元杜重工

*駅弁収集と旅行記* 過去資料整理中
鉄道・船・マンホールの写真と艦船プラモデル・電子工作も少々

大鷹プロジェクトその2

2017年05月14日 | プラモデル
大鷹プロジェクト続編です(前回はこちら)。とりあえず仕様を決めて大分形になってきました。仕様をまとめると

船体:アオシマWL 1/700 大鷹
主機:タミヤミニ水中モーター(FP-030-KN/11160/DV)
主機電源:単4乾電池1本(1.5V)
制御用演算装置:PIC12F1822マイコン
制御用回路電源:LR44ボタン電池2直列(合計3V)
制御方式:PWM制御(前進時のみ)
外部入力:赤外線リモコン(SONY製)
赤外線受光素子:PL-IRM1261-C438

キットの方の改造は、船底にコネクタが通るだけの穴と煙突の位置に赤外線センサ用の穴をあけました。船底の穴の周りは一応水が入らないようにランナーなどを切って貼って一応囲ってみた。あとは、電子基板が入るように内部をくりぬき。



モータ用の電源1.5Vでは赤外線センサ・マイコンが駆動できないので船内に3V確保。水中モータからは電池の両極とモータの両極を引き出し、コネクタを介して船内に導入。制御回路はトランジスタ4個で前進・後退、PWM制御を実施。PIC12F1822はPWMピンが1つしかないのでとりあえず前進側のみ(トランジスタをもう1個増やせば前後進共にPWM制御できるが電圧降下を考えて今回はこの方針で)。



水中モーターは中が狭くてAWG#28の線を4本通すのに苦労しました。モータを押さえる部品の片腕を切り取り、電池ケースの脇も削って何とかスペースを確保。これ以上は通らないね。電線を引き出すために本体に開けた穴はダイソーの4個入り瞬間接着剤で固めたけど大丈夫かな。

つづく
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【マンホール】那珂湊市 | トップ | 【駅弁】鰊みがき弁当(函館駅) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。