関東日帰りオートバイツーリング

東京発バイクツーリング

ストリートファイター系はスキルを必要とする(セパレートハンドルとバーハンドル)

2017年07月17日 | バイク装備その他

前に書いたNinja1000に乗ってみて乗りやすかった事からGSX-Sとの違いに考えていたが、ちょうどMOTONAVIという本にNinjaとGSX-S750のインプレッションが載っていてバーハンのストリートファイターはフロント荷重が減っていて扱いが難しくなるような事が書かれていた。

 

ちょうどそのような体験をしたばかりなので「なるほど」と理解したわけだ。Ninjaはセパハン風、GSX-Sはバーハン。この違いは大きいのかもしれない。ということはGSX-S1000Fに乗る時にもっとフロント荷重を意識すればよかったのだろうか。コーナー進入時にはフロントに荷重を掛けるのを気にはしていたがもっと理解を深めれば面白かったのかもしれない。

 

GSX-S1000Fは手放してしまったので借りてきて乗ってみよう。それではZ1000やZ900はどうなるのか?これも興味の尽きないところだ。いま思い出したが、はじめてNinjaにまたがった時にステップ位置が前よりだなと感じたのもハンドル位置から来ていたのだろう。セパハンの方が戦闘的で神経質な印象があるが実際は違うのかもしれない。

 

隼は重量級だから比べられないと思っていたがセパハン車のコーナリングの滑らかさはフロント荷重から来ているのかもしれない。もっとこの辺に着目してレンタルバイクを選んでみたいが候補があまりない。

 

Ninjaに乗った時にアクセルを捻るのに力がいると書いたがセパハンだから、もっと小指側から巻き込むようにハンドルを握るべきだった。V-STROM慣れしてしまって忘れていた。

 

ジャンル:
ドライブ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オートバイ乗りの夏のインナー | トップ | ストリートファイターのセパ... »
最近の画像もっと見る

バイク装備その他」カテゴリの最新記事