琉球沖縄独立国Ryukyu Okinawa independent country(琉球國臨時政府)

刑法61条
人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する
2 教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする

捐款的號召。「小寶寶生孩子是海外旅行保險的補償不適用!」。誰幫助這個母子!諮詢「琉球華僑大會」。(電話)098(862)9153。

2017年04月20日 12時32分38秒 | 日記
寛彦(KuanYan)本村安彦
捐款的號召。「小寶寶生孩子是海外旅行保險的補償不適用!」。誰幫助這個母子!
諮詢「琉球華僑大會」。(電話)098(862)9153。
 3月30日,琉球的沖繩島,來自台灣的遊客的「台灣的中國人的孕婦」,「以突發的的『羊水症狀』向醫院被緊急搬送了」。母體內的小寶寶的體重被推定了1500克以下。小寶寶是是出生體重過輕孩子第其他,唯一地「早產兒的特別醫療措施」在能接受的南部醫療中心被再搬送,沖繩島的南部呢。還是,實際由於早產誕生的小寶寶的體重是884克相當的出生體重過輕孩子。最終的醫療·療養費用等的共計總額,是預計最低也約6,000,000日元(約54,545美元)有關。有小寶寶誕生,費用高額的醫療中心這個情況的之外又加上,因為「生孩子海外旅行保險的補償不適用」,小寶寶的父母醫療負擔被追迫。小寶寶的父親「我為小寶寶的健康狀況,又的醫療費用的支付等非常苦惱,不過想對,到現在為止幫助的醫生們表示感謝」陳述了。
為下列介紹那個報紙報道。↓。(捐款的号召。「小宝宝生孩子是海外旅行保险的补偿不适用!」。谁帮助这个母子!
咨询「琉球华侨大会」。(电话)098(862)9153。
 3月30日,琉球的冲绳岛,来自台湾的游客的「台湾的中国人的孕妇」,「以突发的的『羊水症状』向医院被紧急搬送了」。母体内的小宝宝的体重被推定了1500克以下。小宝宝是是出生体重过轻孩子第其他,唯一地「早产儿的特别医疗措施」在能接受的南部医疗中心被再搬送,冲绳岛的南部呢。还是,实际由于早产诞生的小宝宝的体重是884克相当的出生体重过轻孩子。最终的医疗·疗养费用等的共计总额,是预计最低也约6,000,000日元(约54,545美元)有关。有小宝宝诞生,费用高额的医疗中心这个情况的之外又加上,因为「生孩子海外旅行保险的补偿不适用」,小宝宝的父母医疗负担被追迫。小宝宝的父亲「我为小宝宝的健康状况,又的医疗费用的支付等非常苦恼,不过想对,到现在为止帮助的医生们表示感谢」陈述了。
为下列介绍那个报纸报道。↓。 )呼籲捐款。 “嬰兒出生不在海外旅遊保險範圍之內!”有人幫助這個媽媽和孩子!
查詢“琉球僑胞大會”。 (電話)098(862)9153。
3月30日,台灣沖繩島琉球島遊客“中國台灣孕婦”緊急送往醫院“突然”破裂症狀“,母親體重在1500克以下在沖繩島的南部,被重新運往南方醫療中心,嬰兒出生的是低出生體重兒童,所以只接受了“早產兒的特殊治療”,畢竟寶寶實際上出生了過早稱重884克出生體重,出生體重相當可觀,最終醫療保健和醫療費用總額等於至少約600萬日元(約合54,545美元),除了嬰兒出生是一個醫療中心昂貴的費用,寶寶的父母被剝奪了醫療負擔,因為“出生不在海外旅遊保險範圍”。我的寶貝的父親也說:“我非常擔心寶寶的健康狀況支付醫療費用等,但我要感謝迄今為止所幫助的醫生。“
我將在下面介紹報紙文章。 ↓。(呼吁捐款。 “婴儿出生不在海外旅游保险范围之内!”有人帮助这个妈妈和孩子!
查询“琉球侨胞大会”。 (电话)098(862)9153。
3月30日,台湾冲绳岛琉球岛游客“中国台湾孕妇”紧急送往医院“突然”破裂症状“,母亲体重在1500克以下在冲绳岛的南部,被重新运往南方医疗中心,婴儿出生的是低出生体重儿童,所以只接受了“早产儿的特殊治疗”,毕竟宝宝实际上出生了过早称重884克出生体重,出生体重相当可观,最终医疗保健和医疗费用总额等于至少约600万日元(约合54,545美元),除了婴儿出生是一个医疗中心昂贵的费用,宝宝的父母被剥夺了医疗负担,因为“出生不在海外旅游保险范围”。我的宝贝的父亲也说:“我非常担心宝宝的健康状况支付医疗费用等,但我要感谢迄今为止所帮助的医生。“
我将在下面介绍报纸文章。 ↓。) / Call for donation. "Baby birth is not covered by overseas travel insurance coverage!" Someone help this mother and child!
For inquiries, "Ryukyu's Overseas Chinese General Assembly". (Telephone) 098 (862) 9153.
On March 30, tourists from Taiwan on the Okinawa island of Ryukyus, "Pregnant women in Taiwan in China" was urgently transported to the hospital with "sudden" rupture symptoms ". The baby's weight in the mother was estimated to be less than 1500 grams. In the southern part of Okinawa island, which was re-carried to the Southern Medical Center where babies were born low-birth-weight children, so only "special medical treatment of premature babies" was accepted. After all, the baby actually born prematurely weighed 884 grams of birth weight and was a considerable birth weight. The total sum of the final medical care and medical expenses etc. is expected to be at least about 6,000,000 yen (about 54,545 dollars). In addition to the fact that baby's birth is a medical center with expensive expenses, baby's parents are being deprived of medical burden because "birth is not covered by overseas travel insurance coverage".My baby's father also said, "I'm very anxious for baby's health situation, paying for medical expenses etc, but I would like to thank the doctors who helped so far."
I will introduce the newspaper article below. ↓./寄付の呼び掛け。「赤ちゃん出産は海外旅行保険の補償対象外!」。誰かこの母子を助けてくれ!
問い合わせは「琉球の華僑の総会」。(電話)098(862)9153。
 3月30日、琉球の沖縄島で、台湾からの観光客の「台湾の中国人の妊婦」が、「突発的な『破水症状』で病院へ緊急搬送された」。母体内の赤ちゃんの体重は1500グラム以下と推定された。赤ちゃんが出生低体重児だったそのため、唯一「未熟児の特別医療措置」が受けられる南部医療センターに再搬送された、沖縄島の南部では。やはり、実際に早産で誕生した赤ちゃんの体重は884グラムというかなりの出生低体重児だった。最終的な医療・療養費用等の合計総額は、最低でも約6,000,000円(約54,545ドル)かかる見込み。赤ちゃん誕生が、費用が高額な医療センターという事情があることに加えて、「出産は海外旅行保険の補償対象外」のため、赤ちゃんの両親は医療負担に追われている。赤ちゃんの父親は「赤ちゃんの健康状況、そして医療費用の支払いなどに私は非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。
下記にその新聞記事を紹介する。↓。 ( 寄付の呼び掛け。「出産は海外旅行保険の補償対象外!」。誰か助けてくれ!
問い合わせは「琉球華僑総会」。(電話)098(862)9153。
 3月30日、琉球の沖縄島で、台湾からの観光客の「台湾の中国人の妊婦」が、「『破水』で病院へ緊急搬送された」。赤ちゃんの体重が1500グラム以下と推定された。そのため、沖縄島の南部で唯一「未熟児の特別医療措置」が受けられる南部医療センターに再搬送された。早産で誕生した赤ちゃんの体重は884グラムだった。最終的な医療費用は、最低でも約600万円かかる見込み。費用が高額な医療センター。そのうえ「出産は海外旅行保険の補償対象外」のため、夫婦は医療負担に追われている。夫は「赤ちゃんの健康状況や医療費用の支払いなどに非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。
下記にその新聞記事を紹介する。↓。









>>医療費600万、言葉通じない 台湾人客、早産で窮地
>>2017年4月19日 09:49
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-481329.html
 妊娠7カ月の台湾人観光客の女性(20)が沖縄旅行中の3月30日に、出産が早まり、急きょ南部医療センター・こども医療センター(南風原町)で884グラムの子を出産した。同病院や受け入れ先では中国語での対応ができず、母親とのコミュニケーションが困難で、現在、県内の台湾出身者らがボランティアで通訳している。県内の一部医療機関では多言語への対応や外国人患者に向けての医療サービス環境の構築を進めているが、まだ十分でないのが現状だ。






 夫(23)と3月29日に来沖した女性は、30日午前4時ごろに破水。那覇市の沖縄協同病院に緊急搬送された。赤ちゃんの体重が1500グラム以下と推定されたため、南部で唯一未熟児の特別医療措置が受けられる南部医療センターに再搬送された。女性と家族は現在、離島や北部地域から病児や家族を受け入れる「がじゅまるの家」に宿泊している。




 女性の夫は「赤ちゃんの健康状況や医療費用の支払いなどに非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。




 がじゅまるの家で活動するNPO法人こども医療支援わらびの会の儀間小夜子理事は「緊急医療などを受けた外国人患者の心のケア態勢がまだできていない」と指摘した。




 赤ちゃんは南部医療センターで特別医療措置を受けており、医療費用は最低でも約600万円かかるという。しかし、出産は海外旅行保険の補償対象外のため、夫婦は医療負担に追われている。




 県内在住の台湾出身者でつくる「琉球華僑総会」は夫婦に約100万円を寄付する予定で、張本光輝会長は「無事に帰国できるよう支援がほしい」と寄付を呼び掛けた。問い合わせは同会(電話)098(862)9153。(呉俐君)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振込先は「琉球銀行安謝支店... | トップ | Call for donation. "Baby bi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。