元杜重工

*あつめたりつくったり* 過去資料整理中
鉄道・船・マンホールの写真と艦船プラモデル・電子工作も少々

四国周遊その1 上陸編

2017年07月29日 | 旅行
突然お出かけしたくなってしまったので四国へ旅行へ行きました。
記念すべき四国初上陸の弾丸3日間旅行記。


【0日目 21時】



旅の始まりは東京駅。
早めに着いて時間があったので丸の内の丸善で立ち読みするも21時閉店で追い出され、駅を放浪。

四国への移動はこれ↓


東京駅9番線に21時35分ごろ入線。

寝台特急サンライズエクスプレス

国内で唯一の定期寝台特急。「ななつ星in九州」や「トワイライトエクスプレス瑞風」、「トランスイート四季島」のような豪華クルーズトレインではなく、夜出発して翌朝目的地に着く普通の寝台特急。かつては「あさかぜ」、「さくら」、「富士」、「はやぶさ」といったブルートレインが数多く走っていた東海道も新幹線や高速バスに押され当列車を残すのみとなりました。

サンライズエクスプレスは高松行きの「サンライズ瀬戸」と出雲市行きの「サンライズ出雲」が連結して東京を出発します。途中瀬戸大橋線との分岐駅の岡山で切り離します。

今回は2号車に寝台を確保したのですが、あえて4号車から乗車。
3号車にシャワー設備があるのですが、専用のシャワーカード(320円)をあらかじめ購入が必要。枚数に限りがあるので早めに買わなければなりません。3号車の4号車よりに券売機があり、最寄りのドアが4号車。目当ての人はここに並んで待機しています。

 



今回のお部屋はシングル下段。ホーム若干下が見える窓。
立てる高さの天井で快適。ワンランク下のソロは押入れみたいな感じだったので同じ2段式の個室でも違いははっきり。ミニテーブル、鏡、コンセント1口付き。ハンガー、スリッパ、浴衣、毛布、枕がついてきます(持ち帰りはやめましょう)。コンセントは下のスイッチを入れないと電気が供給されません(重要)。

【0日目 22時】

定刻通り出発。部屋に居ながらにしてピンポンパンポーンというミュージックホーンが聞こえました。


夜の多摩川。京急電車とすれ違い。
それではおやすみ。


【1日目 6時】



シャワーを利用。シャワーカードは1回限り、6分までお湯が出ます。ボディーソープ、シャンプーは備え付けがありました。
使用後のシャワーカードは戻ってきますのでお土産に。

岡山駅でサンライズ出雲と切り離し。切り離しと同時にサンライズ瀬戸は出発してしまうので見学するなら出雲に乗るしかありません。また始発の鹿児島中央行きの新幹線「みずほ」に乗り換えできるので広島、九州方面への利用もありですね。

いよいよ瀬戸大橋を渡って四国へ。


下段からの眺め。やや下向きの窓はこの時、威力を発揮する。瀬戸内海良い。



四国上陸後、車窓には工場や造船所。瀬戸内という感じがしてきます。


【1日目 7時27分】


高松駅に到着。



ここから怒涛の四国3日間の始まり始まり~
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海と日本Project in 晴海 | トップ | 四国周遊その2 高松→松山編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。