナラ弾で決めた
◆ヤクルト11x―10中日=延長10回=(26日・神宮)

 物語を完結させたのは大松の一振りだった。同点の延長10回1死から代打で登場。伊藤の147キロ直球を振り抜いた。総立ちのファンの歓声に乗り、打球はバックスクリーン右に着弾。2号サヨナラソロだ。シーズン2度の代打サヨナラ弾は史上4人目の快挙。10点差からの逆転はプロ野球タイ記録。史上4度目、セでは66年ぶりとなる大逆転劇をド派手に決めた。(途中略)

 5回で0―10。奇跡の始まりは6回の攻撃前。円陣で三木ヘッドコーチが言った。「試合が終わるまで何が起こるか分からない。1点ずつ、最後までうちらしい戦い方をしよう」。7回。代打・中村の1号2ランを号砲に流れが一気に傾いた。
 8点を追う8回。バレンティンの16号2ランなどで大野をマウンドから降ろすと、上田が中犠飛、中村は左前適時打で続いた。さらに坂口、山崎の連続タイムリーで2点差とし、最後は2死満塁から山田が左前へ2点適時打を放った。今季満塁で9打数無安打だった山田は「自分の実力じゃない。完全にチームの流れに乗せてもらいました。すごい。あり得ない」。打者14人で8安打3四球を集中させ、今季最多の1イニング8得点で追いついた。
 真中監督は「まさかひっくり返すとは。今年は悪い記録を更新してばかりだけど、いい記録が出てよかった」。1日から14連敗を喫したチームが、今月初の連勝。負ければ自力CS消滅の一戦で借金を26に減らした。本当の奇跡はここから始まる。

 大逆転したのが首位の広島でなく、14連敗しファンにまで押しかけられる等気の毒に思ったヤクルトだけにびっくりである。連敗中は気の毒だけに祈祷師や神主多く呼んで大掛かり的なお祓いすべきとまで思った。先日連敗ストップし今度はこのようなウルトラ大逆転ドラマを演じたことで、本当にそうしたのかとまで思った。この勢いで出来れば元横綱千代の富士を上回る残り53試合全勝含め55連勝してほしいものだ。そうなれば優勝は無理でも3位以内に入れるとは思うが。

 

 


  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不発 | トップ | 辞任 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本場所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。