もとこんぐ MOTOKONG

■四国愛媛■小さな語学学校発信のブログです☆
【もとこんトコ・ランゲージセンター】は松山市駅南口から徒歩1分!

ハロウィンピニャータの作りかた:「もとこんぐ」流

2007-09-12 22:23:24 | かんたん工作

お待たせしました。検索してたどり着いて下さった皆さんっ!

◆ハロウィンピニャータの作りかた◆です。

画像付きで分かりやすくしたつもりですが、いかがでしょうか?

今年でハロウィンピニャータを作るのは、4回目です。

就学前児童~小学生対象のハロウィンパーティーの最後の締めとして

使用しています。かなり盛り上がります。

作りやすさ・丈夫さと壊れやすさのバランスの試行錯誤を経てたどり着いた

私の作りかたです。ご参考になれば嬉しく思います。

◆前日の準備:糊づくり◆

材料:水・薄力粉・砂糖

鍋で250ccの湯を沸かします。(さらに250ccの水が加わっても大丈夫な大きさのお鍋で!)

お湯を沸かしている間、

ボールに水250ccと薄力粉 1/4 カップを、よく溶き混ぜたものを作っておきます。

沸騰したところに、溶き混ぜたものを一気に入れて、軽くかき混ぜながら

再び沸騰させます。沸騰したら火からおろし、大さじ1杯弱の砂糖を加えて混ぜ冷まします。

Pinata01

☆小さいこどもの工作にも使える糊です。(口に入っても大丈夫なので)

ピニャータを一緒に作るのも面白いと思いますよ。

水と小麦粉を混ぜたものを使う方法もあるそうですが、

ひと手間かけると、安全で使いやすく、塗りやすい(砂糖でなめらかさが出ます。)

糊が作れます。(翌日までに使って、使い切れなかった糊は捨てましょう。安全な分、腐ります。)

◆ピニャータを作りましょう

用意するもの:ビーチボール(または風船)・新聞紙・ビニールひも・半紙・おはながみ(オレンジ)

         前日に準備した糊・厚紙(吹き込み口の補強用)油性ペン・刷毛

Pinata02

まず、作りたい大きさのビーチボール(または風船)を膨らませます。

吹き込み口を残した残りの部分に、短冊状にちぎった新聞紙を水にぬらしたものを

貼り付けていきます。(水貼りです!糊は使わない!)隙間がない程度の1層でOK!

画像のように、鍋やボールのようなものの上で作業をすると楽ですよ。

Pinata03

次に、吹き込み口に結び目が来るように、十字にビニール紐をかけます。

Pinata04

糊を使うのはここからです。貼り付けた新聞の上に、刷毛でたっぷりと糊をつけていきます。

糊の付いている部分に、半紙(習字用の破れやすいものがGOOD!)を短冊状にちぎり

乗せていく感じで貼り付けていきます。これも隙間なく1層ができればOK

Pinata05 Pinata06

オレンジ色のおはながみが5枚重なったものを、短冊状に手でちぎっておきます。

半紙の層の上に、糊をたっぷりと塗り、5枚重なった短冊状のおはながみで

最後の層を貼り付けていきます。

吹き込み口を少し補強したい場合は、適当な大きさに厚紙のようなものを

ドーナツ型に切って、おはながみの層を貼り付けるより前に貼っておきます。

(画像をよく見るとわかると思います)

Pinata07

Pinata08

つるしてよく乾かします。(お天気のいい日につくりましょうね)

Pinata09

十分に乾いたら、中のビーチボールの空気を抜いて、ビーチボールを取り出します。

風船の場合は、割ります。そのあと内側も十分に乾かしましょう。

油性マーカーなどで、楽しく顔を書きます(うちの場合はジャコランタンにします。)

Pinata10

Pinata11

パーティーの当日に、割れやすくなるよう、何箇所か内側からカッターで傷をつけておきます。

(紐は切らないように!)

ハロウィンピニャータのの楽しみ方はこちら↓

http://blog.goo.ne.jp/motokongblog/d/20091010

↓ポチっとランキング支援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会ラーッシュ! | トップ | 学園祭 運動会っ!楽し~ぃ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピニャータの専門サイトを運営しています。 (びえひいと)
2010-11-06 17:17:44
ピニャータの専門サイトを運営しています。
ピニャータの作り方を検索して、たどり着きました。
リンク集に貼っておきました。
よろしくお願いします。
リンクありがとうございます。 (もとこんぐ)
2010-11-06 21:13:41
リンクありがとうございます。

ピニャータの作りかたのページは
アクセスの多い人気ページです。

たくさんの方々にピニャータ作りを楽しんでいただければと思います。
来週自宅でハロウィンパーティーをするのにピニャ... (figasheru)
2012-10-22 11:19:26
来週自宅でハロウィンパーティーをするのにピニャータを自作したくてあちこち探し回ってこちらにたどり着きました。
とても丁寧な説明だったので、初めて作ったわりには我ながら上手く出来上がりました。
30cmくらいのビニールボールを使って作りましたが、最後にお菓子を入れて蓋?をするのでしょうか?一応、厚紙で作って蓋をしようと思ってます。それからビニール紐4本でどこかに縛ればいいんでしょうか?まぁ、とりあえずやるだけやってみます。
来週のパーティーがとても楽しみです
ありがとうございました。


追伸、糊が余ったので、子供達と風船で小さめのピニャータを6個作りました。子供達も大喜びでした
コメントありがとうございます。 (もとこんぐ)
2012-10-22 15:28:52
コメントありがとうございます。

糊の量が少し多めですよね。
半分の量で作ってみたこともあります。
冷めると粘度が上がるので、ゆるゆるちょっと薄めぐらいのほうが
作業がはかどります。

出来上がったピニャータで、どう遊ぶか?についても
詳しく書けばよかったと反省しつつ、あと一週間しかないので
大急ぎでここに書いておきます。

読んでいただけますように(>_<)

お菓子を詰める前に、
内側からザックザック切り込みを入れておきます。
一センチ切って5ミリ休んで、また一センチ!みたいな感じで
点線状に大胆に切れ目を入れましょう。
底の方が破れやすいほうが盛り上がります。
横がぱっくり割れると、お菓子が真下にドバッと落ちて
(まあ、それはそれで盛り上がりますが、ゴッツンするかも。)

お菓子以外にも紙吹雪や、ダミー(緩衝材の発砲スチロール玉)
やキラキラ光る紙やテープなどを入れると、チラチラこぼれ始めて
盛り上がります。とてつもない大きなお菓子を入れたり、
おつまみ系(せんべい・あられ・酢昆布・スルメ)なども結構人気。

お菓子を入れた後、上部のひもをしっかり結び、
その結び目をしっかりと、長い縄の中央で結び、その両端を
大人が持って(大縄跳びの要領)
その後は、空中スイカ割りだと思ってください。
目隠しして順番に叩いていきます。

割った子供はお菓子を取る余裕がないので、
特別にお菓子の詰め合わせをあげると良いです。
お菓子が取れずに泣いちゃう小さなお子さんもあるので、
お母さんはあらかじめポケットにお菓子を忍ばせて、
いいタイミングでこぼしたりしましょうね。

大人2人で縄(紐)を持てない場合は、
かなりシッカリしたところにくくりつけないと上手くいかないです。
紐の一方をガレージの柱みたいなところにシッカリ縛りつけて、
もう一方を持てば大丈夫かな。

お子さんの年齢や人数によっていろいろ工夫してみてください。
またご意見をお待ちしています。

このブログ内にハロウィンピニャータの楽しみ方のページもあります。でも、今日書いたほうが詳しいかも。。。

Have Fun!!
材料の、おはながみ(オレンジ)とは何のことです... (さえ)
2013-07-20 12:55:35
材料の、おはながみ(オレンジ)とは何のことですか?ティッシュですか?

最初に作る時から紐が十字にしてありますが、お菓子はどうやっていれるのですか?あと、割れやすくなる切り込みを入れるには、出入り口はかなり大きく穴を開けて作るのでしょうか?

今年のハロウィンにやってみようかと思ってます。

最後に、お菓子の入口は蓋をするんですか?
さえさん、コメントありがとうございます。 (もとこんぐ)
2013-07-20 19:13:33
さえさん、コメントありがとうございます。

真夏に作ってしまうと後が楽ですよ~ 
是非挑戦してみてくださいね。

ご質問の件について:

おはながみ:運動会などの花飾りを作るための薄紙のことです。
色々な色があります。文具店で「おはながみ」と言えば、わかります。

お菓子は上部の開口部から入れられます。
最初に紐をかけるときに、
上部は後で結び直せるようにしておくのです。握りこぶしぐらいの大きさのお菓子(小袋など)も十分入ります。

割れやすくするためには、お菓子を入れる前にカッターなどで、
外側・内側から割と大胆に切り込みをいれます。
底部やサイドに入れたほうが、
少しずつ割れてお菓子のこぼれ具合もいい感じになると思います。

張子(はりこ)は案外丈夫です。
カッターを持って、開口部から腕をいれて内側から切れ目を入れると
楽だと思います。

お菓子の入り口の蓋はしません。

お菓子を入れた後は上部で紐をしっかり縛ります。
開口部に十字に紐がかかるので、
お菓子がこぼれることもほとんどありません。

まず、張子(はりこ)を仕上げてみると、
その後の作業が分かりやすくなると思います。

是非ハロウィンピニャータで盛り上がってくださいねヽ(^o^)丿



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

かんたん工作」カテゴリの最新記事