もとむら歯科通信

きょうも元気で、おいしく食べる事ができますように!
あなたにとって何か素晴らしいことが起こりますように。

ブラジルからの手紙

2017-11-18 23:19:42 | 読書

 

院長の大石です。

 先日、ブラジルから、とても嬉しいお手紙をいただきました。

5年ほど前に、私がブログで紹介した本『魔境マットグロッソ」の作者の平島さんからのお手紙です。

ネットに縁のなかった平島さんが、ある事情で仕方なくメールを見た時に、偶然、私のブログの感想に気づかれ、お礼の手紙をくださったのです。

 「魔境マットグロッソ」は、平島さんが20代の時に、ジャングルの中に一人で5年間、暮らした時の体験を書かれたものです。

これはどこにもない、誰の体験にも似ていない強烈な体験を書いた本です。

 私の想像力では到底およばない世界ですが、それでも、ぐんぐん引き込まれ圧倒されました。

 是非是非、もっと多くの方に読んでいただきたいと心から思います。

前回書いたブログより引用します。

 

                                       

マットグロッソとは、南米大陸の真ん中、アマゾン河とラプラタ河の間のジャングルです。かつて地上最後の秘境と呼ばれ、人跡未踏の地域があった所です。

ノンフィクションはあまり読みませんが、本をつくった不知火書房の、yさんに本当に面白いですよと言われて、期待して読んだら、yさんの言葉どおり、
夢中になって読んでしまいました。

時代は1960年代なかごろ、日本は東京オリンピックが開催されたころの話です。

子供の頃からジャングルに憧れて、いつかすんでみたいと思っていた作者が、25歳の時マットグロッソのジャングルの奥深くに分け入り
山小屋を建てて、ポアイアという、薬になる植物の採集と、狩猟をしながら、5年間、単身、ジャングルで過ごした記録です。

ジャングルの灼熱の太陽や、大旱魃、マラリヤなどの疫病、ジャガーや、毒蛇との死闘など、想像を絶する世界が、実際に経験した人間の圧倒的な迫力で書かれています。

一方、作者が過ごした5年の間に、ジャングルの開発が凄まじいスピードですすめられていきました。森林野生動物は、激減し、河や沼は干上がり、作者のジャングルでの生活も
終止符を打たざるを得ない状況になります。

ジャングルが消えつつある事をきいてはいても、遠い国の話として、あまり現実感は持っていませんでした。
この本を読むと、自然も、数百年続いて来た森の民の文化も押し流す、開発の波の凄まじさに、南米だけでなく、地球全体に対しての鳥肌が立つような危機感を覚えます。
ぜひ読んで頂きたい一冊です。

魔境 マットグロッソ アマゾン・ラプラタ分水嶺 

平島征也著     不知火書房

お問い合わせは不知火書房へぞうぞ。092-781-6962

     

                       

 

平島さんは未知の世界への強い憧れから、その後もブラジルの奥地などを放浪され、先住民族や自然採集人などの、「今尚、世の流れから忘れ去られた人々」に出会い、その文明から全く遮断された厳しい世界を見てこられたそうです。

次回の作品は、原始と文明の間に生きて世の中を見てこられた平島さんの、誰にも真似できない、独自の視点から見えた問題について書かれるそうです。

 

とても楽しみです。

今からワクワクしています。

平島さん! 日本から、心より応援のエールを送ります💗

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オススメの本 氷川清話

2016-03-15 23:37:36 | 読書

 

今日は。院長の大石です。

久しぶりに本のオススメです。

私は読書が大好き。いろんな本を、並行して読みます。  

今、面白くてたまらないのは、勝海舟の氷川清話

歴史好きの主人の勧めで恐る恐る読んだのですが、これがはまりました。

手元に置いて時々なんども読んでいます。

難しい本だと思われて、敬遠されそうですが、江戸ッ子の口語なので、ほとんど現代の話し言葉と変わりません。

勝おじさんと、おしゃべりしている気分になれます。

家にテレビがないため、人に遅れること5年たって、昨年末から、ネットで龍馬伝を見ました。

その後に、龍馬の師であった勝海舟の氷川清話を読むと、幕末の人物評などがあり、なるほどそうだったのかと、

またまた楽しめます

他にも、武道の呼吸の話や、歴史や、政治、外国のことなど興味が尽きません。

本好きのみなさん、一度読んでみてはいかがですか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海賊と呼ばれた男

2013-06-09 23:00:23 | 読書

 

百田尚樹氏の「海賊と呼ばれた男」を読みました。

 出光興産の創業者の出光佐三をモデルにした、歴史小説です。小説といっても、ほとんど出光佐三の伝記ともいえる本で、事実と実在の人物が多く登場します。

国岡鐵造(佐三)の波瀾万丈の人生に、ぐいぐい引き込まれ、深く感動しました。

 国岡商店は戦前に国岡が、起こした石油会社です。

鐵造の、社員を、心を込めて育て、絶対的に社員を信頼するという信念のため、出勤簿もタイムカードも解雇もない会社です。

社員は鐵造の信頼に応えるように、懸命に仕事をします。

戦争でタンカーや、多くの社員を失った国岡商店は、石油がなく、仕事がなかった戦後、誰一人解雇する事なく、社員全員が一丸となってラジオの修理などの仕事をしながら、生き延びて行きます。

会社は、大変な苦難の末、なんとか石油をまた扱えるようになり、その後もGHQや、石油メジャーなどを相手に、何度も降り掛かる絶体絶命と思われるような試練を、佐三の信念の強さで克服し、大きく成長して行きます。

 鐵造の、どのような圧力がかかろうとも、人間として正しい事をするという、士魂商才の信念、人間尊重の信念は、どのような巨大な力にも打ち勝つ強さを持っています。

信じてあきらめなければ失敗はないと、自己啓発の勉強会などで、学んできましたが、あきらめない事の重要性を再認識し、勇気づけられました。

日本にこのような人物が居た事に驚き、経営者として心から尊敬し、共感します。

 出光佐三は、九州の出身で、小説の登場人物の中に、久留米市出身のブリジストンの創業者、石橋正次郎氏や、久留米市出身の政治家、石井光次郎氏などが実名で登場するのも

私に取っては身近に感じられ、興味深い事でした。

 こんな素晴らしい人を排出した九州、そして日本に誇りを感じます。

とてもおもしろく、素晴らしい本です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペコロスの母に会いに行く

2012-11-17 21:16:20 | 読書

ペコロスの母に会いに行く

 院長の大石です。

「ペコロスの母に会いに行く」という本がとても良いです。

ペコロスというのは、小たまねぎのこと。つるつる頭の息子が、認知症の母親を

施設にたずねるという意味です。

父が亡くなってから、次第に認知症がすすんで行く母親を、息子が施設で介護する日々の日常を、

ユーモアや優しさにあふれたタッチのコミックとエッセイで描いています。

かわいいおかあさんのミツエさんの言葉や行動に泣いたり笑ったり。

ぼけてはいませんが、このごろ、だんだん童女のようになって来た母の姿が重なります。

あまり近づきたくなかった「老い」のテーマが、温かな目で描かれていて、少し力が抜けてほっとする感じがします。

あの世とこの世、現在と過去(もしかしたら未来も?)が、交錯しているミツエさんの日常には、なくなったご主人が時々、現れます。

 「ボケたけん、父ちゃんが現れるとなら、ぼけることも悪かことばかりじゃなかかもしれん。」

あー、そうなのかも知れない、生きて行く事って、こうじゃなきゃいけない、という事はないんだなと、

思えて来る、不思議な素敵な本です。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめの本  魔境 マットグロッソ

2012-03-21 07:49:50 | 読書


もとむら歯科 院長の大石です。


マットグロッソとは、南米大陸の真ん中、アマゾン河とラプラタ河の間のジャングルです。かつて地上最後の秘境と呼ばれ、人跡未踏の地域があった所です。

ノンフィクションはあまり読みませんが、本をつくった不知火書房の、yさんに本当に面白いですよと言われて、期待して読んだら、yさんの言葉どおり、
夢中になって読んでしまいました。

時代は1960年代なかごろ、日本は東京オリンピックが開催されたころの話です。

子供の頃からジャングルに憧れて、いつかすんでみたいと思っていた作者が、25歳の時マットグロッソのジャングルの奥深くに分け入り
山小屋を建てて、ポアイアという、薬になる植物の採集と、狩猟をしながら、5年間、単身、ジャングルで過ごした記録です。

ジャングルの灼熱の太陽や、大旱魃、マラリヤなどの疫病、ジャガーや、毒蛇との死闘など、想像を絶する世界が、実際に経験した人間の圧倒的な迫力で書かれています。

一方、作者が過ごした5年の間に、ジャングルの開発が凄まじいスピードですすめられていきました。森林野生動物は、激減し、河や沼は干上がり、作者のジャングルでの生活も
終止符を打たざるを得ない状況になります。

ジャングルが消えつつある事をきいてはいても、遠い国の話として、あまり現実感は持っていませんでした。
この本を読むと、自然も、数百年続いて来た森の民の文化も押し流す、開発の波の凄まじさに、南米だけでなく、地球全体に対しての鳥肌が立つような危機感を覚えます。
ぜひ読んで頂きたい一冊です。

魔境 マットグロッソ アマゾン・ラプラタ分水嶺 

平島征也著     不知火書房

お問い合わせは不知火書房へぞうぞ。092-781-6962

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年 今年の3冊 断捨離

2010-12-30 00:29:09 | 読書



2冊目は、やましたひでこ著の「断捨離」です。
以前にも書きましたが,これは片付け術の本です。が、生き方の本でもあります。
http://blog.goo.ne.jp/motomuradental/e/47031f066a0877597086b4324fe68c40

この本は意外にも、私のいままでの人生で、最も影響を受けた本の一つになりました。

この本のおかげで、片付けに関する私の脳の構造がすっかり変わってしまいました。
不得意で苦痛だった片付けが、楽しいワクワクするものになりました。  

忙しい年末もチャンスを見つけては、プチ断捨離実行中です。
自分の未来が変わった事がはっきりと分かります。

たった一度さっと読んだだけなのに、なんとパワーのはいった本なのでしょう!
本当に驚きです。

やましたひでこさんに感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の3冊 態癖ー力のコントロール

2010-12-29 00:03:12 | 読書



今年もたくさん本を読みました。
私にとっての今年の3冊は、ちょっとユニークな3冊になりました。

一冊めは、クインテッセンス出版から出された「態癖ー力のコントロール」です。

私も共著者として,少しですが書かせていただきました。

ですが、選んだ理由は,もちろんこの本がすばらしいからです。

筒井照子先生が、昌秀先生とともに、「なぜ、治らないのか」「もっと良く治せないのか」を、臨床を通じて、常に問い続けてこられた、答えの一つが「態癖」の関与でした。

患者さんが不調和を訴えた時、修復をくり返すのではなく、不調和に陥った原因が,身体のどこかにあるサインだと受け止めるべきだと,照子先生は言われています。

この本は、「炎症のコントロールが、歯科界に定着しているように、力のコントロールも定着してほしい」という筒井先生の想いからできた本です。

筒井照子先生はじめ、咬合療法を実践してこられた臨床家の、力のコントロールに関連する症例が、多くの写真とともに掲載されています。

私は,低反発枕が、顎関節症の症状の悪化に関与しているのではという、臨床の実感を、もとむら歯科の患者さんのアンケートから数値を出して、コラムにしました。

(実際に、低反発枕をやめるだけで,顎関節症の症状が軽減する患者さんはたくさんいらっしゃいます。)

多くの歯科関係者にこの本を読んでいただく事で、力のコントロールについて学んでほしい。
そしてもっと多くの患者さんを、本当に治して頂きたいと心から願っています。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離と歯科治療

2010-10-01 22:48:21 | 読書


マンションに入って10数年たち、家にものがどんどん増えてしまいました。
その上今年は,セミナーで,毎月東京に通い、プライベートの時間が忙しく、ものがあふれて、さてどうやって片付けよう状態になってしまいました。
片付けの本を読んでは、この人はマメなのよと、ため息まじりに感心するばかり。

ところが,今回読んだ『断捨離』は、普通の片付け本と、ちょっと違うのです。
まずする事は,捨てること。
今までだって,いらないものは捨てて来たつもりでしたが、捨てる基準が違うのです。

現在の自分に必要か。すると、着ないけどもったいないからとっておくとか、使わないけど執着があって捨てられないとか,好きではないけど、ぞんざいに使っている景品のおさらとか、実は家にあるものの8割くらいは、今の自分にふさわしくないものなのではと、作者は言います。

そのような本当に必要でないものを捨てていく作業をする事で、自分とは何かを見直し、どうありたいかに気づき,多くの人の人生が変わっていくのだそうです。

本を読んで、俄然やる気になった私は、さっそく靴がいっぱいの玄関の断捨離を、決行しました。
片付けと思うと義務ですが,人生を変える作業だと思えば,眼の輝きが違います。
次の片付けがワクワクの楽しみになってしまいました。

この本はすばらしいと思います。

ところで、歯科の治療も同じです。
いつか行かなくてはと思いつつ,先延ばしにしていませんか。
でもそのことで暗い気持ちになる時間,
痛んでつらい時間
食べられずに、健康を害する不利益、
見られるのが恥ずかしくて、思い切り笑えない生活、
口の中の不具合を放置する事で,多くのエネルギーを,もやもやと無駄に使っているのではないでしょうか。

私たちは、患者さんに、本来あるべき姿になっていただいて、最高の人生を送っていただきたいと思いながら
毎日仕事をしています。

思い切って歯科を訪れる事で、人生が全く変わったといわれる患者さんはたくさんいらっしゃいます。

あなたも人生を好転させるために歯科医院の門をたたいてみませんか?
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

「西の魔女が死んだ」を読みました。

2008-06-22 00:46:42 | 読書


梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」という本を読みました。

中学に入って間もない頃に、学校に行けなくなってしまった少女、まい
は、おばあちゃんのところでしばらく暮らすことになりました。

自然に包まれた、おばあちゃんとの暮らしのなかで、あたたかい愛に受けとめられて
成長していくまいの、やさしく美しい物語です。

ロングセラーのこの本は今回映画化されています。
http://nishimajo.com/top.html



この話を読んで、姪のことを考えていました。

東京に住んでいる姪は、5歳ごろから、毎年、休みのたびに、おばあちゃんの元に遊びにきていました。

かわいらしいあどけなかった子が、大きくなり、いつの間にか私の背丈をこえ、来年は大学に入る予定です。

「私はかわいい?」「さみしいの・・」と私にぺったりくっついてきていたのが、思春期に入り、ちょっぴりおすましになり、時にはドキッとするような暗い絵を書いて、おばあちゃんと一緒に心配したこともありました。


でもたいていの時は、おばあちゃんのおいしい手料理を食べ、大好きな本を読み、「いなかはいいなあ」などといいながら、実家の周りをのんびり散歩して、ゆっくりと心と体を休めては、また東京に帰って行きました。

時には人生について、語り合ったり、時には、兄弟のいない姪とお菓子の取り合いをしてみたり、いろんな思い出がいっぱいです。


いろんなことにめげずに、たくましく育った姪をみていると、私とおばあちゃん、少しは姪の成長に貢献できたかなとも思います。

でもそれより、子供のいない私にとって、姪との時間は、神様からのプレゼントのようなものでした。


さきちゃん、ありがとうね。お嫁に行く時は泣いちゃいそうだね。


映画、おばあちゃんと一緒に見に行こうと思っています。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ディズニーマジックに感動

2008-01-12 22:33:58 | 読書


本が大好きで、いつも数冊の本を平行して読んでいます。

この正月の休みに読んで、とても興味深かったのが、「ディズニーが教えるお客様を感動させる最高の方法」という本です。
小さな本ですが、中味はとても濃い!

お客様を徹底的に理解し、サービスを磨きつづけ、ひとりひとりのお客様に対する特別の気配りもいとわない―世界中の企業が目標とする究極のサービス精神はいかにして世界中のディズニーランドで共有され、従業員に伝授され、お客様に届けられているのか?
1986年に設立されて以来、ディズニーの従業員のみならず多くの企業を対象に独自のサービス手法「クオリティ・サービス・サイクル」を教えてきたディズニー・インスティチュートが初めて明かす、お客様を感動させる最高の方法。(「BOOK」データベースより)

長年培われ、驚異のリピート率を誇る、ディズニーのサービスのすばらしさはもちろんのこと、私が驚いたのは、この本が内容を伝える技術の巧みさです。

サービスの本はたくさんあるけれど、私にとっては、自分のなかに違和感なく、おちた感じを味わった、ほかとは違う本でした。
これもディズニーマジックなのでしょう。

その違いとは、
凝縮された内容が、シンプルに、理論的にすっきりまとめられている。

ディズニー独特の言葉やエピソード、色、音、匂いなど、五感のすべてに訴える内容が、とてもわかりやすい。

私たちのこととして考えた時、どうしたらよいかが、すぐわかる。

右脳も、左脳も刺激する本です。

今年の私自身のテーマ、コミュニケーションのお手本に使えそうです。
経営者にはとても役に立つ本だと思います。

今年の宝物を、年初に早々と見つけて、うれしい!

さっそく愛用の1冊に仲間入りです。

もとむら歯科の「おもてなし」がもっとすばらしくなるように、さっそく使わせていただこうと思っています。

あー、それにしても、ディズニーシーにいきたいなあ。


「お客様を感動させる最高の方法」




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

戦わない経営 浜口隆則 著

2007-06-14 00:11:14 | 読書

浜口隆則さんは起業家を応援する、複数の会社を経営している方です。
起業して10年たって、かかわってきた皆さんに感謝の意味を込めて送った本が、
出版社の目に留まり、本として出されることになりました。

浜口さんの定義では、「経営とはかかわるすべての人を、幸せにする仕組み」です。

私も同感です。
私たちが、歯科医院をやっている目的は、患者さんを幸せにすること、そしてそれを通じて、かかわるすべての人が幸せになることだと思っています。

「思い」だけでは経営は成り立たないとも、浜口さんは言います。

「ビジネスは戦い」という構図が、刷り込まれて、私たちは、いつの間にか、対決や対立の巻き込まれることが多いけれど、本当は戦いたくない、と思っているのが人間ではないでしょうか。

少なくとも私は戦いたくないと思っています。

それではどうしたら戦わずに、みんながハッピーになれるのか。
小さい会社にとっての戦わずに勝てる戦略は?
戦わずに1番になれる方法は?

浜口さんは、競争相手のいない、自分だけの場所を探す事だといいます。

なるほど!

もとむら歯科も、誰にも比べられない、患者さんにとっての1番を目指して、
皆で個性を伸ばして生きたいと思っています。

さあ、明日からまた、楽しんでいきますね!
コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パワーか、フォースか

2006-03-09 06:57:07 | 読書

「パワーか、フォースか」(デヴィット・R・ホーキンズ著、三五館)と言う本を、このごろ愛読しています。

この本によると、パワーもフォースも同じ「力」と訳される言葉ですが、「パワー」とは生命に対してポジティブな影響を与える力です。
一方、フォースは生命に対して、マイナスの影響を与える力です。

人間は生命にとってプラスになる力かマイナスになる力か、を見分ける能力を持っているのです。
パワーのあるものに対しては、人の筋肉は強くなり、フォースに対しては、弱くなります。

この本の著者は、その力がパワーかフォースかを調べるのにキネジオロジーを使いますが、O-リングでも同じことができます。

「喜び」や「愛」は高いパワーを持ち、「絶望感」や「深い悲しみ」はパワーにかけています。
「パワー」は常に両方に勝利をもたらしますが、「フォース」は勝ち負けの状況を作ってしまいます。
「パワー」は統一しますが、「フォース」は分裂を生じさせます。

「フォース」は常に真実の置き換えです。
たとえば、「銃と警棒」は弱さの証です。
ちょうど虚栄心が自尊心の不足から生じているように、他人をコントロールする必要性は「パワー」の不足から生じています。


短い文章でこの膨大な内容の本を紹介するのは難しいのですが、興味をもたれたかたは、どうぞ読まれてください。素晴らしい本です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめの本  「病気にならない生き方」新谷弘実

2005-11-18 00:21:14 | 読書
ミラクル・エンザイムが寿命を決める(副題)

新谷さんは、米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授で、新谷式大腸内視鏡の挿入方を、考案し、世界で始めて、開腹することなく、大腸のポリープを切除することに、成功した、この分野の世界的権威です。

と言うだけで、すごい人なのだな、と思うのですが、この先生は、多くの内視鏡検査をすることで、その膨大な臨床検査から、「健康な人の胃腸は美しい」と言うことを、実感されて、健康な胃腸を保つための、独自の健康法を、開発されました。

そのおかげで、先生ご自身も、医師として働いてきた45年、病気になったことがなく、その健康法を、ご自分の患者さんに、実行してもらうようになってからは、新谷先生の治療した、がん患者さんの再発率は、0パーセントと言えるほどになったそうです。

がんの初期の患者さんが、多いとはいえ、これは素晴らしいことですね。

その健康法は、一言でいえば、「ミラクル・エンザイム」を消費しない生活をするということ、なのですが、ここから先はご興味のある方は自分で読まれてください。
とてもいい本だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おもしろかった本

2005-11-02 00:52:31 | 読書
秋になってよく本を読んでいます。もともと大好きなのですが、このごろは1week に2冊かけもちしてハイペースで読んでいます。

このごろおもしろかったのは、脳の研究をしている科学者の池谷裕二と糸井重里の対談の「海馬」(新潮文庫)と言う本です。
副題は「脳はつかれない」と言うのですが、なんかうれしくなるでしょう?
脳の神経細胞は毎日死んでいると聞いて、ちょっと心配でしたが、脳はもともと98パーセントは眠っていて、細胞が毎日どんどん死んでもまったく支障はないんだそうです。
ますますうれしくなりませんか?

単なる暗記力は20代がピークですが、自分で試してはじめて分かることで生まれたノウハウのような記憶は30代からがぐっとアップしていくそうです。しかもその経験メモリーは「べき乗」で蓄積されるので30こえると爆発的にあたまがよくなると言うことらしいです。
こんな風に、脳についてのうれしいニュースがいっぱいのこの本はお気に入りに決定!

その本の中に「脳は寝ている間に、昼間に経験したことを、さまざまに組み合わせを変えて、整理しているので、ある朝おきてみたら、昨日までできなかったことができるようになっていたということがある」と書いてあります。

そこで思い出したのですが、先日、車道を走っていて猫が飛び出したのにおどろいて、園児の列に突っ込んだ車の事故が、ありました。
あの次の日、夫は、並んだ犬の列に車で突っ込んだ夢を見たそうです。変な夢ですが
きっと脳が組み合わせを変える作業をしたのでしょう。納得!

この本は、なかなかおもしろくて、元気になれる本です。お奨めです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私の好きな本 その2 「父は空 母は大地」

2005-08-03 23:57:28 | 読書

市民ホスピス福岡の機関紙、オアシスが送られてきました。
その中に「シアトル酋長の言葉」が紹介されていました。

シアトル酋長は1786年~1866に生きたアメリカ北西部の酋長です。
1854年、アメリカ政府は3年間のインディアンとの戦いの末、インディアンの土地を買い取り、居留地を与えると申し出ました。
これ以上の抵抗は無益だと考えたシアトル酋長は、この申し出を受ける決心をしました。このとき大地への強い思いを演説に託しました。インディアンの言語で語られたこの言葉は人から人へと伝えられ、現在いくつかのテキストが残っています。

「父は空 母は大地」はその言葉を絵本にしたものです。(パロル舎刊)

シアトル酋長の大地に対する畏敬の念、深い想い、人間と大地との一体感が語られ、それを知らずに、素晴らしい自然を、壊してしまうことへの警告を、すべての人間への愛をこめて訴えるその言葉は、強く心を打ちます。

どうしてもこの地を去らなければならないのなら、どうか、この大地を守り続け、わたしたちが愛したように、愛して欲しいと訴える酋長の心中をおもうと涙が出ます。

美しい文章とやさしい絵のこの絵本は、私の大、大好きな一冊になりました。

もとむら歯科の待合室にもおきますので、ぜひ手にとって見てくださいね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加