気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

血管が硬くなる

2017-03-07 | 医療関係


加齢とともに、血管が硬くなる、動脈硬化など心配になってきます。

***************************

若い時にはしなやかな血管が、年齢を重ねるとともに硬くなる。
同じ年齢の人でも、血管の硬さに個人差は出てくる。硬くなった人は、
脳卒中などのリスクが大幅に増えるという調査結果がある。

長野市にある市国保大岡診療所の内場 廉所長は、約15年にわたって
多くの患者の血管の硬さを測ってきた。
調べるのは、心臓の拍動で血液が全身に送られる時に起きる脈の波(脈波)だ。
やわらかい血管では血管の壁を伸縮させながらゆっくり伝わり、硬くなって
くると脈波は速く伝わるため、血管の硬さがわかるという。

血管を守るために、①血圧を毎朝測る②体重を毎朝測る③食事は野菜から先に
たくさん食べるという「三つの習慣」を呼びかける。
血管が硬くなる要因として高血圧や糖尿病、LDLコレステロールが高い脂質異常症、
ストレスなどがかかわっているとされる。
これまでの経験から内場さんは、「硬くなった血管を若返らせることは難しくても、
健康に気をつけて努力すれば血管が硬くなることを遅らせることができます」と語る。


*** 朝日新聞・体とこころの通信簿より抜粋にて ***

血管を守るための①~②~③は以前より毎朝続けています。野菜は、
おみそ汁に沢山の野菜を入れて、野菜を先に食べてからご飯に進んでいます。
健康に気をつけているつもりですが、病気は訪ねてきてしまいますが、
血管が硬くなることは、遅らせられているでしょうか?
①~③はこれからも続けていきます。



我が家のシクラメン、昨年暮れからですので、3ヶ月は元気に咲いていてくれます。

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の足音 | トップ | 竹と小鳥たち »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
血管大事に (ギンちゃん)
2017-03-08 18:54:35
血管詰まったら大変よね~
薬に主人も頼っているので、詰まらない様にする事は思ってましたが、固くならない様に維持する事が、大事なのですね。
昨日夢クラブで西城秀樹さんの同窓会コンサート観てきましたが、2回脳梗塞になられたとの事。
他人事じゃ無いです。自分の体をいたわらなきゃ
motokoさんのブログ見て、固くならない様に食生活大事と思いました。
シクラメン花長持ちで冬の間良い花ですよね~
血管大事に (motoko)
2017-03-10 15:22:22
ギンちゃんさん  今日は

御主人様、薬を服用されているのですね。
①~③を続けていますが、私はすでに高血圧、糖尿病、脂質異常になっていて、糖尿は食事療法だけが、
①~③は大切なことと思っています。
食生活は、本当に大切ですね。

コンサートに行かれたのですね。
西城さんも2回も脳梗塞になって、元気になられて良かったですね。
自分の身体は自分で守って、大切にしたいですね。
コメント遅くなりましてスミマセン。
有難うございました。
追伸です (motoko)
2017-03-10 15:26:55
ギンちゃんさん
ごめんなさい・・・食事療法だけの後の 「です」が記入
漏れになっています。
いつもそそっかしくて、すみません。
Unknown (jeje)
2017-03-13 07:22:33
欠陥が硬くなる要素だらけの私です。
やはり薬は必要なのかな、と思います。
病気になってから野菜をしっかり取るようになりました。
テレビで一日分の野菜を取るのは大変、とやっていますが、
その気になればどうってことなくこなせますよね。(汗)

シクラメン、いいですね。
我が家はポインセチアがまだ元気にしてくれています。
血管 (motoko)
2017-03-13 14:51:53
jejeさん  今日は

血管が硬くなるなんてあまり考えずに、生活しています
ものね。食事の大切さも分かっていますが、和食から
肉食が多くなってから、色々な病気も多くなったような
気がします。
でも、野菜を多くとるようにして、血管が硬くならないように気をつけたいですね。

シクラメンは、エアコンをつけた部屋には置かない方が
いいようです。部屋に置かずに玄関に起きましたら
長く咲いているようです。
ポインセチアも、ずいぶん長く目を楽しませてくれていますね。言葉をかけているのかもしれませんね。。。
有難うございました。

コメントを投稿

医療関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL