琉球沖縄独立国Ryukyu Okinawa independent country(琉球國臨時政府)

刑法61条
人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する
2 教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする

這是不常見的,試圖用這樣的日本人的商業交易。-2

2017年05月19日 02時12分44秒 | 日記
這是不常見的,試圖用這樣的日本人的商業交易。-2











寛彦(KuanYan)本村安彦
私は反対です。"人間の心を持っていない日本人"の隠された非人間的本性によって作られる”日本食”を薦めるこのGlobalVoicesの危険な記事内容に対して私は反対です。日本は闇雲に金儲けだけをしている。自らのその悪魔的な本性を隠蔽することで成り立っている日本国は、琉球人を含めた世界の人々を欺きながら闇雲に金儲けだけをしている。世界は放射能汚染食品の日本食”日本食不買運動”をするべきだ!。理由はこうだ:
4月25日。”福島第1原発過酷事故からの復旧・復興”を担当するこの”今村雅弘復興大臣”が更迭された。主原因は、”人間の心を持 っていない日本人”のその悪魔的な本性を公の場で露にしてしまった。だから、その”日本人の本性を隠しつづけたい安倍晋三首相”が激怒して”あなたはクビです”となった。そうです、「安部=日本人」はその”日本人の非人間的本性”を隠してつづけてほしかっ たのです。







 この”今村復興大臣”は、(東日本地区の大震災と、福島第1原発事故による)福島県再生総括担当大臣である。
先月4月。(日本政府による原発事故の自主避難者への住宅補償支援の打ち切りを巡って)。”自主避難者の自己責任だから文句があるなら”裁判でも何でもやればいいじゃないか””。このような非人間的な趣旨の問題発言を彼は記者会見の場で披露。つまり、彼はその時に”日本人や琉球人以外の外国人には知られたくない日本人の本性である”悪魔的で非人間的な恥ずかしい部分”を公の場で晒してしまっている。
そして今回もまた、この同じ”今村復興大臣”がこのような趣旨の非人間的発言をして しま った:
”東北地方(東北地方とは、日本列島の東の北の地域)で起こったから良かった。。。事故が東京などの首都圏に近かったりすると、莫大・甚大な被害金額になった”。(東日本大震災と福島第1原発事故被害に関して)。
このように、日本人の悪魔的な本性を隠蔽することで成り立っている日本国。日本人は、闇雲に金儲けだけをしている。世界は、放射能汚染食品の日本食”日本食不買運動”をするべきだ!







よって、”アジア人集団の人権と、個人の権利”を私たちはもっと主張する必要がある。強く要求する必要が私たちにはある、アジアや世界の子どもたちの健康を守るためにも。。”隠蔽され、埋もれている、”アジア人集団の人権と、個人の権利”に対する過去のすべ て の人種差別事件の数を日本政府は公にしろ”。
ー。そう、この事件をきっかけに私たちは日本政府に対して強く要求する必要がある。有罪の評決を下して、止めさせる必要が私たちにはある、この非人道的な問題をこれから先々もまだまだ隠蔽し続けていこうとしているであろう日本人に対して。そして、日本人に対して”外交的な経済的制裁による圧力”の懲罰を科し、この地球社会から人種差別をなくす努力をすることすなわちそれは、アジアや世界の子どもたちに対する私たちの”義務と責任”である。

琉球國臨時政府/Ryukyu Country provisional government/류큐 국 임시 정부/Ryukyu nước Chính phủ Lâm
https://www.facebook.com/motomura.yasuhiko/posts/1315122088556566
2017年05月07日
XML
本性を隠蔽することで成り立っている日本国は、闇雲に金儲けだけをしている。世界は放射能汚染食品の日本食「日本食不買運動」をするべきだ! (1)
https://plaza.rakuten.co.jp/ryukyuindepende/diary/201705070007/

琉球國臨時政府/Ryukyu Country provisional government/류큐 국 임시 정부/Ryukyu nước Chính phủ Lâm
https://www.facebook.com/motomura.yasuhiko/posts/1314965451905563
2017年05月07日
XML
The world should do Japanese food "Japanese food boycott movement" of radiation contaminated food!
https://plaza.rakuten.co.jp/ryukyuindepende/diary/201705070000/

琉球國臨時政府/ Ryukyu Country provisional government/류큐 국 임시 정부/Ryukyu nước Chính phủ Lâm
https://www.facebook.com/motomura.yasuhiko/posts/1314991768569598
2017年05月07日
XML
日本,這是通過隱藏的性質由是一味賺錢。世界應該是日本的“日本食品抵制”的放射性污染的食物
https://plaza.rakuten.co.jp/ryukyuindepende/diary/201705070001/










2017.4.25 20:38更新
【復興相不適切発言】
今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭
http://www.sankei.com/politics/news/170425/plt1704250045-n1.html


 今村雅弘復興相は25日、辞任する意向を固めた。東日本大震災に関し「東北で良かった」と発言した責任を取った。今村氏は失言が相次ぎ、被災者らが反発する事態を重く見た安倍晋三首相による事実上の更迭で、後任の人選を急ぐ。後任の復興相は早ければ26日にも皇居で認証式を行う。

 昨年8月に発足した第3次安倍再改造内閣で閣僚が辞任するのは初めて。平成24年発足の第2次安倍内閣以降では、昨年1月の甘利明前経済再生担当相以来、今村氏で5人目。

 今村氏は25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっち の方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。

 今村氏は講演後、記者団に「私の大変不適切な発言で皆さんを大変傷つけたことを深く反省し、おわび申し上げる」と語った。

 パーティーに出席した首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。首相としておわびをさせていただきたい」と不快感を示していた。





























 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、謝罪、撤回したばかりだった。

 今村氏の発言に対しては、野党だけでなく公明党も辞任を求めた。政府は 今村氏を続投させた場 合、国会審議 が停滞し、 共謀罪の 構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案などの成立が危ういと判断した。


























































































































舌禍の今村復興相辞任も被災地、自民党から「自業自得」〈週刊朝日〉
dot. 4/26(水) 10:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00000017-sasahi-pol
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcwNDI2LTAwMDAwMDE3LXNhc2FoaS1wb2wudmlldy0wMDA-;_ylt=A7YWOgicqwxZMUYAoBtBRfB7


 安倍政権の緩みが止まらない。今村雅弘復興相が“舌禍”で、とうとう辞任した。後任は吉野正芳氏を起用する。

 所属する自民党二階派のパーティーでの講演で4月25日、東日本大震災について「東日本大震災の被害は、まだ東北で、あっちの方だから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な甚大な額になった」と失言。「被災地の気持ちを逆なでする最低の発言」(自民党幹部)と受けとめられ、そのパーティーに出席し ていた安倍首相も「瞬間的に切れ、激怒した」(周辺)という。

 安倍首相はパーティーの席上、「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。首相としておわびをさせていただきたい」と不快感を示した後、一緒にいた二階俊博幹事長と相談し急きょ、今村氏の更迭を決めたという。被災者の反発を重く見た格好だ。

 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還に関して「自己責任」との見解を示し、謝罪、撤回した矢先だった。

 福島県伊達市在住の島明美さん(47)はこう怒る。

「あまりにヒドイ発言だ。今村氏が懲りずに失言を繰り返す姿を見ていると、本気で被災者のことなど考えていないのだろうと思えるし、そもそも それが安倍政権の本音に見えてくる。原発政策にしても地方を軽視している構図は同じ。人があまり住んでいない福島に原発を10基も作り、そこで事故が起きた。国策の失敗で生活を壊されたうえに、『東北だからまだよかったが、首都圏だったら大変だった』と言われたら、被災者はたまらない。今村氏を任命した安倍首相にも任命責任がある。トカゲのしっぽ切りにしてほしくない」

 福島県南相馬市の小澤洋一さん(61)もこう言う。

「今村さん、『自主避難者は自己責任』と発言した後に安倍首相と福島視察に来た際、県民に向けて一言も謝らなかった。本気で反省をしているそぶりが全く見えず、失言を繰り返すだろうとは思っていたら、案の定またやった」







【復 興相不適切発言】今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭
産経新聞 のロゴ 産経新聞
産経新聞
2017/04/25
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%90%E5%BE%A9%E8%88%88%E7%9B%B8%E4%B8%8D%E9%81%A9%E5%88%87%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%80%91%E4%BB%8A%E6%9D%91%E9%9B%85%E5%BC%98%E5%BE%A9%E8%88%88%E7%9B%B8%E8%BE%9E%E4%BB%BB%E3%81%B8-%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%80%8C%E6%9D%B1%E5%8C%97%E3%81%A7%E8%89%AF%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%8D%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%81%A7%E6%9B%B4%E8%BF%AD/ar-BBAkRyy


 今村雅弘復興相は25日、辞任する意向を固めた。東日本大震災に関し「東北で良かった」と発言した責任を取った。今村氏は失言が相次ぎ、被 災者らが反発する事態を重く見た安倍晋三首相による事実上の更迭で、後任の人選を急ぐ。後任の復興相は早ければ26日にも皇居で認証式を行う。

 昨年8月に発足した第3次安倍再改造内閣で閣僚が辞任するのは初めて。平成24年発足の第2次安倍内閣以降では、昨年1月の甘利明前経済再生担当相以来、今村氏で5人目。

 今村氏は25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。

 今村氏は講演後、記者団に「私の大変不適切な発言で皆さんを大変傷つけたことを深く反省し、おわび申し上げる」と語った。

 パーティーに出席した首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。首相としておわびをさせていただきたい」と不快感を示していた。

 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、謝罪、撤回したばかりだった。

 今村氏の発言に対しては、野党だけでなく公明党も辞任を求めた。政府は今村氏を続投させた場合、国会審議が停滞し、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案などの成立が危ういと判断した。


















































今村雅弘復興大臣、東日本大震 災の自主避難者は「自己責任」で「裁判で も何でもやればいい」と 暴言
2017年4月4日 19時38分
http://news.livedoor.com/article/detail/12891462/





自主避難は「本人の責任」 今村復興相が発言
2017年4月5日07時24分
http://www.asahi.com/articles/ASK452F4MK45UBQU003.html


今村雅弘復興相は4日午前の閣議後会見で、東京電力福島第一原発事故で今も帰れない自主避難者について、国が責任を取るべきでは、との記者の問いに対し、「本人の責任でしょう。(不服なら)裁判でも何でもやればいいじゃないか」と発言した。記者が重ねて質問すると「出て行きなさい」などとして質問を打ち切った。同日夕、記者団に「感情的になったのはおわびする」と釈明したが、自主避難者への発言は「私は客観的に言ったつもりだ」と撤回しなかった。

 自主避難者は、国の避難指示を受けなかった地域から、被曝(ひばく)を心配し遠方に避難した母子ら。福島県によると、昨年10月時点で全 国に約3万人おり、国と県は避難先での住宅の無償提供を3月末で打ち切った。強制避難者に比べて東電の賠償や国の支援が薄く、福島県民の「分断」につながると指摘されてきた。

 閣議後会見で今村氏は、自主避難者の支援に国の責任がないか問われ「福島県が対応し、国は県のサポートをする。この図式でこれからもやっていく」と説明。帰れないのは自己責任と思うかとの質問には「基本的にはそうだ。国はできるだけのことはやった」とした。さらに質問しようとした記者に「何で無責任だと言うんだ。無礼だ。もう二度と(会見に)来ないで下さい」と机をたたき、「うるさい」と会見を打ち切った。







>>Instagram Snaps of Japanese Foods You May Not Have Heard Of


>>Raw chicken, fish sperm, raw liver, and "cherry blossom meat"
Posted 23 April 2017 18:26 GMT
https://globalvoices.org/2017/04/23/instagram-snaps-of-japanese-foods-you-may-not-have-heard-of/





























While to some outside of Japan it might seem like food poisoning waiting to happen, raw chicken is a popular treat in Japan. Image from Flickr user mio-spr.

While most people are familiar with sushi and Japanese sweet potato, there are a lot of more adventurous Japanese foods out there. If you're looking to try something new and exciting, Japan has plenty to offer…

Chicken hearts, cartilage, livers, gizzards and unlaid eggs

Restaurants specializing in yakitori (barbecued chicken) are common in every drinking area around Japan, and provide examples of Japanese foods not commonly eaten outside the country. While breast and thigh meat are standard fare, there are also plenty of other parts of the chicken on the menu. Chicken hearts and gizzards are popular, as is chewy cartilage.


Grilled chicken hearts. Cooked until crisp, the fat is drained out, making these refreshingly light!


Cartilage karaage (crispy fried chicken)

A little harder to find is tamahimo (玉ひも), the partially developed eggs from inside the chicken, served along with the chicken equivalent of the Fallopian tube that houses them.




















Tamahimo! #Torikiku Restaurant #Nara

Raw Chicken

Known locally as torisashi (鶏刺し), a combination of the words tori meaning chicken and sashimi meaning raw sliced meat, raw chicken is widely available at yakitori restaurants and bars throughout Japan. It is particularly common in Kagoshima, Miyazaki, and Oita prefectures, where it is a local specialty.

Chicken sashimi can include chicken breast, liver and gizzard. It is often boiled or seared until the outside turns white, rather than served completely raw.

Freshness and proper handling lower the risk of food poisoning from campylobacter bacteria contained in raw chicken, but despite this, about several hundred cases of food poisoning from torisashi are reported annually, and it is believed that still more cases go unreported. For this reason, the Ministry of Health, Labor and Welfare has recommended that chicken not be served raw or undercooked.

Unlike raw beef or pork, raw chicken poses little life-threatening risk, but it can lead to a nasty stomachache and diarrhea, so caution is advised. That said, plenty of Japanese people eat torisashi regularly without getting sick.

Raw Horse Meat




















Deluxe #basashi #sakuraniku I love basashi! 🐴💕

Known as basashi (馬刺し) or sakura niku (桜肉, literally “cherry blossom meat”) for its pinkish color, horse meat is fairly common throughout Japan. The lean meat, which is a specialty of Kumamoto, is generally served raw, dipped in soy sauce.

Horseradish is (appropriately enough) a popular accompaniment to the dish.

Offal




















Horumon is the best! #horumon […] #Kobuta Shokudo Restaurant

The internal organs of pigs and cows are often eaten grilled or cooked up in a hot pot. In Japanese, they are referred to as horumon (ホルモン).

A couple of theories on the etymology of this term exist. One popular theory holds that it originated from the Kansai dialect horumon (放る物), meaning “discarded goods”, as these less desirable parts of the animal were often thrown away. Following the end of the Second World War, Korean residents of Osaka, Hiroshima and other cities in western Japan, looking for a cheap business to make ends meet, figured out a way to prepare and sell this discarded food.

According to another theory, the name came from the word “hormone”, which was a well known buzzword in postwar Japan. People held the belief that internal animal organs, supposedly rich in hormones, would raise their energy level. Even today, horumon has a reputation as a stamina building food.

Raw Liver




















Last night I had raw liver! #Daishoukaku Restaurant #Kiyamachi […]

This particular Japanese delicacy is actually off the menu, at least officially, following the introduction of new regulations banning restaurants from serving it. Beef liver was banned in 2012, following the deaths of five people who contracted E. coli food poisoning from eating improperly prepared raw beef, which led to a rise in the popularity of pork liver before it, too, was banned in 2015.

Companies have developed a meat-free alternative made from konnyaku, which is remarkably similar to the real thing in appearance and texture. But according to some diners, it's just not the same.





























So you thought this was raw liver? Well surprise, it's actually #konnyaku! A new product from 7-Eleven. I tried it, and, well, it's konnyaku! Jiggly joggly konnyaku!

Whale Meat


The whale sashimi I had the other day.

Sorry whales, but this sashimi has such a distinctive delicate flavor; it's hard to get hold of it these days.

I enjoyed this at a little known izakaya bar called Nakameguro.

It was delicious!

Once a common dish, including on school lunch menus, whale meat has all but disappeared from the dinner table due to waning domestic consumption.

Nagasaki whale meat
Whale meat sold in a gift shop in Nagasaki. Photo by Nevin Thompson.

Those who still eat whale meat are mostly members of older generations who have fond memories of eating it during their childhoods.

Despite the low demand, both canned and fresh whale meat can still be found in supermarkets, and it is also available at some restaurants. Diners should be advised, however, that whale meat dishes may come with a side of mercury.

Fish Testes




















My favorite! #shirako with ponzu #delicious #yummy #my favorite

While fish roe is a common part of Japanese cuisine, and indeed in many other cuisines around the world, in Japan, the male fish genitalia are also commonly consumed. Known as shirako (白子, literally “white children”), this delicacy is served encased in its membrane, and may be eaten raw or cooked. Often seasoned with ponzu sauce, it is also a common sushi topping.

Shirako is usually harvested from cod, but it can also come from other fish, such as salmon or pufferfish. Known for its distinctive creamy texture, it is widely available in winter, when it is in season.

Fermented Squid Entrails




















Last time, we sold this individually, but some of our customers have told us they wanted to purchase it as a set with our dried fish. We are now offering a limited availability shiokara and dried fish set! […]

Made from the salted, fermented guts of various marine animals (usually squid), even most Japanese people consider shiokara (塩辛) to be somewhat of an acquired taste. This pungent dish is usually enjoyed as an accompaniment to sake.

Some of these dishes may not be my cup of tea, but it certainly is interesting to see what constitutes a tasty meal to a different culture.







Creative Commons License





































Written by

Sarah Lee Stones


///


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 這是不常見的,試圖用這樣的... | トップ | 這是不常見的,試圖用這樣的... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。